【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コーチング(NLP)、コミュニケーションの習慣 質問する習慣

「会話がはずまない・・・」を解決する。「5W1H」という質問の型を意識してみよう。

投稿日:2018/08/23

Pocket

・初対面の人と何を話せばいいのかわからない

・営業なのに、商談で良いヒアリングができない

といった悩みを持っていませんか?

私は、持っていました。。。

ただ、質問の基本の型を知ることで、コミュニケーションが向上したのです。

 

スポンサーリンク


 

優れたコミュニケーションに不可欠なツール

「良い会話」というものがあるとすれば、そこに欠かせないのは「質問」でしょう。

実際、優れたコミュニケーションをとることができる人には、

・いかにスムーズに質問を活用できているか?

という要素があると思っています。

とはいえ、「質問」というのは、簡単なようで意外と難しいもの。

私自身、「そうはいっても、質問がいまいちうまくいかないなんですよね・・・」と思っていましたので。(^_^;)

しかし、今はコーチとして質問することが仕事になってきているのですよね。

それだけに、効果的なコミュニケーションで質問が果たす役割の大きさを痛感する日々です。

では、どのようなことを意識すればいいのでしょうか?

 

「5W1H」を意識してみよう

ポイントは、

・5W1Hを意識すること

です。

私が質問について学んだときもここからスタートしましたし、質問について尋ねられたときも「5W1H」だとお伝えしています。

「5W1H」といえば、

・いつ(When)

・どこで(Where)

・誰(Who)

・何を(What)

・なぜ(Why)

・どのように(How)

という事ですよね。

私はコーチングを学んでから気づいたのですが、この点を頭に入れて意識していなかったので、質問をするのが苦手だったということに気づきました。

コミニケーションが活性化しない質問と言うのは、相手が「はい」か「いいえ」で終わってしまうような問いかけ。

それを「クローズドクエスチョン」と呼びます。

たとえば、「あなたは人間ですか?」という質問ですね。

これだと、回答する方は「はい」か「いいえ」でしか答えられません。

このようなクローズドクエスチョンで問いかけると、まさに会話が「閉じてしまう」のですね。

そうなってしまわないためにも、「オープンクエスチョン」が重要なのです。

その基本になるものが「5W1H」であり、その質問を意識していただきたいのです。

たとえば、仕事で営業先から商談の機会を得たとします。

そこであなたは自社の製品を販売したいと思っているけれども相手の状況がよくわからないと言う時があると思います。

このような時、何を聞けばいいのかと考える前に、「5W1H」を思い浮かべてみましょう。

・今はどんな製品を使われているのですか?

・いつから使われているのですか?

・なぜ、今のお仕事されてるんですか?

・どこにある会社で製造されているのですか?

・なぜ、その製品にされたのでしょうか?

・どのようなプロセスでの購入だったのでしょうか?

このようにして「5W1H」を意識するだけで、次々に質問が浮かんでくると思います。

ビジネスの場合はここに、

・いくら(How much)

を入れてもいいかもしれませんね。

 

身近な会話から「5W1H」を意識していく

「5W1H」が有効なのは、取引先との交渉の場だけではありません。

例えば、会社で上司から仕事を依頼されたとします。

ざっくりと丸投げされるときもあるでしょう。

そのようなときこそ「5W1H」です。

「どのような仕事なのか?」ということを先に上司に質問しておくことが必要でしょう。

そのような時も「5W1H」を使うことで、整理されると思います。

・いつまでに必要でしょうか?

・何に使われるのでしょうか?

・誰に向けての資料でしょうか?

・どんな体裁でつくればよろしいですか?

・何を盛り込む必要があるでしょうか?

などですね。

また、「5W1H」はビジネスでの初対面の人とのコミニケーションにも活用できます。

・どんなお仕事をされてるんでしょうか?

・いつからこの仕事に関わっているんですか?

・どこにいかれることが多いんでしょうか?

・どんなところが面白いですか?

・なぜこの会社に入社されたのでしょうか?

・社長はどんな方ですか?

といった感じです。

質問の一例を上げてみましたが、話をしながらこのフレームを意識してみるのです。

まずは試しで構いませんので、トレーニングをしてみてはいかがでしょうか。

身近な誰かとのコミニケーションで「5W1H」を意識しながら質問をしてみましょう。

やってみるとわかると思いますが、意外とすんなり質問が浮かんでくることに気づかれると思います。

そして、これは次のステップですが、帰ってきた答えに対して、また「5W1H」で返すことを考えてみましょう。

そうすることで会話のキャッチボールがどんどん続くはずですよ。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、開催を予定していた勉強会をいったん延期させてもらいました、、、(-_-;)

その代わりに、自分がいま集中するべきプロジェクトを進めました。

快くOKしてくれたクライアントさんたちに感謝です。

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

プロフェッショナルコーチ/ブロガー/メルマガ発行者/習慣化の達人/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。クライアントは良習慣の定着によって、独立起業、転職、複業家デビュー、電子書籍出版などを果たしている。さらに詳細なプロフィールはこちら

-コーチング(NLP)、コミュニケーションの習慣, 質問する習慣

執筆者:

関連記事

正解探しのコミュニケーションは不健全。すべての答えはいったん受けとめる価値がある。

「クイズに答えられなかったら有給が取得できない」というニュースを目にして、思わず考え込んでしまいました。 詳細はわからない状態ではありますが、テーマにしたくなったので記事にしました。   ス …

会話での「話し方のテクニック」はどれくらい必要?本音の関係はテクニックよりも内容で勝負しよう。

「話し方のテクニック」のような手法を覚えておくと、何かと便利ではあります。 しかし、テクニックに終始する会話はおもしろくないでしょう。   スポンサーリンク   目次1 話し方のテ …

「徹底して集中する」ことの大切さを学ぶ

目次1 第5ステージ到達2 集中するための質問は?3 集中する環境をととのえる4 あなたのタイプを知ろう 第5ステージ到達 古川武士さんの「減らす習慣」セミナーの学びもついに後半戦。 本日は第5ステー …

コーチングで2倍のゴール達成。コーチと目標を共有するメリット。

コーチをつけていると、目標達成のレベルがあがります。 私は直近のゴールを2倍にすることができました。   スポンサーリンク   目次1 見たくないものを見ないようにしていると、つけ …

マイコーチをつける際に、年齢は重要か?自分よりも若い年齢のコーチをつける理由。

私は、自分より年齢が上のコーチと、自分よりも若いコーチ、どちらも雇った経験があります。 ただ、私の場合は、マイコーチに求める部分が変わったので、つけるコーチを変えただけです。 ニーズが先で、特に年齢は …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)
・国際コーチ連盟(ICF)正会員

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら