【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣の習慣

自分の焦りから妻にやつ当たりをしたぼくが、気持を落ち着けてすぐに謝れた理由

投稿日:2014/10/29

Pocket

 

こんにちは!

銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。

先日、朝から妻にやつ当たりをしてしまいました。。。

ぼくが妻にやつ当たりするなんて、、、

15年ぶりくらいかもしれません。(すみません、冗談です・笑)

でも、心理的なことを学んできた成果なのでしょうか。

駅まで歩くくらいの短い時間に、すぐに謝ることができたのです。(^_^)

そのときの自分の感情を記事にしてみました。

すぐにイライラしたり、ささいなことに感情がブレてしまって後悔するかたに参考になるかもしれません!

 

OZPA_1oko500

 

月曜日 カバンを空けたら 冷や汗が(笑)

それは、月曜日の朝でした。

ぼくは、出勤前にカバンを整理していたら、、、

「先週の金曜日にどうしても終わらなかった仕事を家で2時間だけやるつもりで持ってきていた仕事」

に気付いたのです・・・。

金曜日は早起きセミナーのために会社を早く出ました。

その分の仕事を家でできる仕事を持ち帰ってカバーしようと考えていたのです。

しかし、

▼土曜日の午前中は中学生の息子の文化祭

▼その後、家族との買い物で外出

▼夜は妻の実家で妻の両親たちと食事

▼日曜日は習慣化の1日セミナー

というスケジュールでした。

わりに詰まっていますね。。。

それで、、、

すっかり家に仕事を持ち帰ってきていたことを失念してしまっていたのです。(汗)

そのことに、月曜日の出勤前に気付いたのですね。。。

 

自分の焦り☞やつ当たり

ぼくの気持ちは急にあせってきました。

そんな風になると、他の懸案も持ち上がってきます。

▼持ち帰ってきた仕事を終えていないと一週間のスケジュールが乱れる(月末ということもある)

▼大手クライアントへ初めて訪問するのに戦略を練っていない(午前中に用意しようと考えていた)

▼コーチングの契約書が万全じゃない状態

▼今週契約のクライアントさんと待ち合わせ場所を決めていない

▼自分の家族以外で心配事が出てきた

▼ブログ更新してない(笑)

 

「あれも、これもできてない・・・。」

そんな気持です。

そんな気持で家族との大切な朝の食卓で、、、

「眉間にしわを寄せてしまっていた」

ようです(あとで妻から聞きました)。

そうすると、原因をさぐりたくなるのが人間。

「妻が予定外の約束をいれたからいろいろと予定が変わってしまったんじゃないか?」

なんて考えて、妻に、

「持ち帰ってきた仕事をやり忘れていたな。。。」

「そうだ、土曜日の午後に実家に行くのを想定していなかったからだ。」

と言い放ちました。

ひどい。。。(汗)

自分が忘れていたのに・・・。

当然、妻も、

「そんなこと、いま言われたって。。。(ぼうぜん)」

「あなたも納得したから行ったのでしょう・・・?」

と言っておりました。

すべからく正論。

「いかん、いかん!」

と思いながらも、気持をうまくコントロールできませんでした。

 

「頭の中がジャグリング」状態を解決する

そんなこんなで、いつもは笑顔で玄関まで見送ってくれる妻が、その日は来てくれません。(笑)

ささいなことに心をざわつかせながら自宅を出ました。

もちろん、駅に向かう道すがら反省しました。

以前のぼくだったら、

「自分の何が悪かったのか?」

ということについて考えていたでしょう。

しかし、この質問はあまりお勧めできません。

反省を促す問いかけとしては問題に焦点をあててしまっているからです。

良い問いになる場合もありますが、これだと自分の悪いところをあぶり出すだけ。

そうならないために、どんな問いかけをするか?

それは、

【問題ではなく、解決策に焦点をあてる質問をする】

のです。

たとえば、

「どうすればこの気持は解消するか?」

という問いかけがシンプルです。

そうです。

「どうすればこの気持は解消するか?」

この問いを自分に投げたとき、原因が分かりました。

また、いつもの

「やることがたくさんあって何から手をつけて良いか分からない」

状態だったのです。

岡田斗司夫さんの言葉を借りるならば、

「頭の中がジャグリング状態」

です。

この状態になると、人間って本当にすぐにキャパオーバーになってしまうんですよね。(ぼくは代表選手です・汗)

そして、やろうとしていてやっていないことをevernoteに書き出しました。

すると、先ほどあげたような

▼持ち帰ってきた仕事を終えていないと一週間のスケジュールが乱れる(月末ということもある)

▼大手クライアントへ初めて訪問するのに戦略を練っていない(午前中に用意しようと考えていた)

▼コーチングの契約書が万全じゃない状態

▼今週契約のクライアントさんと待ち合わせ場所を決めていない

▼自分の家族以外で心配事が出てきた

▼ブログ更新してない(笑)

という6つくらいしかなかったのです。

さらに、次のように整理しました。

(1)自分がいまできることは?

☞歩いている今、できることはクライアントさんとの待ち合わせ場所を決めることしかできない

(2)自分がどうしようもないことは?

☞「家族以外の懸案」は歩いている自分には考えても仕方がない

という感じに分けました。

そのあと、さらに「事実と予想」を分けました。

▼事実は?

☞週明けの仕事が2時間遅れるかもしれない

☞仕事関係は時間を確保すればなんとかなる

▼予想は?

☞でも、午前中に飛び込み案件やトラブルがなければ、それほどダメージなく終わるかもしれない

といったように考えました。

すると、自分の頭の中が、非常にすっきりしたのですよね。

通勤途中の自分にできることは、

▼今週契約のクライアントさんと待ち合わせ場所を決める

ことくらいしかなかったのです。

これを通勤中に目当てを決断してしまえばOK。

あとは連絡をとってみないと分からないことです。

あとは、なるべく早く会社についてやるべきことをやるしかない・・・!

そんな風に考えていたら、妻からLINEでメッセージが届きました。

ぼくはその場ですぐに電話をして謝りました。

 

PAK85_kaiphonedetorihikisaki20140727500

 

そのようにして、ぼくは妻の許しを得ました。(笑)

なぜ、ぼくはすぐに電話して謝れたのか?

大きな理由として、

▼すでに思考が整理されていたので自分の非(やつ当たりしたこと)が分かっていた

▼このあと「何をやれば良いか」が分かっていた

という2点があるのではないでしょうか。

ということで、ぼくが経験した「感情の整理」を言語化してみました。

もし、あなたが似たようなケースに当たったら、この記事を思い出してくださいませ。(笑)

 

自らがなり得る最高の自分になる!

チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

 

【今日の良習慣】
「頭の中がジャグリング状態」になったら、

(1)気がかりをすべて見える化する

(2)今できることとできないことを分ける

(3)事実だけに目を向け、余計な想像はしない

というプロセスで気持を落ち着かせる

 

お問い合わせ・ご感想・激励(笑)は下記まで!( ↓ )

お問い合わせ

 

【良習慣】の力! 〜習慣道への挑戦!〜 登録・解除
選択して下さい 登録 解除
メールアドレス
お名前
メモ






 

銀座コーチングスクール GCS認定コーチ

【無料メールセミナーのお知らせ】

==================================================
一週間で、あなたもコーチの仲間入り!
全6回の無料メールセミナーを配信中!
http://www.ginza-coach.com/coaching/m_seminar.html
==================================================

 


-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

挫折した習慣に再チャレンジ!瞑想を習慣化するために私が実践した5つのポイント。

昨日の記事で、取り組みたい習慣は、具体的な行動を言語化することが重要だということを書きました。 「やりたい!でも、できない」のはなぜか?スタートできないときにお勧めの方法。 | 【良習慣の力!】ブログ …

週末の充実度を高める!シンプルな「週末用の時間割」のつくり方

あなたは、日曜日の夕方に「あっという間に1週間が終わちゃったな・・・」なんて言ってませんか? そうならないためにも、簡単に週末を充実させる方法を考えていきましょう。     目次1 …

良習慣にテーマソングをつける

■苦手だったトイレそうじ   わたしは、トイレそうじをすることがあまり得意ではありませんでした。 そもそも以前のわたしは、そうじそのものが、あまり得意ではなかったのです。   もち …

良習慣は、あなたの人生を豊かにする投資。

より良い人生をつくるための投資として良習慣を形成する。 そのプロセスが、あなたの人生を豊かにしてくれます。   目次1 不安を抱えていた人生と期待できる人生の違い2 良習慣を身に着けた数で幸 …

あなたの未来の可能性をもっとも信じてくれる人は誰ですか?

仕事柄、たくさんのかたの1年のふり返りを見る機会がありました。 そこで少し気になったのは、「自分の未来の可能性に期待する」視点が少なかったことです。 自分の未来に期待するのは、まず自分からだと思うので …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。