【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

行動の習慣

デジタルタイマーの活用で「とことん没頭する時間」を最大限に楽しむ。

投稿日:2017/04/05

Pocket

人生において、楽しみや趣味の時間、いわゆる「フロー」に入る時間は不可欠です。

しかし、それだけをずっとやっていられる人は限られているでしょう。

時間を忘れて熱中しつつも、タイムリミット効果をうまく活用する必要があります。

 

スポンサーリンク


 

「自分欲求+フロー」に入ると時間を忘れるという課題

コーチングや「習慣化の学校」で、サポートメールを書くタスクがあります。

クライアントさんや生徒の方たちに対して、応援することもあれば、激励することもあります。

そして、ときには軍曹モードになることもあります。(笑)
(たまにですし、意図してのものです)。

サポートメールを書いていると私は楽しく、自分欲求にアクセスしている感覚があります。

そのため、そうしていると時を忘れて没頭してしまい、想定よりも多くの時間を費やしてしまうこともしばしばありました。

ときには、想いがつまりすぎて、超・長文メールになることも。。。(^_^;)

クライアントさんや生徒さんとしても、そんな長文メールを毎週読まされてはたまったものではないでしょう。

もともと私が、そういったサポートが好きだということもありますが、制限をかけなければ、際限がなくなってしまうのですね。

実際、フロー状態に入るのは良いことなのですが、そうすると1日の中で使える可処分時間がぐんぐん減り、やるはずのタスクが先送りになってしまうということが多かったのです。

それが私の課題となり、悩んでいました。。。

 

カウントダウンがわかるデジタルタイマーの活用

それが、あるツールを使うことによって、時間の使い方がかなり改善しました。

それは、とてもシンプルなのですが、カウントダウンつきのデジタルタイマーです。

もちろん、これまでも朝一番の最重要タスクに取り組むときやコーチングセッション等で、頻繁に活用していました。

しかし、サポートメールのタスクでは使っていなかったのです・・・(なぜか)。

先日、サポートメールを書こうとした瞬間に、直感からのメッセージがあり、「あっ、タイマーを使えばいいんだ!」とひらめいたのですね。

実際取り組んでみると、先にも書いた通り、タイムリミット効果が生まれました。

そのような理由で、最近は、サポートメールの返信をするとき、必ずカウントダウンつきのタイマーを使うようにしています。

これで、サポートメールに費やす時間も文章のボリュームも適正になりつつあります。

カウントダウンのタイマーをセットすると、「よし!やるぞ!」という感じで、自然と気持が引きしまるものです。

会社のデスクワークでは、タスクシュートというタスク管理ソフトを使っていて、分単位でタスクを記録しています。

「このタスクには、これくらいの時間がかかる」という時間見積を計測するためです。

それと同じように、1つのタスクに「時間」という締め切りを設定すると、集中力が高まるのですね。

そのために、カウントダウンつきのタイマーを使うのです。

 

カウントダウンの切迫感が良い緊張感を生みだす

「ただ時間を計るだけなら、普通の時計でいいんじゃないの?」という意見があるかもしれません。

しかし、普通の時計の秒針ですと、時間の流れも秒針なのですよね。

どういうことかというと、ゆっくりと周回している秒針だと、いまいち切迫感がないように感じるのです。

これは私だけではないはずです。

なぜなら、アクション映画やサスペンスドラマで、犯人が時限爆弾をしかけたら、ほとんどはデジタル数字でカウントダウンするタイマーになっていますよね?

それはカウントダウンの数字の迫り方が、切迫感をうまく表現しているからです。

それと、スマホのタイマーアプリも試してみたことがあるのですが、10分計っているうちに画面のライトがオフになってしまうので使いづらかったです。。。

そのため、タイマーがおすすめなのですね。

もちろん、解放感を味わうためにリラックスする際には、タイマーは目に入るところに置きません。(笑)

しかし、このような集中力を要するタスクの場合には、メリハリをつけるためにもタイマーがいいのです。

そのようにして、適度な緊張感を持ちながら、クライアントさんに向きあう。

ちょっとしたスポーツのようで、楽しめます。

ちなみに、私が使っているのは、こちらのタイマーです。

安価ですが、アラームの音無しを設定できる機能が秀逸。

デザインもシンプルで、色も私好みです。

私も、会社用や自宅用などで、同じものを3つ持っています。
(習慣化コンサルタントの古川武士さんがおすすめされているので、習慣化コミュニティーではほとんどの人が持っているとも言われています・笑)

このように、タスクに集中するためには、自分が使っていて心地よいツールで揃えておくことも、高密度化には大事だと思っています。

あなたも、まずはおひとついかがでしょうか?(笑)

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、定例のひとり会議ができず、遅れたタスクの処理。

ただ、昨日ふと、「もしかするとこのタスクは前倒しできるのでは?」と思いついたことがありました。

ちょっと試してみようと思っています。

できたらいいなぁ。(笑)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-行動の習慣

執筆者:

関連記事

習慣への時間を増やす「4観点」とは?

習慣化と時間の関係を考えることは、とても重要です。 どんな習慣を、どれだけの時間かけて取り組むのか。 定期的に考える時間を持ちましょう。   目次1 「習慣の棚卸し」で習慣を見直す時間をとる …

挫折した習慣に再チャレンジ!瞑想を習慣化するために私が実践した5つのポイント。

昨日の記事で、取り組みたい習慣は、具体的な行動を言語化することが重要だということを書きました。 「やりたい!でも、できない」のはなぜか?スタートできないときにお勧めの方法。 | 【良習慣の力!】ブログ …

「行動力がある人」になるための考え方とは?

「失敗とは、成功から遠ざかるものだ」と考えるか。 それとも、「失敗とは、今のままだと成功に近づかないと教えてくれるものだ」ととらえるのか。 あなたはどちらでしょうか?   目次1 「失敗」に …

満員電車の苦痛を、自己投資のゴールデンタイムに変える。

私にとって電車での通勤時間は、自己投資のゴールデンタイムです。 10年前は大混雑の電車に乗ることが苦痛でしたが、工夫をしながら自己投資のゴールデンタイムに変えてきました。   スポンサーリン …

正解を求めて完ぺきを待ってはいけない。自分の生き方を◯×で決めないようにしよう。

テストで98点や95点だと「100点じゃなかった」「どこを間違えたんだろう」ということで間違いに目が行きがちです。 しかし、正解ばかりを求めすぎると自分の可能性を狭めてしまいます。   スポ …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。