【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

読書の習慣

ビジネス書を読むときに私たちが準備するべきこと

投稿日:

Pocket

ビジネス書などの本を読むときに、おすすめしたい準備があります。

それは、本文を読む前に「あたためた状態をつくること」です。




 

本を読む際に重視したいタイミングとは?

あなたは、本を読む段階で、

・本を読む前

・本を読んでいる最中

・本を読んだ後

の3つのうち、どのパートに力を入れているでしょうか。

私が重視しているのは、

・本を読む前

です。

なぜか。

それは、その本に対して、

・読む理由や質問を設定してから読みはじめることが重要

だと考えているからです。

本を読む準備ですね。

ここに時間をかけることが、結果的には本から得られるメリットがはっきりします。

読書前の準備が明確になれば、読書の70パーセントは成功と言ってもいいと考えています。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





本を読む前の準備の3つのステップ

先日、私が主催している「早起き完全マスタープログラム」(第3期)がスタートしました。

その中で紹介しているのが、本の読み方。

この読書法は、まさに

・本を読む前

の準備に時間をかけるのです。

具体的には、3つのステップに分かれており、

ステップ1:本をスキミングする

ステップ2:本を1分間で紹介する

ステップ3:質問をつくる

という流れで本を読む前の準備をしていきます。

 

ステップ1:本をスキミングする

ステップ1は、

・本をスキミングする

です。

スキミングとは何か。

スキャンするように本を確認する行動です。

具体的には、

・表紙

・背

・裏表紙

・カバー

・奥付

・著者プロフィール

・目次

・はじめに

・おわりに

などをチェックしていきます。

シンプルにいうと「本文以外を読む」という感じですね。

その間に本をパラパラとめくることにもなります。

ですから、スキミングをすることで短時間で本の全体像をざっとつかむ。

そのようなイメージです。

 

ステップ2:本を1分間で紹介する

ステップ2は、

・本を1分間で紹介する

です。

スキミングのあとは、本の紹介をしていただきます。

すべて読んでいない状態で。

そう、本文を読んでいない状態でほかの人に「この本はこんなことが書いてあります」と紹介するのです。

しかも、条件つき。

その条件とは、

「その本を100回読み込んだ状態の自分で紹介してみましょう」

とお伝えしています。

つまり、

・1回も通しで読んでいないのに

・100回読んだつもりになって

・ほかの人に1分間で紹介する

というワークです。

無茶ぶりですよね。(笑)

実際、最初は参加者の皆さんはたいていとまどいの表情を浮かべます。

ただ、いざやってみると、けっこうできるのです。

「えー?!」と言ってた方ほど、1分間できれいに収めたりします。

こういうとき、「人間の脳ってすごいよな」と思うのです。

 

ステップ3:質問をつくる

ステップ3は、

・質問をつくる

です。

本の1分間紹介をしたあとも、すぐには読みはじめません。

読む前に、本に向けての質問をつくります。

あなたが本を読むということは、何らかの課題があるということですよね。

その課題を、本に向けます。

そうして、

「早く寝るためにはどうすればいいのか?」

「朝すっきり目覚めるためには?」

「睡眠の質向上のための運動は、朝したほうがいいのか、それとも夜にしたほうがいいのか?」

という質問をつくるのです。

ただ、質問を持って本を読むということに慣れている人は少数です。

そのため「質問がつくれません・・・」という方もいらっしゃいます。

もしかすると、あなたもそうかもしれませんね(たしかに、こういう読書スタイルは学校では学びませんので)

そのときは、こう考えてみましょう。

それは、

「もし、目の前に著者がいたら何と質問するか?」

です。

本を書いた著者ご本人が目の前にいる。

その方が自分のためだけに質問に答えてくれる状況。

ぜいたくですよね。

そのとき、あなたは何を質問するでしょうか。

それを考えてみましょう。

質問はオープンクエスチョンでつくることが基本です。

「はい」「いいえ」で答えられるクローズドクエスチョンでは答えに深みが出ませんので。

ここでは、質問を3つ以上はつくっていただくようにしています。

 

■スポンサーリンク




「あたためた状態」から読書をスタートする

さて、ここまで時間をかけて

・本を読む準備

をします。

といっても、

・スキミング:2分

・本の紹介:1分

・質問づくり:3分

ですから、たった6分の準備でOKなのです。

ここまで準備をしてから、ようやく本を読みはじめます。

スキミングをして、本の1分間紹介をして、質問をつくっている状態。

マラソンでいえば走る前のストレッチが終わった状態。

野球のピッチャーでいえば「肩があたたまっている」状態。

学校のテストなら、事前学習がばっちりの状態。

こうなっていたら「早く実行したい」という気持になりますよね。

読書も同じです。

読書に対してあたたまっている状態をつくることで「早く読みたい!」という気持をつくり出します。

しかも、質問によって脳に空白ができています。

脳は質問に対して答えを探します。

「脳は空白を嫌う」からです。

その状態になったところで、いよいよ読書スタート。

質問に対して、答えを探すようなイメージです。

目次からあたりをつけて、該当箇所を探していくわけです。

ここは8分間とっています。

この短時間でも、3つの質問に対する回答が見つかることは多いです。

完ぺきな答えではなくとも、ヒントになることもあります。

以上、上記のような流れで、読書の目的を果たすのです。

この読書スタイルだと、とにかく「できるだけ明確な質問」を設定することが大事。

ですから、

・本を読む前

の準備に時間をかけるのです。

あなたの読書は、いかがでしょうか。

読書の際のヒントになれば幸いです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、翌日に開催するセミナーの準備。

21時から「習慣化オンラインサロン」スタッフでの勉強会も。

また新たなアイデアが生まれたので、実行が楽しみです。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-読書の習慣

執筆者:

関連記事

iPhoneの「スピーチ(読み上げ)機能」でKindle本を無料で簡単にオーディオブック化する方法。「手ぶらで読書」が習慣化できる。

「時間がなくて本が読めない」 「オーディオブックもいいけど、電子書籍と両方とも買ったら2倍のコストがかかってしまう」 そのような悩みを解消する方法があります。 それが、iPhoneの「スピーチ」機能を …

「天才たちのライフハック」から3つの良習慣を厳選してみた

天才と言われるような人と凡人との違いはどこにあるのでしょうか。 大きな違いのひとつは間違いなく「習慣」です。   目次1 天才と普通の人との違いをつくり出すものとは?2 本「1日ごとに差が開 …

座右の書を活用したふり返りにトライしてみよう

あなたの「座右の書」は何でしょうか。 その「座右の書」を活用して、ふり返りをやってみましょう。   目次1 「座右の書」で1ヶ月をふり返る読書会に参加2 「座右の書」でふり返りをする5つのメ …

本『2030』から未来を考える。同時に自分がなすべきことも考え続ける

洋書を対象にした読書会の体験から、未来と現在を考え続ける必要性を強く感じました。   目次1 洋書の読書会を初体験した話2 「変化は自動的に起きる。しかし、進化は意識的にしか起こらない」3 …

自分の思考の軸をつくる方法

自分の思考の軸になる基準をつくるためには、どうすればいいのでしょうか。 おすすめは、思考のベースになる基準を持つことです。   目次1 自分の思考の軸をつくるためには?2 ソムリエの基準ワイ …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。