【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

気づきの習慣

理想の自分はどこにいる?「等身大の自分」を見つめることから成長をスタートさせよう。

投稿日:

Pocket

・自分がやりたいことって何だろう?
・自分が強みを発揮できる場所はどんな場所なんだろう?
・自分のミッションとはどんなものなのか?

これらの悩みは、私がずっと抱えていた悩みです。

そのようなときに、どうすれば良いのでしょうか?

また、コーチングなどでそのような質問を受けたときに、私が答えていることはどのようなことなのか?

ブログに書いてみました。

 

スポンサーリンク

 

自分を好きになれない人たちに見られる共通点

さて、結論からいうと、今の私が思うのは、まずは「等身大の自分を好きになること」だと思います。

これまでに、コーチングなどを通して自分のことが好きになれない人や、自己否定をくり返してしまう人を見てきました。

そのような人たちには、ある共通点があるように思えます。

それは、ちょっと厳しい言い方かもしれませんが、、、現実の自分が見えていないのです。。。(^_^;)

では、どのような自分を見ているのでしょうか。

それは、現実ではない、頭の中でイメージしている「現実とは違う、理想の自分」、つまり「見たい自分」を見ているのですね。

そうなると、どのようなことが起こるでしょうか。

理想の自分(できる自分)がベースになっているので、うまくいかないときに自分が許せなくなるのです。

「こんなはずじゃないのに・・・!」という感じでしょうか。

理想と現実にギャップがあるのに、それが受け入れられないのです。

そのようにして、自己否定をしたり、自分のことを嫌いになってしまうのですね。

 

目標に向かうためには「現在地を知る」ことが重要

でも、その裏側にあるのは、実は、

・自分はすごい
・自分は偉い
・自分はできる

と思っているのです・・・。(^_^;)

しかし現実がついてこない(理想に近づくための努力をしていない)ので、つらい思いをするのですね。

では、その状況を脱するためには、どうすれば良いのでしょうか。

そのためには、まずは「等身大の自分を認める」ことが大事です。

ただ、これは私もよく理解しているのですが、現実をみつめるのは恐怖をともないます。

怖いのは、「現実と理想の自分と違うこと」を本能では理解しているからです。

現実を見ようとすると、今まで見ようとしていなかった自分を見なければならないので、やりたくないのです。

でも、これでは成長が難しくなります。

なぜなら、その行為をたとえると、ネットやアプリでルート検索をするときに、目的地(ゴール)を入力したのにもかかわらず、「現在地を入力しないこと」と同じだからです。

それではゴールにたどりつくことはできませんよね。

ですから、現実の自分を見つめることが大事なのです。

そこは優劣ではありませんので、できるだけありのままに認めましょう。

現状の自分から、少しずつ前進して、成長していけば良いのです。

 

成長するプロセスの中にいる自分を認めることからスタートする

実は、この話は、当時のマイコーチに教えてもらいました。

しかし、最初にこの話を聞いたとき、実は意味があまりわかっていませんでした。(^_^;)

ただ、この話を聞いたあと、自分なりにいろいろと行動して行く中で、行動できない自分だったり、失敗してしまう自分を飾らずに見つめることで、「ああ、これが自分の今の実力なんだな・・・」ととらえられるようになりました。

今の自分は理想の自分ではないことが、よくわかりました(痛すぎるくらいに・・・涙)。

しかし、そうして、カメの歩みをくり返していくうちに、「では、実力不足の自分を、どのように育てていけば良いのだろう?」と考えられるようになってきました。

「自分が好きな自分」は、おそらく「理想の自分」であり、「自分が見たい自分」です。

夢や目標を持つのは良いのです。

でも、理想を見て、現実を見ないと、どこかで行き詰まるのではないでしょうか。

自分が未熟で、成長途中であること。

それを認めていく勇気を持つこと。

そうして、理想の自分に向かって一歩一歩進んでいくこと。

「自分はいまその成長のプロセスにいるのだ」ということを理解することが必要なのです。

そのようなプロセスを通して、自分を育てていきませんか。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、妻と娘を誘って、やきとり屋にいきました(またやきとりかよ・・・笑)。

せっかく行くなら新しいところに、ということで「三代目 鳥メロ」という新しくできたお店にいきました。

中に入ってからわかったのですが、「三代目 鳥メロ」は、「わたみん家」が業態を変更した店舗だったのですね。(^_^;)

また行くかどうかは、、、ノーコメントにしておきます。(笑)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-気づきの習慣

執筆者:

関連記事

前進し続ければ、飛躍が起きる

目次1 マイルストーン勉強会に参加2 成長意欲があふれる人の場3 大胆なショートカットを起こす4 背伸びした目標に追いつけ マイルストーン勉強会に参加   先週末、「目標達成型の勉強会」に参加してきま …

「脳は空白を嫌う」性質を活用して、人生の目的に気づく方法

人の脳は「空白を嫌う」ものです。 この性質を活用して、あなたの人生における重要な気づきを得る方法があります。   目次1 セミナーのネタ出し中に脳に生じた「空白」2 突然のメッセージが「脳の …

「現場」の仕事を忘れない。目の前の小さなタスクの積み重ねで大きく動く。

オリンピックを見ていると、おもしろいことにみんな評論家になるのですよね。(笑) フィギュアスケートの採点もよくわかっていない人が多いはずなのだと思うのですが。。。(笑) このようなとき大事なのは「現場 …

幸運を引き寄せる秘けつは「その他大勢」を抜け出そうとする意識。

幸運は、とても嬉しいことですよね。 それは、ほかの人と少し違ったことをすることによってやってくるのではないかと思っています。   スポンサーリンク   目次1 誰も通らない道に幸運 …

「変化しか知覚できない」私たちが成長に気づくためには?

「変化の知覚」という言葉を学びました。 私たち人間は、知覚器官の限界があるために「変化しか知覚できない」のです。   目次1 「変化の知覚」が起きないと続かない2 ブログを書いていた友人に起 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。