【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コミュニケーションの習慣

自分のスキル・能力を高める目標は、現在の自分を基準にしない。

投稿日:2017/01/03

Pocket

イメージしただけで思わずワクワクしてしまう目標とはどのようなものでしょうか?

それは、自分の内側から湧き上がってきた「想い」をともなうものであり、「現在の自分」を棚上げした目標でしょう。

 

スポンサーリンク

 

自分の能力を高めてくれる目標とは?

現時点での自分では難しいけれども、努力を続ければ決して不可能ではないこと。

絶対にできるかどうかはわからないけれども、「自分が達成できたらすごいなぁ」と思えるようなこと。

ゴール達成の瞬間をイメージすると自然に胸のあたりが熱くなってしまうようなこと。

そのような目標を思い描いて、実現に向けて行動をしていこうと、常に自分の能力を高めていこうとする人が、目標をクリアしていくのだと感じています。

「こんな大それた目標、自分には到底できないだろう」と思ってしまう人は、ご自身のことを過小評価してしまう傾向にあるのかもしれません。

でも、自分の限界を決めているのは、たいていの場合、自分自身なのですよね。

また、つい「現在の自分」を基準にしてしまうのですが、目標は少し先の未来にあるはずですから、「未来の自分」に合わせて目標設定することを忘れたくないものです。

 

今の自分の能力をあえて棚上げした目標を設定する

目標をつくり、追い求めていく中で、自分の能力が最大化され、成長していくプロセス。

そこには、まずは大きな目標を設定することが重要でしょう。

ポイントは、「今の自分の実力や能力は棚上げする」ということです。

たとえば、私が5年以上も前に「トライアスロンをやってみたい」という目標ができました。

それは、本田直之さんの本を読んで、体の内側から湧き上がってくるものでした。

そのときの現状をお話しすると、

・スイムはカナヅチ(25メートル泳ぐことも怪しい)
・バイクは持っていない(すぐに買えるほど資金があるわけでもない・・・)
・マラソンの経験もない(短距離のほうが好き)
・会社員で小遣い制(ウェトスーツなどのコストが出せない)

でした。

いま考えても恐ろしいくらいに「無い無いづくし」ですね。(笑)

ですから、「トライアスロンをやってみたい!」と言ったものの、家族は信じられなかったでしょうし、私自身も本音では信じられていなかったと思います。

 

目標は逃げないからこそ、ベビーステップで近づいていく

けれども、不思議とその後も「トライアスロンを完走できたら良いなぁ」という想いが消えなかったので、ベビーステップで前進していくことにしました。

まずはハーフマラソンからはじまり、フルマラソンへエントリー。

スイムはTIスイムにトレーニングに行きつつも途中で停滞して、まったく上達しないまま、プールで何度も足をつきながらアクアスロンを完走(ほとんどビリでした・・・)。

妻にようやくバイクを買ってもらえることになり、昭和記念公園のスプリントディスタンスに出場。

5年目にしてようやく、スイムが200メートル泳げるようになり(師匠と一緒に行ったプールではじめて200メートルを泳いだ)、1,500メートルをなんとか完泳。

そのようにして、ようやく今年の6月にオリンピックディスタンスを完走することができました。

私の友人たちは、3ヶ月や半年でトライアスロンデビューしていますが、私は5年。。。

どれだけ実力や覚悟などが不足していたのかお分かりになっていただけるかと思います。(^_^;)

それでも、「想い」だけは消えませんでした。

「トライアスロンを完走する」という目標は私から逃げず、私が遠くから少しずつ近づいていったのです。

それは、本を読んでいてふっと湧きあがってきた「想い」であり、目標であったわけですが、それは内側からやってきた欲求だったのですね。

そして、その当時の私には「自分の実力を棚上げした」実現不可能な目標でしたが、その目標を忘れなかったことにより、なんとか達成できたのだと思っています。

あなたの目標も、今のあなたが思い込みや現実を捨てて、自分の欲求に素直になったときに気づいてくれるのを待っているかもしれません。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、目標設定のセミナーに参加。

お正月真ん中の1月2日という日程ながら、40人も参加者がいました。

後半2時間はみっちり目標を紙に書きなぐる時間を天引き。
(この時間がなかなかとれないので、それだけでも価値があります。)

大阪の友人にも再会することができて、充実の時間となりました。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-コミュニケーションの習慣

執筆者:

関連記事

コミュニケーションを上達させたいなら、2種類の「きく」の違いを理解することからはじめよう。

「聞く」「聴く」「訊く」「効く」。 一言で言えないくらい「きく」には様々な表現があります。 その中でも大事なのは、「聞く」と「聴く」の違いを理解しておくことです。   スポンサーリンク &n …

せっかく立派な目標を立てても能動的に行動できない理由の1つは「素直な欲望がないから」ではないでしょうか?

  こんにちは、伊藤です。 突然ですが、 「なぜ、人は思ったことをすぐに行動にうつせないのか?」 ということを改めて考えました。 ぼくがマイコーチからコーチングを受けたり、コーチとしてクライ …

「ノルマ」と「目標」は違うもの。成果を上げる人がゴールの先に見ているものは何か?

目標達成とは、「苦しみながら挑戦するもの」だととらえる人がいます。 もちろん、まったく努力なしに目標達成をすることは難しいかもしれません。 では、自分の基準を上げながら目標をどんどん達成していく人は、 …

専門家に悩みを相談する前に。自分で解決するための「仮想質問」3ステップ。

自分ひとりで解決できない課題は、誰かに相談したくなるものです。 ただ、お支払いするフィーがないときもあると思います。 そのようなとき、「仮想質問をしてみる」というアイデアが有効です。   ス …

「行動できない」という悩みを抜け出すために。5つのフェーズから課題解決を考える方法。

「行動できない」とひと言で言われますが、そのフェーズはいくつかの段階があります。 行動ができていないときは、自分がどのフェーズにいるのか考えてから行動することが重要です。   スポンサーリン …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。