【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣の習慣

プロコーチが使う質問3つのタイプ。特に大切なのはビジュアル化。

投稿日:2016/03/29

Pocket

クライアントの頭の中にあるイメージを具体化すること。

コーチはいくつかのタイプの質問を使って、明確化を試みています。

peanut-1171733_640

 

スポンサーリンク

 

コーチは2択ではなく、3つ以上の選択肢をつくり出す

先日、プロコーチの友人とコーヒーを飲みながら話していて、「目的別の質問タイプ」について話していました。

まず、NGなのは、「イエスかノーか?」というフ2択になる質問です。

これだと、クライアントに選択させるのではなく、脅迫になってしまいます。

コーチならば、少なくとも3つ以上の選択肢を用意できるようにしたいところですね。

選択は、あくまでクライアントが自主的に行うものだからです。

 

プロコーチが使っている質問の3つのタイプ

行動を促すための質問のタイプとはどのような質問か?

そこで私たちが出した分類は、以下のような3タイプです。

(1)ビジュアル化するための質問

たとえば、クライアントが早起きを目標にしたとします。

その場合、「何時に起きるか?」ということよりも、「理想の時間に起きた状態だとしたら、どのようになっているのか?」ということを話すのです。

まだ見ぬ現実に、クライアントがいかにリアリティーを持てるのか?

そこを具体化するために行う質問のタイプです。

 

(2)リソースを見つけるための質問

クライアント自身の内側に答えがあることは、思いのほか多いものです。

私は、コーチングに触れることで、強く実感しています。

たとえば、目標達成なら、

・今までで一番満足のいった目標達成では、どのようなことをしましたか?

・その目標達成のプロセスで大切にしていた考えはないどのようなものですか?

・停滞や失敗を、どのように乗り越えたのですか?

という質問をします。

それに答えているうちに、私のクライアントさんが、「あっ、今の課題に応用できますね!」となったこともあります。

 

(3)選択肢を広げるための質問

人は、課題が大きいと、どうしても2択思考に陥りがちです。

・やるかやらないか?

・100か0か?

・白か黒か?

しかし、物事の本質は、だいたいグレーゾーンにあるもの。

同じように、解決策も2択の真ん中にあるものなのです。

これは、客観的に見ればわかるのですが、自分ごととして入りこんでしまうと、なかなか出てくることができません。

だからこそ、コーチは、質問を使って、

・少しだけやってみる
・試しにやってみる
・ただ行くだけ行ってみる

といったような行動目標をつくることがあります。

コーチだってわからないことだらけですから、何事においてもやってもらう。

それによって、わかることや気づくことが多いのです。

 

重要なのはゴールイメージを具体的にビジュアライズさせること

3つのタイプの質問の中でも、コーチとしてレベルが問われるのは、

(1)ビジュアル化するための質問

だと感じています。

コーチングセッションでは、セッションの最後に行動目標をコーチとクライアントが共有します。

その際、このビジュアライズがうまくできていると、成果が出やすいのです。

それは、クライアントが、頭の中で1度現実をつくり出せているかどうか、ということなのです。

私がコーチングを学んだ先生からは、「YouTubeにアップできるくらいに具体的にイメージできることを目指してね!」と教えられました。

そのためには、多様な視点が必要です。

・いつ?
・どこで?
・誰が?
・誰と?
・どんなふうに?

というアプローチから、

・ゴールには何が見える?
・ゴールではどんな音が聞こえる?
・ゴールはどんな匂いがする?

といったアプローチまで、さまざまなのです。

また、クライアントの性格や嗜好によって、ビジュアライズするためのスイッチが異なります。

ビジュアライズでイメージすることによって、アイデアや発想はパワーアップします。

それは、記憶力や行動力までパワフルにするのです。

よく、「1枚の絵は、1000語の言葉に相当する。」と言われますよね。

だからこそ、イメージで描くことが大切なのです。

あなたのゴールイメージは、どれくらいビジュアライズされていますか?

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

今年度もそろそろ終わりですね。

今年度の会社での営業成績はクリア。

今月早々に達成できたので安心しています。(^_^)

【お知らせ】
2016年4月13日(水)【第19回】朝2時間の自由時間を生み出す!早起き習慣化セミナー

【第19回】朝2時間の自由時間を生み出す! 早起き習慣化セミナー 2016年4月13日 – こくちーずプロ(告知’sプロ)

【モニター募集中!】
皇居ラン&コーチング!

「皇居ラン&コーチング」サービス | 【良習慣の力!】ブログ

【募集中!】「100人コーチング」のお申し込みはこちらから!

【無料】100人コーチングのご案内 | 【良習慣の力!】ブログ

良習慣によって自らがなり得る最高の自分になる!
チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

ずっと継続できる人が大事にしている2つの「健康」

続けるために必要な共通点は何か? 誰にでもあてはまる要素を2つ考えてみました。   目次1 続ける人になるための共通点はあるのか?2 続けるために重要な2つの健康3 「健康なメンタル」と「健 …

自己肯定感を高める方法。新しい変化を求める前にやっておいたほうがいいこと。

習慣化を研究していて思うのは、私たちは、「変わりたい」と思いながらも、本能では現状維持を好むという厄介な生き物だということです。 その安全領域を抜け出すためには、 ・自己肯定感を高めて ・少しずつ冒険 …

「数字が入った習慣化目標」活用のすすめ。シンプルな数字こそ継続の味方。

続けるために重要なのは、「今」の行動をコントロールできるようになることだと思っています。 そこで活用したいのが、 ・数字が入った習慣化目標 です。   目次1 続けるための「数字が入った習慣 …

「今の自分にはちょっと大変なこと」に取り組まければ成長できない

あなたは、テキストやスライドなしで1時間以上話し続けられるコンテンツがあるでしょうか。 専門分野であれば、その領域を目指していくことがおすすめです。   目次1 スライドなしで1時間以上話し …

サービスを提供するときにもっとも忘れてはいけないものをもっとも忘れていた話(汗)

早起きセミナーを3回開催した8月。 今回から、新しい試みで「早起きコーチング」の継続コーチングサービスを提案したことは以前にも書きましたね。 テストマーケティングの結果と振り返りを記しておきます。 & …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。