【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

思考の習慣

「ギブ&テイク」が悪いのではありません。「ギブ&テイク思考」で考えなければいいのです。

投稿日:2017/11/25

Pocket

相手に与える「ギブ」と、相手から受け取る「テイク」。

相手からの「テイク」を期待しないようにしましょう。

 

スポンサーリンク


 

「ギブ&テイク」がストレスになるとき

11月に目標にしていた大量行動実践は、7割くらいの達成度でした。

テーマは「家族とめちゃくちゃ楽しむ」ということですが、1番楽しいのは、、、私です。(^_^;)

ただ、これは、アイデアを出し、企画して、実行をしていく、そしてときには自腹になることもあるわけです。(笑)

だからこそ、自分にも家族も楽しめる時間になるのです。

いわゆる「ギブ&テイク」です。

さて、「ギブ&テイク」が大切。

そのような言葉を聞いたことがあると思います。

日本語では持ちつ持たれつと言いますよね。

しかし、この「ギブ&テイク」を重要視しすぎると、ストレスになることがあります。

テイクができるときはいいのですが、自分にその実力がなく、相手に見返りを与えられないときにストレスを感じるのです。

すると、相手に、

・親切にしたのに、何もしてくれない
・考えてプレゼントしたのに、大切にしてくれない

と思われていたらどうしよう・・・と考えてしまうことは、ストレスになるのですよね。

反対の立場だったら、せっかくの努力が報われないような気がしてしまいます。

 

テイクを考える時点で相手問題になる危険性

「ギブ&テイク」は、必ずしも悪いことではなく、いいことです。

「ギブ&テイク」が悪いのではなく、「ギブ&テイクで考えてしまうこと」に問題があるように思うのです。

相手にギブすると、運良くテイクが返ってくることはあります。

でも、そのリターンを自分の基準で考えてしまうと、そこにズレが生じます。

私も、家族と楽しみつつ、心の中で「お父さん、ありがとう!」と言って欲しいと思っています。(笑)

「相手のため」と思えば思うほど、内心では見返りを期待してしまうのが私たちなのですね。

このような問題は、「ギブ&テイク」で考えてしまうのは自分の思考にバグがあるのにもかかわらず、相手に問題がある、と考えてしまうことにあるのですね。

相手に問題を委ねてしまうと、コントロールができなくなり、ストレスを感じてしまいます。

では、どのように考えればいいのかといえば、私のおすすめは、「ほかの人のためではなく、自分のためにやる」と開き直って考えることです。

 

胸を張って「やりたいからやる」と言う

もしかすると、そのようなことは、「そんなの自己中心的すぎる!」と思われるかもしれません。

しかし、

・内心ではテイクを期待しながらギブをする

のであっても、

・テイクを期待せずにギブをする

のであっても、結局のところ、ギブすることには変わりはないのですよね。

それよりも、

・がまんしている自分はがんばっている
・人は誰でもがんばるべきだ
・がんばらないと愛されない

といったビリーフが子どもの頃から刷り込まれている影響で、

「自分を犠牲にする=誰かにつくす」

という風に考えてしまうほうがNGでしょう。

実際、現実は必ずしも想定どおりにはならず、リターンがないことのほうが多いものです。

そのときにがっかりしないように考えておくほうがダメージはありません。

ですから、必要以上に自己犠牲を考えなくてもいいのです。

自己犠牲につくしても、期待どおりのことが返ってくることはあまりないように思うのですよね。(笑)

それに、人間は、本能では自分の生存を1番に考える生き物です。

それは、誰もがそうなのです。

何かがあったときに、残るものは自分自身なのですから、自分を磨いておくことが大事なのです。

ですから、「ギブ&テイク」ではなく、「自分がやりたいからやる」でOKです。

むしろ、「自分がやりたかったからやりました」と胸を張って言いましょう。

少なくとも私は、そう言える人を好みますし、かっこいいと思います。

そして私も、そう言える人間になりたいと考えています。

なぜなら、「自分がやりたかったからやりました」という言葉は、自分に余裕がある人が言えることだと思うからです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、私の誕生日だったので家族にお祝いをしてもらいました。

娘からは、愛情たっぷりのメッセージつきで、手づくりのネクタイをもらいました。

うれしいですね。

ただ、会社にはこのネクタイはつけていけないのです。

・・・おりがみだったので。(笑)

【募集中】
■2017年11月28日(火) 19:30〜21:30:毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

■2017年12月5日(火) 19:30〜21:30:これで習慣化できる!「良習慣の見つけ方&続け方」セミナー 〜今の自分に本当に必要な習慣を発見しよう〜

■12月14日(木)19:30〜21:30:「やりたいことリスト100」をつくるセミナー 〜やりたいことで毎日が満たされる〜

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm;;




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-思考の習慣

執筆者:

関連記事

あなたの「器」を大きくする方法

「人の器」や「人格」という言葉がありますが、具体的には何なのかはわかりませんよね。 それが私たちが持つ「4つの領域」のレベルアップによって、成長する可能性があることがわかりました。   目次 …

仕事と遊びの境目をなくす。オフタイムの使いかたが人生の伸びしろを変える。

・仕事とプライベートの区別が重要 ・オンとオフのメリハリが大切 などという声をよく耳にします。 これは、本当にそうなのでしょうか?   スポンサーリンク   目次1 成果をあげてい …

「でも」という逆接が出てきたら要注意。言い換えて順接の「から」に変換してみよう。

何かにチャレンジしようとするときに思考に出現する「でも」という接続詞。 その「でも」を、「から」に変換して、行動増進を狙いましょう。   スポンサーリンク   目次1 「人間は言い …

うまくいくために必須の「思考信託」という思考法とは?

誰にでも未知の分野があります。 そのようなときこそ「思考信託」という考え方を採用してみましょう。   目次1 出版記念イベントを企画・実行2 先達のアドバイスを大事にしなければならない理由3 …

うまくいかないときの脱出方法。うまくいっている人の思考をインストールする

「早起きのためには早寝が大事なのはわかっているつもりなんです。でも、早寝するのがもったいないという気持ちもあって、、、悩みます」 このような悩みへの対処策を考えてみました。   目次1 「早 …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。