【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

気づきの習慣

常に前進するだけでは柔軟性が生まれない!一歩引き返す勇気も立派な戦略!

投稿日:2014/06/23

Pocket

電車が1時間遅延

今朝、沿線の電車に遅れが出ていました。

人身事故でおよそ1時間ほど動かなかったのです。。。

その時に考えたことをメモしておこうと思います。

(ここから有料メルマガのご紹介です)
————————————————————

「早起き」メルマガ(有料)始めました!

登録はこちらから!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

————————————————————
(有料メルマガのご紹介はここまでです。)

 

外部環境に感情を乱されない

本日、最寄りの駅まで歩いていくと、改札前に人だかりがあります。

なんだか嫌な予感。

それは的中しました。(笑)

わたしがいつも乗っている上り方面の電車が運転を見合わせていたのです。

ちょうど朝の通勤ラッシュの時間帯だったので、そう然とした雰囲気でした。

 

わたしは、基本的には出社時間に余裕を持っているので、電車遅延にはいつもそれほど焦りません。

わたしがひとり焦っても電車が動き出すわけではありませんので、パニックにならないようにしています。

むしろ、

「ちょうど良い!ブログを書く時間が増えた!」

と喜びます。(笑)

確かに、車内にはため息をついたり、舌打ちをしたりする人の姿が目立ちます。

しかし、いたずらに自分の気持を表現しても、マイナスの感情を発露するだけでは悪影響でしょう。

 

外部要因の変化に頼るのは思考停止

いつもなら会社へすぐに遅刻する可能性があることを連絡し、電車に乗り込んでブログを書いたり本を読んだりしています。

このまま運転再開までのんびりブログを書いていても良いのですが、わたしはふと

「それって外部環境任せの思考停止なのではないか?」

と思いました。

なんとか、少しでも早く会社に着くためにできることはないか?

考えてみることにしました。

反対車線を見ると、下りの電車は通常運転していました。

そこでひらめいたのです。

わたしの最寄り駅は、一駅戻ると快速電車が乗れるんですよね。

要は、いったん下りの電車に乗って一駅戻り、快速に乗って行けば会社に遅刻せずに済みそうだ、と考えました。

さっそく一駅戻って快速に乗り換えようとしたところ、今度はいつもの各駅停車が動き出しました。

そして慌てて各駅停車に乗り換えたら、今度は線路内に人が立ち入りというアナウンス。(^_^;)

そのようなトラブルはありましたが、またいつもの通勤電車に乗り換えて通常ルートで通勤し、結果的に会社には間に合いました。

いろいろ動いてみたのは結局は無駄でしたね。。。

 

戻る勇気を持つ

電車を一駅戻るというのは、意外と勇気がいります。

理由はどうであれ、ゴールから遠ざかるからです。

しかし、いったん引き返しても結果的に快速電車に乗ることができれば、早く快適にゴールすることが可能かもしれないのですよね。

a0011_000055

これって、人生でも同じことが言えるのではないか、と考えました。

わたしの友人を例にあげますね。

わたしの友人の渋屋さんはフルマラソンのサブ4(4時間以内で完走すること)ランナーです。

しかし、とても真面目な性格によるものなのか、トレーニングに熱中し過ぎて腰を痛めてしまったそうです。

身体の中で、腰だけが特に柔軟性に欠けるそうで、痛みが出てしまったのだとか。

せっかく自己ベストを記録したからには、さらに速いタイムを狙いたくなるのが人情。

わたしなら、痛みをごまかしてトレーニングしてしまうかもしれません。(^_^;)

しかし、渋屋さんは違いました。

ランニングコーチと相談し、今年1年は柔軟性を高めることに専念することにしたそうです。

短期目線で考えると、目の前の記録を狙いたくなります。

でも、長期目線で捉えれば、今年1年はフルマラソンにエントリーせずに腰回りの柔軟性を高めた方が、将来のスピードアップにつながるのです。

さらに、人生でマラソンを楽しめる時間も長くなるでしょう。

渋屋さんにとっては勇気のいる決断だったと思います。

でも、長期視点をきちんと持っているからこそ、このように一歩引く決断を下せるのです。

 

これが、わたしのお伝えしたかった

【短期的視点ではゴールから遠ざかるけれど、

長期的視点で考えると遠回りした方が早くゴールにたどり着くこともある】

ということです。

ビジネス英語を学ぼうして、いきなり流暢なネイティブフレーズを丸暗記しても、結果的に使えるようにならなければ意味がないのと似ていますよね。

人は、どうしても即効性や特効薬を求めがちです。

でも、習慣化にも通じることですが、遠まわりに見えることが、実は意外と近道だった、ということがあるのですね。

勇気を出して各駅停車で一駅戻れば、快速に乗れるかもしれません。

あなたは、戻る勇気を持っていますか?

チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

 

【今日の気づき】
勇気を出して一歩下がってみる視点も大切

 

 


-気づきの習慣

執筆者:

関連記事

人生でもっとも大切なことを、もっとも大切にしていますか?最近、泣いたことがない人へ。

最近、泣きましたか? キャラにもよりますが(笑)、思わず涙が出るくらいの人生を送りたいと思うのです。(^_^)   スポンサーリンク   目次1 最近、泣いたことありますか?2 半 …

ひとり社長も、会社員も、「人は人」である。でも、その生き方(働き方)に覚悟があるのかどうか。

3日に渡ってお伝えしてきたひとり社長のトークイベント。 ※ご参考 他人の評価を手放し、自分の評価に生きる「ひとり社長」に共通するパーソナリティとはどのような資質か? 「ひとり社長は近未来のイノベーター …

行きづまったら人に会う。自分の旗を探しながらたくさんの価値観に触れよう。

何かに行きづまっているときは、「人に会う」ということをおすすめしています。 私も、人に意図的に会っていた半年前から、ようやくいろいろと活動の成果が出てきました。   スポンサーリンク &nb …

「傾向と対策」は学校のテストだけじゃない!自分の人生にどのように適用するか?

目次1 息子の定期テストを見ていて考えたこと2 テストは出題範囲が分かる3 繰り返し練習する4 傾向と対策を練る 息子の定期テストを見ていて考えたこと 息子が中学生になって、初めて定期テスト(期末テス …

「コンサルティング」と「コーチング」の違いを「着眼点」から考えてみる

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 先日記事にした通り、ぼくの継続コーチングを受けてくださるという素晴らしく先見の明を持った(笑)クライアント …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。