【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

早起きの習慣

早起きと相性が良い習慣は何か?答えの1つは語学学習。

投稿日:2016/11/26

Pocket

「早起きしてやったほうが良い習慣はありますか?」などといったように、早起きと相性の良い習慣をたずねられたことがあります。

私のおすすめをあげるとしたらベスト3は、

・運動
・語学学習
・瞑想

です。

その中でも、今回は語学学習について記事にします。

2dcb8b9d4b6ed963d55b5cccc4470f14_s

 

スポンサーリンク

 

早起き+語学学習は相性が良い

早起きと語学学習は、相性のよい習慣だと考えています。

私がおすすめする早朝の語学学習の1つは「音読」です。

語学の上達に「音読」は欠かせないと考えています。

ただ、音読のトレーニングというのは、なかなか外ではやりにくい学習のうちの1つでしょう。

まず、図書館でやるわけにはいきませんよね。

また、カフェでやるにしても、いくら私でも若干の恥ずかしさがありますし(笑)、どこでもできるというわけではなく場所を選ぶでしょう。

そもそも、音読はある程度の声を出さないとリズムが身につきません。

そうなってくると、音読トレーニングができる場所は、自宅が望ましいということとなります。

実際、私自身、英語の学習は机に座ってじっくりできたという記憶はほとんどありませんが、音読のトレーニングだけは、ほぼ自宅でおこなっていました。

当時は娘も小さく、部屋もせまくてリビングと寝室が近かったため、自宅の中でも音読する場所を探していました。

キッチンで立ち歩いてボソボソとつぶやいたり、洗面台の前で音読していたこともありました。

早朝で声を出すとなるとそのような制約がありますが、それでも音読をやる価値はあったと考えています。

「外では音読ができないから、朝のうちにやっておかないと!」というプレッシャーが、私には良い強制力になっていたのです。

早起きと語学学習(とくに音読)の相性が良いと考えるのは、そのような体験からです。

 

朝の語学学習をおすすめする3つの理由

そのほかに、早朝に語学学習をおすすめする理由を3つあげてみます。

 

1:「起きてすぐ」何をやるのかが明確になっている

まず、起きる目的が明確になります。

目覚めたときに「学習しよう!」と思えれば、「起きてすぐ」の行動がルーティンになるのですね。

二度寝してしまう理由の多くは、「起きてすぐ」にやることが明確になっていないことがあります。

語学学習という目標があれば、頭の動きが鈍い目覚めの瞬間でも行動にうつせるのです。

また、すぐに学習ができれば、やっているうちに目がさめるので、早起きと学習で一挙両得なのです。

 

2:朝はエネルギー量がもっとも多い

人は、起きたときがもっともエネルギーがあります。

そのため、朝に重たいタスクにとりかかるのに適しているのです。

高密度仕事術で「朝一番に最重要のタスクを片づける」というのは、まさにこの理論ですね。

そのため、早朝に学習をするのは理にかなっているのです。

 

3:自宅を出るまでに制限時間がある

朝は仕事や学校にでかけなくてはいけません。

そのため、自然にタイムリミットができます。

限られた時間の中で予定の学習を終わらせる意識は、集中力を高めます。

それが、学習の生産性を高めるのです。

 

語学学習が続かない人は早朝に目をつけてみよう

語学学習は、「いつでもできる」と思っているとなかなか続きません。

それよりも、「朝時間にこれだけはやる」というルールがあるほうが良いのです。

そのような意味では、

・Skype英会話レッスン
・ラジオ講座

のようなコンテンツやサービスも良いでしょう。
(私は、早朝は家族の迷惑になるということで続きませんでしたが。。。)

ラジオは、今だったらスマホアプリがありますが、当時は使えなかったのです。(^_^;)

また、私の経験ですが、朝から外国語にふれることは1日の良いリズムをつくり出すために役立つと思っています。

私が学習していたのは英語だったので、

・日本語と違う言葉のリズム
・語感
・周波数
・言語構造

など、普段使っている日本語とは異なった言葉にふれることが、脳に刺激を与えていたのでしょう。

頭の柔軟性を高めるために、とても効果的だったと感じています。

日本語の発想力や表現力にも、間接的に役立っています。

早起きしたいけれど何もやることがないという人や、仕事終わりで語学学習をやろうとしても、いざやろうとすると疲れていて続かないという人は、早朝の語学学習を試してみてはいかがでしょうか?

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、「信念」について考える機会をとりました。

自分では、なかなか興味深い考察ができました。

こんど記事にしたいと思っています。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-早起きの習慣

執筆者:

関連記事

結局、早起きが習慣化できる人は「強い目的」を持っている

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 早起きって、やっぱり「目的設定」が大切です。 今日はそのようなことを改めて感じました。   &n …

早起きは複雑。難易度が高いけれど、定着に挑戦する価値がある身体習慣。

こんにちは、伊藤です。 週末の早起きネタを書きます。 本日は、 「早起きは複雑」 というテーマです。     目次1 「習慣」によって複雑性の違いがある2 1部を変える習慣と全体を …

「明日から5時起きする!」という目標設定だけでは、早起きが達成できない理由。

「目標を紙に書くと実現する」というのは、確かな成功法則だと思います。 ただ、アプローチは間違っていないのですが、それだけだと早起きはなかなかできるようになりません。 その対策を考えてみました。 &nb …

自然科学の「知識を得るための5つのステップ」を習慣化に適用する

人間も自然の中で生活する生き物です。 ですから、自然界の法則は私たちにも有効なものなのです。   目次1 自然科学の「知識を得るための5つのステップ」2 習慣の知識を得るための5つのステップ …

早起き習慣化に重要な記録の3つのルール。おすすめは「デジタル・朝時間・大ざっぱ」。

早起き習慣化に欠かせないものは、自分の睡眠パターンを知ることです。 そのためには、記録を残して視覚化することが重要です。   スポンサーリンク   目次1 早起き習慣化のスタートは …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。