【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

気づきの習慣

人生という名の道路ではブレーキはきかない。自分のアクセルで速度を調整しよう。

投稿日:

Pocket

人生が思い通りに進まないときにも、必要以上にあせらずに、淡々とやるべきことをやれば前進することはできます。

その際のイメージは「立ち止まる」のではなく、オンとオフの速度を調整する感覚です。

 

スポンサーリンク


 

人生におとずれる「好調の波」と「不調の波」

時間軸を長い目でみると、何をやってもうまくいくような調子の良いときもあれば、いまいち乗り切れない不調のときもありますよね。

私自身もそうですし、サポートしているクライアントさんや習慣化のコミュニティーを見ていてもそれを感じます。

自分ひとりだけならまだしも、家族や周囲の人たちとの影響によって、自分のペースを変えなければいけないこともあります。

マイペースで生きる、というスタイルに憧れはあります。

でも、「誰でもかんたんにできる」というものでもないのも確かですよね。

 

「立ち止まって考える」は、人生という時間軸の中では難しいことである

人生を生き急いでいるような人に対して、「いったん立ち止まってよく考えましょう」といった表現を見かけることがあります。

もちろん、比喩的な表現だとは思います。

ただ、あえて私は書きたいのですが、車やバイクと違って、人生にはブレーキはないのですよね。

なぜなら、人生の時間は常に進んでいるからです。

よく言われるように「走りながら考える」ことをしなければならず、その進行をストップさせることはできません。

それなのに、本来は存在していないブレーキをかけようとすれば、時間だけがいたずらに過ぎていってしまうだけです。

一方で、必要以上にアクセルをふんでしまうと、今度は自分のキャパシティを超えてしまいます。

そのように考えると、ブレーキをふんでしまうことも、アクセルを踏み続けることも、どちらにしても良い状態とはいえないのではないでしょうか。

 

自分の巡航速度をキープしながらアクセルを調整しよう

では、自分のペースを守るためには、どのようなイメージを持てば良いのでしょうか?

まず、好調なときは、スピード違反にならない程度にアクセルを踏んで良いですよね。

ここでアクセルを踏みすぎるとたいへんですので注意が必要です。

一時期、私は自分のやりたいことを最優先にしすぎて、家族に(というか妻から・笑)スピード違反を指摘されました。(笑)

そこでけっこうたいへんな想いをしたので、、、「どれくらいスピードを出したら、違反になるのか」という制限を把握しました(ある意味では過去の反省は良い学びとなりました)。

実際に体験しないとわからない不器用ものなのが困りものですけれども・・・。(^_^;)

さて、一方で不調なときはどうすれば良いのかといえば、急ブレーキをふむのではNGなのですね。

おすすめのイメージとしては、アクセルをゆるめて、速度を落とすようにする感覚です。

ブレーキをふんでしまうと、スピードはゼロになってしまいます。

すると、次の動き出しに大きな負荷がかかります。

ですから、ブレーキは使わずに、あくまでアクセルで速度を調整すれば良いのです。

また、ブレーキを踏まなければ、ハンドルは自分が握っていますから、コントロール権は自分にあります。

私は、このイメージをマイコーチから聞いて、じつに納得したものです。

具体的には、「1日に最低限これだけやればOK」という基準を持っておくことです。

私の例でいえば、

・人生の目標とミッション・ステートメントを読む
・日記やブログを書く
・読書をする

といった最低限の習慣に手をつけることができれば、自分にOKを出すことができます。

それが、自分の巡航速度ということですね。

その習慣以外に、運動ができればプラスですし、コーチングセッションができればなお良し、ということなので、自己肯定感が高まるのです。

そのようにして、アクセルのオンとオフを調整するのです。

繰り返しになりますが、「人生という道路」では、停止することができません。

ですから、つらいときや苦しいときは、無理に立ち止まらなくてOKです。

自分の巡航速度にしたがって、ゆっくり進むことも自分に許しましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、日中に妻と一緒に6kmラン。

娘は自転車でついてきました。

来週のフルマラソンまで、もう少し距離を伸ばしたいところです。

それにしても、天気が良くてあたたかい日に、家族と一緒に自然の中を走るというのは、間違いなく「小確幸(しょうかっこう=小さいけれども確かな幸せ」ですね。(^_^)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-気づきの習慣

執筆者:

関連記事

「朝型人間」「夜型人間」と言われますが、具体的な違いをご存じでしょうか?

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 本日は、「朝型人間」と「夜型人間」のお話です。   photo credit: Therese …

目標を設定する理由は、未来でゴール達成するためだけではなく「今」を変えるため

昨日は、午前中にコーチングの認定試験を受けた後、午後から銀座で仲間うちの勉強会に参加。 わたしの2014年の目標について、進捗の確認および振り返りを行いました。 同様にメンバーの活動や行動から新たな刺 …

3ステップであなたの「勝ちパターン」を発見する方法

活躍する人たちを観察していてよくわかったのは、みんなその人なりの「勝ちパターン」を持っているということです。 楽に目標達成をしてくために、私たちも「勝ちパターン」を見つけていきましょう。 その方法を記 …

「まず理解に徹し、そして理解される」が有効になる場面はどこか。「自己開示」と「受け止める場」の2つの大事な前提。

習慣化コミュニティーの仲間から「自分を理解されることを優先するのはいけないことなのでしょうか?」という質問をいただきました。 この質問に対する私の考えを記事にします。   スポンサーリンク …

「器の大きい人」になるためにはどうすれば良い?自分の価値観の受け入れ枠を拡大しよう。

最近、100人コーチングを継続している中で、「人の価値観は、本当にさまざまだな。」ということを感じています。 いかに自分が狭い世界で生きているのかと思い知らされています。 自分の価値観の枠の中だけで生 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。