【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コーチング・NLP 良習慣

ほかの人を笑顔にする。自分もうれしくなる。「1日・1人・1ほめ」の習慣にトライしてみませんか?

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

自分ががんばっている行動に対してほめられるのはうれしいものですよね。

「ほめる」のがいいのは、相手をよろこばせることはもちろん、自分も元気になるのです。

ただ、「ほめる」際に注意したいポイントがあります。

 

スポンサーリンク

 

最近、あたなはほかの人をほめましたか?

私は、

・プロコーチになる以前

と、

・プロコーチになった後

で、もっとも変わった習慣が何か、と考えたことがあります。

それは、

・人をほめる回数が圧倒的に増えた

ということです。

クライアントさんが勇気を出してアクションを実行したとき。

毎日の習慣化がうまくいっているとき。

つらい状況にも負けずに、行動をゼロにしなかったとき。

「やりましたね!すばらしいです!」といったようなプラスのフィードバックをおくるのです。

人をほめる。

口で言うのは簡単です。

しかし、普通に日常生活を送っていると、意外と「ほかの人をほめていない」という人は多いものです。

あなたはどうでしょうか?

周囲の人に、言葉でプラスのフィードバックを送ったり、面と向かってほめること、最近やっていますか?(^_^)

 

「ほめる」には3つの種類がある

さて、ご存じかもしれませんが、「ほめる」という行為には3つの種類があります。

(1)結果をほめる

(2)行動のプロセスをほめる

(3)存在自体をほめる

という感じですね。

たとえば、「がんばる」という言葉を例にして説明しましょう。

(1)結果をほめる、は、

・がんばったね

です。

(2)行動のプロセスをほめる、は、

・がんばってるね

と、なるんですね。

自分がそのようにほめられたら、両方ともうれしいことには変わりないでしょう。

でも、相手がより自分のことを見てくれていると感じるのは、「(2)行動のプロセスをほめる」の

・がんばってるね

でしょう。

こちらは、相手の仕事ぶりや行動のプロセスを観察していないと、なかなか具体的に言える言葉ではないからです。

(3)については、「がんばる・がんばらない」という評価自体が無関係です。

・そのままを信じている
・存在そのものを認めている

というレベルが高いほめ言葉ですね。

相手を丸ごと受け入れる。

人間的な器が大きくないとできないでしょうね。

私はプロコーチとしてこのレベルを意識しています。

さて、あなたは、自分の弱みに目が向くタイプの人でしょうか?

それとも、強みに目がいくタイプの人でしょうか?

私がコーチングやセミナー講師で多くの方々とお会している経験上でいうと、年齢を問わず、およそ7割くらいの方が、弱みの矯正に視点が向いていると感じます。

全般的に良い点を取りたがるのは、学校教育では当たり前の事でした。

「全教科平均点以上」といったような思考が、社会人になっても抜けきれないのです。

ただ、仕事でいくら弱みの克服をしても労力がかかるだけです。

がんばれば、平均点くらいは取れるかもしれません。

しかし、最高点は難しいでしょう。

下手をすると、あなたの強みをつぶし、個性が失われてしまうかもしれません。

それに、弱みをなくそうとし続けるのは、自分の弱い部分にばかり焦点をあてるのでつらいものですよね。(^_^;)

自分の弱みに目が向いてしまう人は、もっと自分の強みに焦点を当てていきましょう。

 

「1日・1人・1ほめ」の習慣にトライしてみよう

あなたが最近、ほかの人をほめていないなぁと感じたら、人に興味関心が薄れている証拠かもしれません。

ただ、人に関心を持たずに、豊かな生活をしていくのは難しいように思いますので、ほかの人にも興味を持つことをおすすめいたします。

私も苦手だと思っていたのですが、じつはほかの人を考えることで、元気をもらえることがあるのですよね。

私にとって新しい発見でした。

このときのポイントは、「美点凝視」です。

相手のいい面に焦点をあてること。

人は、意識していないと相手の欠点だけに目がいきがちです。

ですから、あえて美点にフォーカスするような習慣をつけましょう。

これはトレーニングのようなものです。

そして、できれば1日に1人でいいので、「1ほめ」しましょう。

それを毎日違う人に対しておこなってみる。

気がつくとほめている自分がうれしく、楽しくなっているはずですよ。

ぜひ「1日・1人・1ほめ」の習慣を試してみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、会社終わりでコーチングセッションを2件。

今月はすでにコーチングセッションの時間が20時間を超えました。(^_^)

予定では今月は30時間を超えそうで、月間の新記録が生まれそうです。

もちろん、時間数だけがすべてではありませんが、投資した時間は何ごとにも代えがたい経験であり、私とクライアントさんとの絆の時間なのだと考えています。

クライアントのみなさんには感謝しかありません!
(みなさん、いつもありがとうございます!)

翌朝は4時起きして「時間カイゼン習慣術セミナー」のコンテンツ準備。

ようやく90%完成したので、あとはリハーサルと追い込みです!

お申込みはこちらです。

3月15日 19:30〜21:30 ブログ1,700記事突破記念!
時間をあなたの味方にする!「時間カイゼン習慣術」ミニセミナー
~あなたの1日を26時間にして、年収UPと心の余裕を同時に手に入れるノウハウ~

【募集中】
3月15日 19:30〜21:30 ブログ1,700記事突破記念!
時間をあなたの味方にする!「時間カイゼン習慣術」ミニセミナー
~あなたの1日を26時間にして、年収UPと心の余裕を同時に手に入れるノウハウ~

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm;;




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-コーチング・NLP, 良習慣

執筆者:

関連記事

時間管理のマトリクスは「エヌ型」ではなく「ゼット型」に優先しましょう!

  こんにちは、伊藤です。 あなたは、名著「7つの習慣」に出てきた「時間管理のマトリクス」をご存じですよね。 このマトリクスは、 (1)成果を出す人は「ゼット」型 であり、 (2)なかなか成 …

どちらが簡単?1度に12個の習慣を身につけるか、1つずつ12個を習慣化するのか?

先日、フィギュアスケートの大会で、浅田真央さん復帰の日本が優勝したそうですね。 (ニュースを見ていないので妻に聞いたのですが・汗)。 素晴らしい結果です。 その話を聞いて、ふと、「そこには、習慣化に通 …

自分との約束を守る。ほかの人とのアポの強制力のように、自分にアポを入れよう。

ほかの人との約束を破る人はなかなかいません。 しかし、自分との約束を破ってしまう人は多いのではないでしょうか。   スポンサーリンク   目次1 ほかの人との約束が優先される状況2 …

「自分のアタマ」で考えるために覚えておきたい2つの質問

目次1 ■「書くこと」そして「思考すること」の共通点に気づく2 ■マジックワードその1「なぜ?」3 ■マジックワードその2「だからなんなの?」4 ■「問う」という思考のクセをつける4.0.1 【今日の …

迷うことは必ずしも「悪」ではない。「迷ったら、やってみよう!」

勘の良い熱心な読者の方は気づいているかもしれません。 いったい何のことでしょうか?(笑) そうです。 数日前から、当「良習慣の力!」ブログに、メールマガジンの登録バナーを貼りました! (だれも気づいて …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031