【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

早起きの習慣

早起き習慣化には何時間睡眠がベストなのか?学説に頼りすぎず、自分の身体の声を聴いてみよう。

投稿日:2015/11/29

Pocket

早起きセミナーでよくある質問の1つに、「やはり8時間睡眠や7時間睡眠がベストなのでしょうか?」というものがあります。

しかし、そのような定説に流されるのではなく、適切な睡眠時間は自分で調べることをおすすめいたします。

girl-1041019_640

 

スポンサーリンク

 

「90分単位の睡眠時間が良い」に当てはめるのは意外と大変

冒頭のように、「ちょうどいい睡眠時間がどれくらなのか?」と、わりとひんぱんに聞かれます。

よく言われるのは、レム睡眠とノンレム睡眠が90分サイクルなので、90分の倍数が良いと言われることですね。

そうなると、4時間半、6時間、7時間半あたりがターゲットになってしまいます。

ただ、この3つの中から睡眠時間を選ぶのは、意外と大変ではないでしょうか。

これまでに睡眠の本を何冊も読みましたが、明確な答えを出すのは難しいです。

現状の私の結論としては、「適切な睡眠時間は人によって違う」ということです。

理由としては、年齢差や個人差が大きいことに加えて、季節や性別といった影響もあるからです。

 

人によって適切な睡眠時間は異なる

たとえば、赤ちゃんと小学生では、必要とする睡眠時間が違います。

また、30代のビジネスパーソンと60歳を超えた人では、適切な睡眠時間は変わるでしょう。

偉人の中で短時間睡眠で有名なのは、ナポレオンですよね。

平均睡眠時間は3時間だったとも言われています(こま切れに昼寝をしていたという説もあります)。

一方で、アインシュタインは、10時間を睡眠に投資していたとも言われます。

やはり、人によって適切な睡眠時間は異なるのです。

 

睡眠時間を最適化させるコツは「自分の身体の声を聴く」こと

睡眠学の世界では、

・ショートスリーパー(4時間未満の睡眠で平気な人)

・ロングスリーパー(9時間以上の睡眠が必要だという人)

という分類があり、それぞれ5〜10パーセント程度存在しているそうです。

同じ人間でも、それだけ違いがあるのですね。

ただ、ほとんどの方は、その中間に位置しています。

結局、睡眠が足りているか、不足しているか、ということは、睡眠時間の長さで決まるのではありません。

むしろ、「いかに日中に眠気を感じずに、良いパフォーマンスを発揮できるか?」ということにこだわるべきです。

そのためには、自分の最適な睡眠時間を調べておくことが必要です。

私は、6時間30分眠れると快適です。

でも、日中に運動しなかった日などは、5時間30分でもすっきり目覚めるときがあります。

90分サイクルを信じてやってみましたが、6時間ちょうどにすると、私にはどうも中途半端だったのです。

科学的な学説を根拠にするのはもちろん賛成ですが、その数字はあなた本人にとってベストかどうかは分かりません。

科学的な根拠は参考にしつつも、「自分の身体の声を聴く」ことを忘れないようにしましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【編集後記】

昨日は、娘を保育園の友だちの家に預けることができました。

息子が帰ってくるまで、2時間ほど、久しぶりに夫婦2人だけの時間を過ごしました。

このような機会をつくってくれたパパ友に感謝ですね。

ただ、飲みすぎてしまい、仕事やブログ更新が滞り、反省しています・・・(汗)。

【無料】「100人コーチング」のお申し込みはこちらから!

【無料】100人コーチングのご案内 | 【良習慣の力!】ブログ

良習慣によって自らがなり得る最高の自分になる!
チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-早起きの習慣

執筆者:

関連記事

日中の眠気に困っている人へ。パワーナップの質を高める3つのツール

「せっかく早起きしたのに日中の眠気に悩まされている」という課題をよく耳にします。 対策としておすすめなのはパワーナップの習慣です。   目次1 日中の眠気を対策するためには2 パワーナップの …

早起きを続けるためにがんじがらめのルールをやめる。早起きというデザインに「余白」をつくるべき理由。

早起き習慣化のために、「早起き」という設計図に重要なことがあります。 それは、早起き習慣化というデザインに「余白」をつくる、ということです。   スポンサーリンク   目次1 起き …

早起きにもダイエットにも共通する大切な習慣!十分な睡眠時間を確保してセルフマネジメント力を高めましょう。

こんにちは、伊藤です。 本日は週末恒例の早起きネタです。 というより「睡眠とダイエット」ネタですね。 あなたは、睡眠不足と肥満には深い関係があることをご存知でしょうか?     目 …

朝時間に体を動かす3つのメリットとおすすめの4つの運動

あたたかくなってきて、朝時間に体を動かすことが気持ちいい季節になってきました。 そこで、朝時間の運動のメリットとおすすめの運動についてご紹介します。   目次1 全米で学力1位になった学生た …

早起きは毎日するべきか?自分にあった「早起きの定義」を決めて柔軟に早起きを習慣化しよう。

早起きを習慣化すると、人は自然に「毎日早起きするべきだ」と考えてしまう傾向にあるようです。 私自身もそう思っていましたし、クライアントさんやセミナーのご受講者さんもそのように考える人が多いからです。 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。