【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

早起きの習慣

夏の夜のエアコンは善か悪か?快適で質の良い睡眠をとるために快適な環境を整えよう。

投稿日:

Pocket

「暑くて寝苦しい夜に、エアコンをつけるかどうか?」

あなたは悩んだことがあるでしょうか?

その質問に対する私の意見を記事にします。

7aff1b7f8340a34120ea88c627356079_s

 

スポンサーリンク

 

エアコンをつけっぱなしで寝てはいけないのか?

早起きに関する質問で、

・夏の夜は暑くて寝苦しい
・暑くて夜中に目が覚めてしまう
・そうなると寝不足になり、翌日の仕事に支障をきたしている
・しかし、エアコンをつけっぱなしにして寝るのはお金がかかる
・エアコンは体によくないと聞いたことがある
・みなさんはどうしていますか?

というものがありました。

たしかにこの質問、私も考えたことがあります。

また、早起きセミナー等ではありませんが、会社の先輩が「エアコンをつけて寝るのは体に悪いから」と言って、エアコンをつけていないのという話も思い出しました。

そこで、真夏の夜にエアコンをつけて寝ることの是非を調べてみました。

 

室温をキープしつつ、ふとんの中を最適な温度にたもつためにエアコンをつける

結論からいうと、私はエアコンをつけて寝ることをおすすめします。

なぜなら、質の良い睡眠をとるためには、室温をキープすることが重要だからです。

今回、私がいくつかの書籍を調べたところ、寝室の快適な温度は「27〜29℃」が理想的だという本がもっとも多かったです。

ただ、夏はどうしても室温が高くなってしまいますよね。

そのように考えると、27〜29℃に室温をキープするためにはエアコンが必要になってくるでしょう。

もう1つ理由があって、質の良い睡眠をとるためには「ふとんの温度が33℃前後になることがのぞましい」ということなのです。

ふとんを33℃前後にするためには、室温がそれよりも涼しくないといけません。

そのためには、やはり室温が27〜29℃になっていなくてはならないのですね。

エアコンがよくないのは、体に直に風があたることなので、風をあてないように角度を調整しておけば大丈夫でしょう。

 

体温を下げて眠りをさそう環境を整えよう

人間は眠るとき、体温が1℃くらい下がります。

では、どのようにして体温を下げているのかご存じでしょうか?

実は、体温が下がる理由は、冷たい血液が身体中を流れることによって起きているからです。

そのために、大切な役割を果たしているのが「手足」です。

手足は基本的には外に出ている部分ですよね。

そのため、温度の変化をうけやすい。

手足で冷ました血液を体に送り込んで、体温を下げています。

この循環を起こすことによって人は体温が下がって眠気をもよおし、眠くなるのです。

上記の2点、つまり、

・質の良い睡眠をとるために室温を27〜29℃に保つこと
・手足から血液を下げることで眠りやすくすること

という環境を快適な睡眠に利用しましょう。

質の良い睡眠をとるためにも、睡眠環境をととのえることが大切ですね。

そのためにも、エアコンをつけて寝ることがおすすめなのです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、結婚記念日のお祝いでした。

妻の希望で、家族4人でおすしを食べに行きました。

帰ってきて家族4人で映画を見てだんらん。

サプライズパーティーや派手なパーティーではありませんでしたが(笑)、充実した時間となりました。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ/国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)/早起きコンサルタント/ビジネス書作家/「良習慣の力!」ブログ管理人/「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者 /セミナー講師/習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/「習慣化の智慧」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員(営業)など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。これまでサポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。さらに詳しいプロフィールはこちら

-早起きの習慣

執筆者:

関連記事

夫婦関係が劇的に改善!行動を公開して、夢や目標を共有する習慣。

「夫婦関係が変わったな〜(良いほうに)」と実感する出来事がありました。 先日、妻とお互いのスケジュール確認をしていたら、妻から「そのセミナーは参加しなくても良いんじゃない?」と言われました。 今までの …

早起きは王様クラスの良習慣。未来に希望をつくり出すことができる唯一の習慣。

早起きの習慣は、「多数の習慣の中でも、王様クラスの習慣」だという表現を目にしました。 この表現に、強く共感いたします。   スポンサーリンク   目次1 早起きは多数の習慣の中でも …

早起きできないまま10年が過ぎたら、あなたにどのような未来が待っていますか?

1月に16回目の早起きセミナーが無事に終了いたしましたので、2月の早起きセミナー開催を決めました。 【第17回】朝2時間の自由時間を生み出す! 早起き習慣化セミナー 2016年2月10日 &#8211 …

キング牧師の名言にインスパイア。「早起き習慣化」の階段をのぼるために、すごろくをつくる。

アメリカの牧師、マーティン・ルーサー・キング・ジュニアの名言に、 “最初の一歩を踏み出しなさい。 階段全体を見る必要はない。 ただ、最初の一段を登りなさい。” という言葉があります。 早起き習慣化も、 …

早起き自己採点は20点。。。まるで早起きができなかった時期から習慣化した後のギャップを考える。

「あの頃は、あんなこともぜんぜんできなかったんだよな、、、」 ふり返ってみると、そんなふうに思えることはありませんか? ギャップが大きいほど、克服した喜びは大きかったのではないでしょうか? &nbsp …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。