【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

モチベーションの習慣

目標達成のイメージを具体化する3つの方法

投稿日:2020/04/08

Pocket

目標達成に欠かせないのは「ゴールを達成した状態をイメージすること」です。

その方法を3つご紹介します。




 

なぜゴールに近づいている感覚がないのか?

「目標を立てるんですが、うまくいきません(T_T)」

「がんばっているつもりなんですが、変わった感じがしないです、、、

「ゴールに近づいている感じがしないんですよね・・・」

そういう悩みをよく耳にします。

ここにはいろんな理由があるわけですが、そのうちのひとつは

・ゴールイメージを明確にしていない

ということがあります。

たとえば、

「24時間を良習慣で満たす」

という目標をたてたとします。

それを言葉にするまではOKなんです。

ただ、目標を言葉で書くだけでは、イメージはあいまいなままでしょう。

それだと、「24時間を良習慣で満たそう!」とは、なかなか思えないものです。

ゴール地点があいまいなまま走り出すマラソンのようなものなんですね。

ですから、具体的にイメージする必要があります。

たとえば、次のような質問に答えることで具体期になっていきます。

・「24時間を良習慣で満たす」というのは、何時に寝て、何時に起きることなのか?

・「24時間を良習慣で満たす」ことが実現していたら、朝のルーティンと夜のルーティンはどんな行動をとっているのか?

・「24時間を良習慣で満たす」が成功したら、毎日をどんな気持ちですごしているのか?

・「24時間を良習慣で満たす」ことができたら、家族や友人からどんな評価を得ているだろうか?

といったことをイメージしていくわけですね。

これらの問いに答えるために有効なアプローチを考えてみましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





言葉とイメージでゴールを具体化する

まずは、言葉をイメージにしていく方法を2つご紹介します。

・理想を紙に書き出す

・理想に近い写真・画像を探す

です。

引き続き「24時間を良習慣で満たす」で考えてみますね。

 

理想を紙に書き出す

「24時間を良習慣で満たす」という過ごし方。

それを具体的に「理想のスケジュール」として、紙の上に書き出してみることです。

紙に書き出すことであなたが想像する「24時間を良習慣で満たす」という1日がどんな流れなのかがあきらかになります。

これは私も取り組んでみましたし、クライアントさんにも取り組んでいただきます。

やってみるとわかるんですが、たいていの場合は理想が高すぎることに気づきます。

たとえば「28時間ないとだめだ・・・(笑)」ということに気づいたりするわけですね。

ですので、紙に書き出す必要があるんです。

理想の1日をすごすために、スケジュールの中に電車の運行ダイヤを取り入れよう。

 

理想に近い写真・画像を探す

イメージを具体的にすることもゴールの具体化に効果があります。

もしイメージすることが苦手な方は、インターネットで検索してイメージに近い画像を探してみましょう。

「これはイメージにぴったりだな」という画像が見つかったら、保存しておきます。

そういった画像を集めてビジョンマップをつくったり、プリントアウトをして手帳に貼ってつけておく。

そして、その画像を何度も見返すようにしましょう。

これなら無料でできますよね。

それでも、何度も同じイメージを目にすることで、脳が「これは大事な情報だ」と認識するようになります。

結果としてゴールに近づきやすくなるんですね。

夢実現や願望成就をビジュアル化。ビジョンマップのつくり方。

 


■スポンサーリンク




ゴールを実現している人たちの環境に身を置く

上記のように、紙や画像でゴールを確認することは有効です。

さらに、リアルでゴールを感じる体験も有効です。

ただ、ゴールは基本的には自分で実現していないこと。

実体験はできないですよね。

では、どうするのか。

その場合の打開策は、

・そのゴールを実現している人たちの環境ですごす時間を増やす

ということです。

ゴールとは、今のあなたにとってはある意味で日常ではないでしょう。

日常になっていたら自然にやってしまうはずです。

そうなっていないということは、「非日常」のはずですよね。

でも、そのゴールを実現している人たちや、そのゴールに取り組むことが当たり前の人たちにとっては、あなたのゴールが「日常的」なんです。

ですから、その環境の中にあなたの身をおいてみましょう。

そうすれば、あなたがゴールの状態を目にする回数が増えます。

たとえば、複業をやりたいと思ったら、複業を実現している人との時間を増やす。

本を出版したいと思ったら、すでに何冊も本を出している人に会えるセミナーなどに参加する。

結果的に、ゴールが「日常」に近づくわけです。

すると「自分にもできるかもしれない」と思えるようになるわけです。

もちろん、非日常の中に身を置くわけですから、最初は居心地が悪いと思います。

私も実体験があります、何度も。

そして今もそういう中にいます。

ただ、私も経験でわかってきているんですが、しばらくするとこの環境にも慣れていくんですね。

人間の適応能力というのはすばらしいものがあるので(いい意味でも、悪い意味でも)。

私たちは、普段すごしている人たちの影響を受ける生き物です。

ですから、環境を変えていくといいんですね。

「つるみの法則」 を活用して、人生を豊かにする出会いを増やす方法。

 

ゴールを明確にする方法として、

・理想を紙に書き出す

・理想に近い写真・画像を探す

そして、

・そのゴールを実現している人たちの環境ですごす時間を増やす

の3つをご紹介しました。

あなたが取り組みやすいところからトライしてみましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、ミスチルのプロモーションビデオが20曲分、フルで公開になったというニュースを見てしまって思わずチェック。

“I’LL BE”や“Everything(it’s you)”など、私がとても好きな楽曲が公開されていました。

ファンとしてはうれしいですね。(^^)

■Mr.Children、“innocent world”、“終わりなき旅”、“君がいた夏”など20曲分のMV公開


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-モチベーションの習慣

執筆者:

関連記事

5分間Zoom相互コーチング。二度寝防止と行動促進の優れた仕組み

朝の二度寝を防ぎ、さらに先のばしを減らして行動が進むアイデアが生まれました。 それが「5分間Zoom相互コーチング」です。   目次1 冬場の二度寝を防止するためには?2 「5分間Zoom相 …

2020年も200日が経過。今年後半の目標設定を3つのアプローチから考える

2020年も200日を超えました。 ここを区切りとして、後半の目標設定をあらためて考えてみましょう。   目次1 あなたは「何によって覚えられたいのか?」2 2020年後半の目標設定に役立つ …

幸運を見逃さないための3つの行動

「苦しいときの神頼み」という言葉を思い出すタイミングがやってくることがあります。 神様に頼りつつも、同時に自分の目標にフォーカスし続けることが幸運を引き寄せるポイントだと考えています。   …

山登りタイプの方へ。やりたいことや目標を見つける3つの視点。

目標があると燃える「山登りタイプ」。 山登りタイプが目標を書き出すためには、ある程度の切り口を持っていると目標をつくりやすくなります。   スポンサーリンク   目次1 目標設定の …

失敗を自己否定と切り離す方法。成果に必要な失敗というスパイス。

トライアスロンのレースで、またもや「失敗」をしまいました。(^_^;) この「失敗」を、単なる「失敗」にしないようにするために、「失敗」をとらえ直してみました。 もし、あなたが「失敗する自分はだめだ」 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。