【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

やりたいこと(天職、才能、強み)を見つける習慣 仮説を考える習慣

「これだ!」という仕事を見つけるために。仮説:好きでもない仕事でビジネスがうまくほど、世の中は甘くない

投稿日:2018/10/06

Pocket

・好きなことを仕事にすればうまくいく
・好きなことは仕事にしてはいけない
・好きなことは仕事にしないほうがいい

さまざまな意見がありますが、私は「好きなことを仕事にすればうまくいく」という意見を支持しています。

 

スポンサーリンク


 

「好きなことでビジネスができるほど、世の中は甘くない」は本当か?

「好きなことでビジネスができるほど、世の中は甘くない」

私は実際にきいたことがありますし、言われたこともありました。

本やWebでよく目にする言葉でもありますね。

思えばこの言葉、誰に聞いたのでしょうか?

両親、先生、上司?

はたまたテレビや漫画かもしれません。

この言葉、私もどこかで信じていましたし、どこかで「そうあって欲しい」と思っていたような節があります。

なぜか?

それは、どこかで

・仕事はつらくて苦しいものなのに、好きなことをやってお金を稼ぐなんてずるい

と思っていたからかもしれません。

私の中の信念(ビリーフ)や価値観で、「世の中は公平でなければならない」というものがあります。

もちろん、価値観は公平であるべきと思いつつ、世の中は公平には成り立っていないことはよくわかっています(さすがに40年以上は生きてきたので)。

それでも、幼少期に植え付けられた意識というのは、なかなかはがれないものなのですよね。

 

「好きでもない仕事でビジネスがうまくほど、世の中は甘くない」という仮説

しかし、私は、最近逆に考えるようになってきました。

どういうことかというと、「好きなことでビジネスができるほど、世の中は甘くない」というよりも、

・好きでもない仕事でビジネスがうまくほど、世の中は甘くない

という感じに思えてきたのです。

私の周囲にいる成果を出している人たちに共通することがあります。

それは、「これだ!」という仕事をしているということです。

彼らも、最初から「これだ!」という仕事が見つかっていたわけではないものの、迷いながら行動し、やがてその仕事に出会い、その仕事に時間を忘れて没頭するようになっています。

そして、仕事にも自分にも、自信を持っているのです。

私の例を話すと、最初の就職はテレビ番組の制作会社のアシスタントディレクター(いわゆるAD)。

なんのスキルもなかったというのもありますが、向いていませんでした。(笑)

・スタジオ収録では観覧のお客さまに前説をして笑いをとらなければならない
・芸能人の方の待ち時間が長い
・ロケの時間帯にトラブルがあって収録が押す
・ディレクターのためにタバコや夜食を買いに行かされる

など、常に臨機応変が求められる職場で、自分にコントロール権はなく、イレギュラーの連続でした。

私に合った仕事のスタイル、つまり、安定感があって淡々と着実に仕事を進めていく、というやり方とはまるで正反対。

ディレクターの足をひっぱったことは何度もあります。

自分なりに良かれと思ってやったことは裏目に出ることもあり、努力は実を結びませんでした。

今から考えると、見事に「努力の方向性が違う」という状態。

「本当に俺って使えないわ・・・」と日々、自己批判を繰り返していました。

このように、好きでもなく、得意でもない仕事での努力は苦しく、つらいものです。

やればやるほど自信を無くしていきました。

 

「仕事」に関する私の2つの転機(営業、コーチング)

しかし、転職をしてしばらくして、状況は少しずつ変わっていきました。

仕事の大きな転機はいろいろとありますが、特に大きかったのは、最初の営業職です。

営業になった最初の数年はまったく成果が出なかったものの、ビジネス書に出会い、少しずつ実践するようになってから、急に成果が出るようになりました(と言っても、時間はかかりましたが)。

成果が出るようになると、安定して社内の成績は上位をキープできるようになったのです。

ちょうどその頃は複業にも興味を持ち出していた頃だったので、「会社の仕事で成果を出しから複業に取り組む」という部分はクリアできるようになりました。

その後、コーチングを学び、仕事にしました。

ここが仕事に対するさらなる転機。

コーチングの仕事でも困難なことはたくさんあれど、AD時代のつらさや苦しさとは全く異なったものでした。

それまでの「仕事は、つらく苦しいもの」という価値観が、「仕事は、興味関心や自分の欲求をぶつけられるおもしろいもの」という価値観に変わっていったのです。

コーチングセッションをやればやるほど、心地よい疲労はありつつも、お客さからよろこびの声が増え、自分の成果も増えてきました(まだまだこれからですが)。

正直、「なぜ、もっと早くコーチングにかかわらなかったのか?」と後悔することがあるほどです。

ADをやめる時は勇気が必要でしたが、結局、不得意で嫌な場所でダラダラと働いていたところで、自尊心を保ちながら働くことは難しいもの。

ですから、

・好きでもない仕事でビジネスがうまくほど、世の中は甘くない

と思うようになってきたのです。

 

「これだ!」という仕事は自ら取りに行こう

「これだ!」という仕事は、

・緊張感はありつつも、終わったあとに達成感や充実感を味わえる
・何時間も没頭・没入できる
・自分なりに努力していると、成果が徐々についてくる
・学んでいることが楽しい
・ほかの人たちは自分ほどうまくいっていない人が多い(ように見える)

といった仕事を指します。

また、誰にでも、そのような仕事があると思っています。

仮に今はそのような仕事が思い浮かばないとしても、自分のスキルや強みを組み合わせれば、新しい視点の肩書ができるかもしれないからです。

会社での今の職種が合っていないとすれば、社内で異動希望を出すことはできるでしょう。

会社員から独立する人もたくさんいます。

私のように、複業家という生き方もおすすめです。

そのようにして考えることで、自分に合った仕事や自分に合ったポジションを手に入れましょう。

「自分が活躍する場は、自分で取りに行く」と考えるのです。

転職ということも視野に入れてもいいのかもしれません。

やがて、自分が得意な仕事やポジションで働けるようになれば、あなたは自尊心を満たしながら、疲れ知らずで働けるのです。

そうすれば、自信も成果もついてくるはずです。

そのようにして、自分がもっとも輝く仕事を、自ら取りにいきましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、朝4時30分から継続クライアントさんとのコーチングセッションでした。

ビジョン実現に向けたアクションと行動習慣の仕分けをおこないました。

毎日振り返りをする習慣を持っているクライアントさんなので、毎日理想に近づいていかれることと思います。

あとは着実に習慣を積み重ねていくだけなので、しっかりサポートさせていただきます。

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-やりたいこと(天職、才能、強み)を見つける習慣, 仮説を考える習慣

執筆者:

関連記事

自分が達成してきたことを覚えているか?達成した目標のリストは自分の勇気づけにも活用できる。

目標を言語化することは、ゴールに向かっていくために大事です。 それと同時に、達成してきたゴールを再確認することにも役立つものです。   スポンサーリンク   目次1 「やりたいこと …

自分の価値観はどのようにしてつくられたのか?「過去の体験ベスト10」を思い出してみよう。

自分はどのような価値観を持ち、どのようなことに熱中するものなのか。 それを知るためのカギは、過去のインパクトある体験を思い出すことです。   スポンサーリンク   目次1 自分の内 …

「やりたいことはお金につながるわけじゃないからやっても意味がない」は本当か?

「やりたいこと」をやっていても、それが仕事につながることはないかもしれません。 しかし、今すぐお金に変わらなくても、やりたいことやライフワークを継続していくことが天職につながるタネになると考えています …

自分の好きな活動を見分けるためにはどうすればいいのか?

自分が好きな活動を見つけるためには、どうすればいいのでしょうか? あなたは、ご自身で理解されていますか?   スポンサーリンク   目次1 「自分欲求の活動」を知りたいときはどうす …

自分のテーマを見つけるヒント。2つの世界を行き来することでテーマに気づく。

「自分のテーマ」は、自分の内側と外の世界のどちらにあるのでしょうか。 私の考えは、両方の世界をくり返し行き来することで見つかると思っています。   スポンサーリンク   目次1 「 …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら