モチベーションの習慣

未来の自分と現在の自分を満足させるゴールの考え方

投稿日:2024/01/19


1年後のゴールばかり見ていると、苦しくなりませんか?
ゴールを達成する習慣がある人たちは、どう考えているのか記事にしてみました。




 

私たちは「今すぐ」をとても好む

私たちの本能は、
・「今すぐ」がとても好き
です。

「打てば響く」ですね。

子どもが勉強よりゲームが好きな理由は、ここにあります。
ボタンを押せばすぐにリアクションがあるからです(電車の中でスマホでゲームに熱中する人も……)。

遊びやスポーツ(試合)は、リアクションが早いほうです。
何か行動をすれば、何かリターンがあります。

たとえば、野球。

バッターボックスに立てば、相手ピッチャーからボールが投げられます。
バットに当たれば、ボールが前に飛ぶ。

「今すぐ」結果がわかりますよね。
だから、おもしろいわけです。

これが「今すぐ」の強烈なメリットです。
そのため、たいていの人は「今すぐ」を追いかけるわけです。

ただ、「今すぐ」ばかりを追求していると、成果につながりません。

再びスポーツを例に出すと、初心者がそれに当たります。

初心者のときは、何もかもが新鮮です。
上達も目に見えるようにわかる。
ですから、楽しい。
続くわけです。

それが初心者のフェーズをすぎてしまうと、徐々に楽しさが薄れていきます。
すると、「今すぐ」が無くなり、興味を失います。

要するに「飽きる」ということですね。
結果が、「やーめた」につながります。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





私たちは「後で」がとても苦手

一方、「今すぐ」とは遠いものがあります。

それが、
「後で」
です。

せっかく行動したのに、「今すぐ」がない。
手応えがないので、楽しくないんです。

赤ちゃんがおもちゃを叩いても、何も反応しなかったら、そのおもちゃで遊ばなくなるように。

では、「後で」の代表的なものは何でしょうか。

それは、
・習慣形成
です。

あらためて私がお伝えするまでもなく、良習慣形成は、幸福な人生に欠かせない要素です。

ただ、私の実体験に基づいた話だったり、習慣形成の研究結果をお伝えしても、そこに「今すぐ」はありません。
まあ、地味な話なので、好まれないわけですね。(笑)

本当は、
・早起きしたら、次の日にいきなり時間活用の達人になった
とか、
・ランチをヘルシーにしたら、体重がいきなり5キロ減った
とか、
・英語学習を始めたら、1週間後にTOEIC300点をアップした
みたいになったらいいですよね。

ただ、そんな魔法はついぞ見たことがありません(私は)。

それでも、長く活躍している人たちは習慣の重要性を理解しています。
そのため、「今すぐ」のリアクションがなくても、今日もルーティンの実行に取り組んでいるわけです。
「後で」のリアクションのために。

 

■スポンサーリンク




ハングリーと満足を同時に満たす行動は何か?

「今すぐ」を求めて停滞する人。
「後で」を求めて前進する人。

両者の違いは、どこにあるのでしょうか。

それは、
・視点
です。

シンプルに言えば、
・「今すぐ」の人→現在を見ている
・「後で」の人→未来を見ている
ということです。

この視点の違いが、両者の差をつくります。
時間の経過とともに差が大きくなっていくんです。

私たちが求めるのは、「後で」の後者ですよね。
でも、できれば「今すぐ」楽しいほうがいい。

では、どうすればいいのでしょうか。

シンプルに考えましょう。

両方いっぺんには手に入らないなら、
・両方を同時に満たすアクションを考える
ことがおすすめです。

表現がわかりづらいかもしれませんが、
Q:ハングリーと満足を同時に満たす行動は何か?
を考えましょう。

私が思い出すのは、フルマラソンへの初挑戦。

完走するためには、ギャップがあります。
不足しているところだけ見ると、足りないところだらけ。
「未来」を見すぎると苦しくなるんです。

ですから、
・1ヶ月で100キロ走る
というゴールを設定する。

すると、
・1週間で25キロ走ればいい
と思えます。

さらに細かくすれば、
・1日で3.5キロ走る
にする。

1キロ7分で走るとしても、30分で終わります。
そうなると「何となくできるかも」という感覚になったんです。

雨が降ったり、できない日があっても、週末で帳尻を合わせて、何と月間100キロをクリアできたんですよね。

こう考えると、
・遠くに見えるゴールを見ながら
・目の前を楽しむ
を同時に達成できます。

そうすれば、
・今日の自分も未来の自分も満たせる
わけです。

私だと、ブログもそれに当たります。
次の100記事区切りを目指しつつ、今日1日の1記事も更新する。

そうなると、
・今日の自分も未来の自分も満たせる
のです。

甲子園を目指しながら、日々の練習をする。
金メダルを目指しながら、日々のトレーニングをする。

同じ構造ですよね。

さて、あなたのゴールに活かすとしたら、どう適用できそうでしょうか。

ぜひ、紙とペンを用意して、アイデアを書き出してみましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、夜にパーソナルコーチングのセッションでした。
クライアントのNさんが社内で表彰されたので、
成果発表のプレゼンのリハーサルや、初セミナーに
向けてのフィードバックなど。

「必ず成功させます!」という力強い言葉を聞くことができて、
本番が楽しみです。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-モチベーションの習慣

執筆者:

関連記事

「決意」と「決断」の違いとは?「良習慣塾」開塾に向かう1年前の自分と比較する

1年の中でも重要な時期がやってきました。 それは私の「良習慣塾」第2期の募集タイミングです。 昨年と同じプロジェクトにかける私の感情から、「決意」と「決断」の違いに気づきました。   「良習 …

「エンプティ・チェア」であなたの悩みや葛藤から抜け出す方法

先日、コーチングセッションを受けているときに「エンプティ・チェア」というワークをおこないました。 シンプルかつ短時間なのに効果が大きいのです。 いま、悩みや葛藤を抱えている方におすすめの手法です。 & …

習慣を継続するための「1」をつくる方法

長期間に渡るゴールを達成するためには、どうしても時間がかかります。 行動にメリハリをつけるためには、期間の「1」を意識しましょう。   ゴールのために「1」を意識する コーチングなどでクライ …

ゴールの3つの意味。結果ゴール・行動ゴール・あり方ゴール。

ゴール設定を考えるとき、3つの意味から考えるととても明確になります。 結果ゴール、行動ゴール、そしてあり方ゴールから考えてみましょう。   「ゴール」という言葉は「多義語」である 「ゴール」 …

「突き抜ける人の3つの条件」とは?

成長にもっとも相性がいい感情は好奇心です。 その好奇心を磨いていきながら、3つの条件を継続することで卓越に近づきます。   活躍している人たちの条件は何か? 活躍している人たちに共通する条件 …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。