【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣

やりたいこと・新しいことが増えてきたら、「やらないことリスト」をつくってみよう。

投稿日:2018/07/27 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

やりたいことや新しいことに取り組むことが多いというのは、とてもすばらしいことだと思っています。

ただ、同時に考えておきたいのは、「やりたいこと」と一緒に「やらないこと」を決めることです。

 

スポンサーリンク

 

やることが多すぎてパンクしそうな状態

私は、「やりたいことや好き・得意なことをやりましょう」ということを言いますし、このブログにもよく書いています。

そのような話をすると、相手(特にまじめな方)は「あれもやりたい」「これもやりたい」と、やるべきことやするべきことを積み上げていくようになるのですよね。(笑)

また、できる能力がある方だと、ある程度のところまで本当にやれてしまうのです。

しかし、その結果、少し時間が経過すると、「やるべきことが多すぎて、パンクしそうです・・・」という感じになります。

せっかく良習慣を見つけて成長していこうとしているのに、「やることが多すぎてパンクしそう状態」になるとストレスを感じます。

たとえば、1日の中で自己投資に活用できる可処分時間が2時間しかないのに、読書・ブログ・ランニングなど、3時間分のタスクを入れようとしてしまうのですね。

はたから見ると、「そりゃあ無理だよね。。。」と思うわけですが、本人はできると思っているし、常に「MAX見積」で時間を計算してしまうのです。

「すべてがうまくいったらできる」という時間見積だと、順調なときはいいのですが、ちょっとイレギュラーが起きると、すぐに破綻してしまいます。

そして、あなたも経験があるかもしれませんが、すべてが順調にいくときのほうが少ないもの。

そうして、寝る前に未完了タスクがいくつも残っており、「こんなはずじゃなかったんだけど・・・」という未完了感を残して1日を終えるわけです。

・・・はい、私のことですね。(苦笑)

 

「やらないことを決める」勇気を持つ

このようなときの解決策は、まず「やらないことを決める」です。

この分野のことはやらない、もしくは自分ではやらない、と決めることですね。

時間管理系の本やセミナーでよく言われていることですから、目新しいことではありませんが、これはi心理的なハードルがあるもの。

人間心理としては、たし算より、ひき算のほうが難しいのです。

ですから、なかなかできない方が多いです(私も同類・・・汗)。

では、やらないことを決めるのは、なぜ大事なのでしょうか?

それをエネルギーの面から見てみましょう。

あなたには、

・やりたいことを2時間続けてやっても何も思わない

けれども、

・苦手なことを1時間やったら、へとへとに疲れてしまった

という経験はないでしょうか?

自分がやるべきではないことをやっていると、エネルギーの消費が激しいです。

体のエネルギーを使わないと苦手なことができないので、燃費が悪いのですね。

また、トライアスロンチーム「ポセイ丼」のキャプテン元帥は、毎日「やらないことリスト」を見る習慣を持っています。

これは、やらないことを決めておかないと自分の軸がぶれてしまうからだそうです。

「これはやらない」という基準がないと、いつの間にか仕事や予定が浸食してきてしまい、自分が大切にしていることを忘れてしまうからだと思います。

この「やらなくてもいいタスクが、大事な予定に浸食されていく状態」は、私ももちろん経験があります。

目の前のやるべきことが多すぎて「あれもやらないと」「これもやらないと」と苦手なことばかりやっているうちに、エネルギーを失って決断力もなくなるのですね。

火事で言えば「消火活動に一生懸麺になる」あまりに、もっと大事な防災活動という予防ができないということです。

すでに出火している状態ですね。(^_^;)

さて、そうなると、もっとも大事な「自分との対話時間」がとれなくなります。

自分と対話する時間がとれないから、大事な価値観が見えなくなってくる。

そうして、自分の軸を見失ってしまうわけですね。

「あの人は軸がぶれない」という人は、大事にする価値観を知っているものですし、その価値観を流されないようにする習慣を持っています。

私は、それに気づいたので、定期的に「ひとり戦略会議」を習慣にして、自己対話に取り組むようにしています。

 

「新しい行動目標」と「やらないこと」のトレードオフ

プロフェッショナルコーチとして仕事をして、クライアントに質問し、行動をサポートしていくときも同様です。

コーチングを受けようとするようなフェーズの方ですから、みなさん優秀でやる気がある人ばかり。

ですから、たいていの場合において、「あれもやりたいです」「これもやりたいです」というポジティブな言葉と態度でのぞんでくれます。

でも、「やるべきこと」が多すぎてしまうと、結局どのようなアクションもうつせない状態におちいってしまうのですね。(^_^;)

当然のことながら、自分の体は1つしかありません。

1日は24時間ですし、エネルギーも有限。

ということは、何かをやろうと思ったら、その分「やめること」を決めて、バッファーなり余白をつくる必要があるのです。

大事なことは、

・「何かに取り組むこと」だけが価値あることではない

ということです。

新たな目標ができたのなら、同時に「何をやめるのか?」を考える必要があるということですね。

これは私がルーキーコーチだったときによく失敗していたのですが、やる気のあるクライアントさんにセッションをしてモチベーションを高めると、新しく取り組むことが増えます。

それは100%悪いわけではなかったのですが、やめるところまで決めていませんでした。

ですから、冒頭の私のように「やるべきことが多すぎて、パンクしそうです・・・」状態をつくってしまっていたのです。。。

ですから、新しい目標を設定したら、その分やめることを決める。

そのほうが、行動にうつしやすいのですね。

やるべきことが減り、やりたいことにエネルギーを集中すれば、成果も出やすくなります。

そこで小さくても達成感や満足感があれば、次のゴールに向けて動くことができるわけです。

ですから、「やらないこと」を発見し、「やりたいこと」「好き・得意なこと」に取り組むためにも、新たな目標を設定したら、「やらないこと」にも視点を向けるように考えてみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、会社終わりで神楽坂のお祭りへ。

「平成進化論」コミュニティーの友人が、お祭りでとんぺい焼の屋台をやっているというFacebookの投稿を見たので、急きょ立ち寄りました。

その足で、継続クライアントさんとのコーチングセッションへ。

・・・と、2日連続で、会社終わりの行動がまったく同じでした。(笑)

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-良習慣

執筆者:

関連記事

自分の「型」をつくればうまくいく。型を成形してPDCAをまわしていこう。

成果をあげる人が持っていて、がんばっても成果がでない人との違いの1つに「型を持っているか、いないか」ということがあると考えています。 良い型をたくさん持っている人は、少ない労力で、高い成果をあげていま …

「習慣にすることをつい忘れてしまう」人にお伝えしたいシンプルな習慣

目次1 ■地元のマラソン大会に出場2 ■冬場のラントレーニングの習慣が一時的に途切れた理由3 ■ラントレーニングが停滞したもう一つの理由4 ■習慣化したいものはとにかく目の届く場所に置いておく4.0. …

「ビジネスモデル・ジェネレーション(BMG)」という図式を利用して「ビジネスの型」を学ぶ

目次1 ■定例勉強会に参加2 ■「ビジネスモデル・ジェネレーション」とは?2.0.1 1.Customer Segments 顧客セグメント 2.Value Propositions 価値提案 3.C …

自分の哲学を磨き続けるために。客観を経てから「自分自身で主観的に」決断する!

  こんにちは、伊藤です。 3エントリに渡って、ディベートの手法を使って早起きについて考えてみました。 本日はまとめです。 【ご参考エントリ】 ディベートの手法に学ぶ!「メリット成立の3つの …

プロコーチが使うクオリティの高い質問とは?

目次1 コーチング公式練習会に参加2 公式デモセッション見学3 問題意識を持てば学びが深まる4 短くシンプルかつ本質的な質問4.0.1 【今日の良習慣】 質問は短くシンプルに。そして本質に切り込むよう …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031