【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コーチング(NLP)、コミュニケーションの習慣 行動習慣

「行動できない」という悩みを抜け出すために。5つのフェーズから課題解決を考える方法。

投稿日:

Pocket

「行動できない」とひと言で言われますが、そのフェーズはいくつかの段階があります。

行動ができていないときは、自分がどのフェーズにいるのか考えてから行動することが重要です。

 

スポンサーリンク


 

「行動することが大事」と言われるけれど

「行動することが大事」。

成長するために本やセミナー等で学んでいれば、確実に出会う言葉でしょう。

コーチングやコンサルティングを受ければ、最後は確実に「行動」にフォーカスがあたります。

つまり、「いつ、何を、どれくらいやるのか?」ということを決めるために対話があるわけですね。

実際、行動しなければ、現実は何も変わりません。

「一生懸命学んでいるのに、現実が変わりません」と悩む人は、たいてい行動していないからでしょう。

この場合、「行動できない」というよりは、「行動できるのに、その行動をやる」という選択をとれないだけだったりするわけです。

また、たくさんのビジネス書がありますが、つきつめて考えると「行動しましょう」というメッセージに集約されるように思います。

もちろん、このブログも同じです。(^_^)

 

「行動できない」を考えるための5つのフェーズ

そうは言っても、「じゃあ、簡単に行動できるか」と言われれれば、簡単ではありませんよね(笑)。

そのようなとき、どうすればいいのでしょうか。

私がおすすめしているのは、

・「行動できない」というとき、あなたは具体的にどのフェーズにいるのか?

ということを把握することです。

私がコーチングのクライアントさんとお話するとき、以下のようなフェーズに区切って考えていただいています。

・フェーズ1:そもそも自分がやりたいこと目標が見つかっていない

・フェーズ2:やりたいことや目標は見つかっているが、スタートできていない

・フェーズ3:スタートはできたが、やり方がわからない

・フェーズ4:やり方はわかったが、続けられない

・フェーズ5:続けられているが、成果が出ていない

これは、私自身も活用しているものです。

だいたい、思い悩むときというのは、「自分がどこにいるかわからず、迷子になっている状態」でしょう。

そのような状態で「行動が大事だ!」といって闇雲に努力しても、つらさや苦しさを感じるだけでしょう。

それよりも、上記のようなフェーズで客観的に考えて、「いまどのフェーズで、何に対して問題を感じているのか?」ということを明確にすること。

それだけでも、だいぶ頭も心もすっきりするはずです。

 

各フェーズごとに課題を考えていこう

私が、コーチングを仕事にするまでのプロセスをこのフェーズ順に考えてみました。

フェーズ1:そもそも自分がやりたいこと目標が見つかっていない

「会社に頼っているだけでは、自分が考える理想の人生をすごすことはできない」という不安。

それに気づいて何か動こうとしましたが、何をやっていいのかわかりませんでした。

そこで、興味があることを手当たり次第やりました。

ある日、メルマガでコーチングの無料体験の案内が目に入りました。

なんとなく興味を持ち、応募しました。

 

フェーズ2:やりたいことや目標は見つかっているが、スタートできていない

コーチングスクールの体験にいったものの、すぐには申し込めませんでした。

当然のことながら、費用もかかるし、時間もかかります。

当時は子どもも小さかったので、週末に家を出ることにもためらいがありました。

「コーチングを学んで、本当に成果がでるのか。自分にコーチがつとまるのか」という葛藤も。

「スタートできない」状態ですね。

最終的には妻に相談したのちに決断して、スクールに通うことにしました。

 

フェーズ3:スタートはできたが、やり方がわからない

コーチングを学びましたが、なかなかコーチングセッションがうまくなりませんでした。

やり方が自分にフィットしないのです。

クライアントさんからコールがあるまで心臓はどきどきするし、話を聞きながら「このあと、何を話せばいいんだろう・・・」と迷走することもしばしば。

また、コーチングをするクライアントさんがそもそも見つからないという苦境に立っていました。

しかし、スクールの同期や先輩に胸を借りて、とにかく「質より量」をテーマに、コーチングの機会を求めていったのです。

そのうち、自分なりのセッションスタイルができあがってきました。

 

フェーズ4:やり方はわかったが、続けられない

それでも、大量行動をしていくうちに、コーチングセッションが好きになっていきました。

セミナーに来てくださった方から、継続の契約をお預かりすることも徐々に増えてきた頃もあったのです。

それでも、一時的に盛り上がったとしても、契約期間が終われば卒業です。

「続かない」というより、「続けられない」という感じですね。

 

フェーズ5:続けられているが、成果が出ていない

結局、はじめてから3年くらいは、コーチングのクライアントさんはほとんど増えませんでした。

そのような状態だったので、プロコーチを名乗っていたものの、成果は微々たるもの。

ずっと契約してくださっているクライアントさんがいるので、ゼロになることはありませんでしたが、おひとりしかいない時期もあったのですね。

あのときのさみしさは、今でも思い出したくありません(笑)。

ただ、ここまで明確になっていたので、ビジネスの講師の方を見つけて、「この人に学ぼう」という決断ができました。

実際、このフェーズまで来ていたので、ビジネス講座に通ったことで、自分なりの成果を出すことができたのですね。

こうして、「行動できない」というフェーズを乗り越えてきた経験ができました。

 

さて、あなたはどのフェーズにいるでしょうか。

各フェーズには、それぞれの解決方法があります。

ですから、それぞれのフェーズで解決策を求めていけば、解決に向かうはずです。

「あ、いま自分は行動できていないかも」と思ったら、ぜひ本記事の5つのフェーズを思いだしていただき、行動にうつしていきましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、会社を定時すぎに退社して書く仕事に集中。

順調に進んだので、その後にいつものやきとん屋さんに立ち寄り「ひとり戦略会議」を実施。

やりたいことと成し遂げるタスクがたっぷりあることに気づいたので(笑)、粛々と進めていこうと思います。

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

プロフェッショナルコーチ/ブロガー/メルマガ発行者/習慣化の達人/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。クライアントは良習慣の定着によって、独立起業、転職、複業家デビュー、電子書籍出版などを果たしている。さらに詳細なプロフィールはこちら

-コーチング(NLP)、コミュニケーションの習慣, 行動習慣

執筆者:

関連記事

コーチングの依頼をおことわりするという苦渋の決断。「おまかせします」思考ではコーチングの成果は出ない。

コーチとクライアントは、言うまでもなく、双方向のコミュニケーションをとることが重要です。 よく、誤解されている方が多いのですが、コーチとクライアントの関係は、先生と生徒のような上下関係ではありません。 …

目標設定は長期と短期の2つの距離で。遠くを眺めつつ、目の前を見る。

長期的な目標を設定することが、人生の質を高めるために重要です。 ただ、そうは言っても、「歌手になりたいから、24時間を歌えばいい」というものでもありませんよね。 長期視点の目標と短期視点の目標について …

自分なりの評価基準を持とう。指標を持つために言葉を持つ本・名言・信念。

私たちは、日々の成長をどのような基準ではかればいいのでしょうか? それは誰かに与えられるものではなく、自分で判断していくしかないのだと思います。   スポンサーリンク   目次1 …

自分にとってより良い選択をするために、「感情」をデザインする方法。

「あのときの選択が、自分の人生を変えた」という話を聞くことがあります。 その一方で、毎日のように無数の小さな選択もしています。 私たちの人生は「何を選ぶか?」ということによって成り立っているとも言える …

コミュニケーションの言葉を英語で理解して、対話力の向上に磨きをかける。

・「聞く」と「聴く」 ・「見る」と「観る」 など、同音で似たような意味をもつ言葉。 このような言葉を区別して、英単語の意味から理解しておくことは、コミュニケーション力の向上に有効です。   …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)
・国際コーチ連盟(ICF)正会員

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら