【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣の習慣

地味だけれど着実に役に立つ良習慣3選。瞑想・ふり返り・朝ウォーキング

投稿日:2020/06/29

Pocket

習慣の中にも、目立つような派手な習慣もあれば、地味で「えっ、そんなことやって何になるの?」という習慣もあります。

ただ、地味だからといって無用な習慣とは限りません。




 

松井秀喜さんの成功を確信したスカウトの方の話

私が尊敬している方に、以前ニューヨーク・ヤンキースやジャイアンツで活躍した松井秀喜さんがいます。

最近、私が知った松井さんのエピソードで、さらに好感をもってしまいました。

そのエピソードは高校時代にさかのぼります。

松井さんを高評価でスカウトした方の話です。

プロ野球のスカウトの人たちに注目されていた松井さん。

バッティングが魅力の松井さんですから、スカウトの興味はバッティング練習にありました。

そこでいいバッティングをすれば、プロへの道が開かれるわけです。

プロ野球選手を目指している普通の高校生なら、誰でも「いいところを見てもらおう」と思うはずです。

しかし、松井さんは違ったのです。

ランニング練習を終えたあと、グローブをはめて守備練習に向かったそうです。

もちろん、松井さんもスカウトがきているのを知っています。

それなのに、見栄えがいいバッティング練習ではなく、地味な守備練習に向かったわけです。

そのスカウトの方は、松井選手のそのスタンスを間近で見たときに「彼は必ずプロで成功する」と確信したそうです。

そして実際にジャイアンツを代表する4番打者となりました。

そこからメジャーリーグのニューヨークヤンキースで日本人初のワールドシリーズMVP。

さらには国民栄誉賞まで。

スカウトの方の目は確かだったのです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





心技体で地道なトレーニングを積む

なぜ、スカウトの方は松井さんの成功を確信できたのでしょうか。

その理由は、

・「地味な基礎練習をおろそかにしない松井さんのスタンス」

を見たからだそうです。

 

精神面=心

まずは精神面。

松井さんは高校生当時から礼儀正しかったと言われています。

たしかに、高校生とは思えないくらい落ち着いていました。

どうしても思い出すのは、甲子園で伝説になった5打席連続敬遠。

あの敗戦でさえ相手を責めるわけでもなく、淡々としていました。

あのメンタルタフネスはすごいです。

 

技術面=スキル

次に、技術面。

松井さんはジャイアンツ時代、試合が終わったあとに長嶋監督と素振りの練習をしていました。

素振り。

私もやっていましたが、本当に地味です。

それをプロの中でも超1流の選手が、誰よりも遅くまで練習しているのです。

普通の選手が勝てるわけがありません。

 

体力面=身体

体力面では、いいバッティングをするためにの強い足腰が必要です。

そのためには地味な走り込みが欠かせません。

筋トレのようなトレーニングも必要かもしれませんが、松井さんは「野球の筋肉は野球でつけけたい」と言っていました。

ですから、ノックを受け、グラウンドを走り、ランニングをしていたのです。

 

このようにして、地味なトレーニングで心技体を鍛えていた松井さん。

地味な基礎トレーニングで手を抜かなかったからこそ、先述のような活躍につながったのだと思います。

 


■スポンサーリンク




地味だけれど着実に役に立つ良習慣3選

これはまさに習慣のパワーを感じるエピソードです。

良習慣をバランスよく身につけていくためには、心技体の3つの要素に取り組むことが必要だと考えているからです。

しかも派手に目立つ習慣ではなく、とても地味な習慣。

それは誰もが続けられる習慣ではないからこそ「無用の用」的な積み重ねです。

ただ、それは漢方薬のようにじんわりと効いてくるような習慣なのです。

そのような「地味だけれど着実に役に立つ良習慣」はどのようなものか。

考えてみました。

 

心:瞑想

ここは瞑想の習慣をあげておきたいです。

瞑想。

私は、瞑想にとり組んだところで何も変わらないような気がしていました。

5分瞑想するなら、その時間本を読んだほうがどれだけ有益かと。

要は、瞑想は何も生み出さないので、あまり意味がないと思っていたのです。

しかし、それは違いました。

むしろ瞑想の目的は逆。

ガチャガチャした日常の中に、瞑想で「意図した空白」をとりにいくわけです。

そうして、自分の内的な充実を生み出す。

そのための瞑想なのです。

瞑想こそやってみないと、いや、やり続けてみないとわからないものだと思います(座禅にハマる人と似たようなものだと思っています)。

瞑想がもたらす5つのメリット。集中力アップ・睡眠向上・リラックス効果・不安解消・アイデア発想 | 【良習慣の力!】ブログ

 

技:ふり返り

スキル面では、ふり返りの習慣をあげたいです。

ふり返りは、地味な習慣の代表格でしょう。

ふり返りをやっても、1日や1週間では何も変化はありません。

計画をたてるのは好きな人が多いです。

でも、ふり返りまでおこなう人はあまり多くないのですね。

それはおそらく地味な習慣だからだと思います。

私自身がそう思っていたので。

しかし、あるセミナーに参加して依頼、ふり返りに対する意味づけが変わりました。

それまでは「ふり返り=過去を見つめる行為」だったのです。

なのであまり力が入らなかった。

でも、違っていました。

ふり返りは自分をレビューすることで未来につなげる習慣だったのです。

そのような意味づけになってからは、ふり返りを欠かないようになりました。

ふり返りの習慣は「過去を確認する」ためではなく、「未来を変える」ためにあるもの。 | 【良習慣の力!】ブログ

 

自分の変化に気づけるのも、ふり返りをしているからです。

逆に、「最近、自分の変化を感じていないな」と思う方は、ふり返りをおすすめします。

自分がより良く変わったかどうか。変化に気づく3つのポイント | 【良習慣の力!】ブログ

 

体:朝ウォーキング

体の面では、朝のウォーキングをおすすめします。

これはシンプルで、朝時間に自然の中を15分から20分ほど軽くウォーキングするだけ。

体重が落ちたり、すごく汗をかいたりするわけではありません。

ただ、これがバカにできないのです。

晴れている日は、太陽を浴びながら歩けます。

幸せを感じるセロトニンが分泌されるので、幸福を味わえます。

グリーンエクササイズとして、自然を感じながら歩けるのもいいのです。

鳥や虫たちが活動している姿は、それだけで癒やされるからです。

雨が降ると歩けないのが残念で、消化不良な気持ちになるくらいです。

歩きながらオーディオ学習をすることで学びの時間にもできます。

1日を最高の状態でスタートするための3つの習慣 | 【良習慣の力!】ブログ

 

さて、今回はあえて地味な習慣をチョイスして記事を書かせていただきました。

これらの習慣は、やったからといってすぐには大きな変化やってくるわけではありません。

そのため、挫折率(というか知らないうちにやめている)が高いです。

しかし、やり続けていくうちに確実に効果を実感できるはずです(私が体感していますし、クライアントさんたちからも評価をいただいています)。

それらの効果はあなたのパフォーマンスをあげるための基礎トレーニングになるはずです。

松井さんがスカウトの方に評価を受けたように。

あなたのパフォーマンスアップのために、地味な良習慣で基礎からかためていきましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、午前中にコーチングセッションを2件。

そのあとはセミナーのスライドづくりなど。

午後は家族で自然の中を散歩。

その流れで地元に新しくできたから揚げ屋さんに初訪問しました。

また、今朝は「Precious.jp」さんに取材していただいた記事(2記事目)が公開されました。

ご興味あれば、お読みいただけるとうれしいです。(^^)

「17時以降に受信したメールは翌日に返信する」。テレワークが多い人が新習慣を身につけるときのポイント5選 | Precious.jp(プレシャス)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

no image

「内的モチベーション」と「外部の強制力」は強力タッグ!

■先日、初めてFacebookグループを開設してみました。 「初めての試み」という意味で、 「いつか開設してみよう」という思いは以前からあったものの、 「いつやるか」を明確にしていなかった自分の甘えが …

「やりたい!でも、できない」のはなぜか?スタートできないときにお勧めの方法。

あなたには、「習慣化したら良い効果があるのは分かっているんだけれど、なかなか始められない。。。」という習慣がありますか? 私にとって、「瞑想する習慣」は、まさにそれに当たる習慣でした。 昨日参加したセ …

「1年があっという間に過ぎてしまう!」と思う人に1つだけ提案させてください

「早起き」メルマガ(有料)始めました! 登録はこちらから! ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ メルマガ登録・解除 幸せな成功をつかむ!「朝4時」起きの技術!~「早起き」は人生変革への最短ルー …

ミスのダメージはひきずらないほうがいい。私が取り組んでいる3つの方法。

日常生活を送っていたり、仕事をしていれば、ミスはつきものです。 たまにダメージの大きいミスをしてしまうときもありますので、自分なりに対策を考えておきましょう。   スポンサーリンク &nbs …

続けるために大事なのは、「しなければならない(must)」「するべきだ(should)」を手放すこと。

あなたには、「やりたい行動のはずなのに続かない」というお悩みがありますか? もしかすると、その思考は「しなければならない(must)」「するべきだ(should)」になっていないでしょうか? &nbs …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。