【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

ダイエットの習慣

連休明けにダイエットを決意しているあなたへ。もうリバウンドしないために、質問で自分を客観視してみよう。

投稿日:

Pocket

ダイエットの習慣にトライしているときは、意識したほうがいいとされるポイントはたくさんあります。

ただ、最近の私が重要視していることが1つあって、「質問によって自分を客観視すること」です。

 


■スポンサーリンク

 

大型連休をつらぬいた1つの行為

昨日、下記の記事を書きました。

充実した休日(大型連休)をすごすための10のポイント。

「休日を充実させるための10の理由」は確かに重要。

再現するために、今後も活用する指標になると思います。

ただ、記事を書き終えたとき、私の心の中に、もの足りなさが残っていることに気づきました。

その理由は何なのか?

さらに深く考えてみました。

そこで1つ、昨日の記事に書いていなかったけれど、大事なことに気づいたのです。

それは、「休日を充実させるための10の理由」を実行するプロセスに、

・10の理由をつらぬく1つのコンセプトがあった

ということでした。

それは何かといえば、

・自分に質問し続けたこと

だったのです。

 


 

【お知らせ】

・2019年5月17日 早起き習慣化セミナー【NEW】
http://www.ryoushuukan.com/early-rising-habituation-seminar/

・パーソナルコーチングのお申込み
http://www.ryoushuukan.com/coachng_application/


 

連休前に恐れていたダイエットのリバウンド

じつは、今回の大型連休に入る前、不安をかかえていることが1つだけありました。

ただ、連休中だったので、「まあ、できなくても仕方がないかな・・・」と思っていたことです。

それが、

・ダイエットの習慣

だったのですね。

 

「習慣化の学校」の運動・ダイエット部の存在

いま、私は「習慣化の学校」の部活で、「運動・ダイエット部」に入部中なのです(当ブログの熱心な読者の方なら記憶にあるかもしれません・笑)。

3月のフルマラソンが終わってから本格的にスタート。

こつこつやり続けて、最大3.8kg減まできました。

停滞しつつ、行きつ戻りつ、なんとかという感じです。

「一喜一憂しないのがダイエット」と言いつつ、良いときだけよろこんでいます(笑)。

あと2キロ落ちれば、目標体重に到達。

当然、食べすぎてしまった日もあります。

そのとき、翌日は1日2食をはさみつつ、軽い運動をすることや歩くことで調整してきました。

それが大型連休に入り、リバウンドしてしまうことになれば、せっかく減ってきた体重が、「連休が終わったあと、体重が急激に増えてたら、自己嫌悪だな、、、」となる不安視していたのですね。

それは私にとって、けっこう怖いことです。

 

仲間をサポートする立場

しかも、私は「習慣化の学校」のメンバーのみなさんをサポートする立場でもあります。

応援することはもちろん、ときには、メンバーを鼓舞したり、叱咤激励することも必要です(プレイングマネジャーみたいなイメージでしょうか)。

それなのに、「連休が終わったら、体重がスタート時に戻ってしまってました〜ははは」・・・となるわけにはいきません(笑)。

 

体重計にのってみた結果

「不安が的中してしまったらどうしようかな、、、」と思いつつ、連休明けに体重計にのりました。

すると今回、何と連休前より体重・体脂肪ともに減っていたのです。

「おっ!」という感じで、うれしかったのですよね。

自分でも驚きの結果だったからです。

大型連休に限っていえば、体重が減ったというのは、人生初かもしれません。

ダイエットの習慣中だったので、毎日体重計には乗っていたものの、連休中は体重が増加傾向にあったからです。

 


■スポンサーリンク

 

質問は自分を客観視してくれる効果がある

では、今回の成果は、なぜ起きたのでしょうか?

さらに分析してみました。

今回、セルフマネジメントという点でいえば、もっとも有効だったのは、

・自分を客観視する質問をしたこと

だと思っています。

 

本能に流されると主観的になる

空腹で「食べたい!」というときの自分は、どうしても目の前のものしか見えていません。

主観的になり、自分に集中している状態です。

ですから、本能からくる欲求に負けてしまうわけです。

そのようなとき、味方になってくれるのが、「質問」なのですね。

具体的には、

・今の自分は、主体的だろうか?

という質問をしていました。

主体的。

大事ですよね。

 

体重がその人の主体性を表現する

自分に対して主体性がないと、どうなるでしょうか。

心理学の研究によると、その人に主体性があるかないか。

それは、

・その人の体重を見れば判断できる

のだそうです。

これをセミナーで聞いたとき、私はドキッとしました。

そのときは、ベルトがきつかったので。(^_^;)

たしかに、自分に対して主体的でなければ、ごはんをたくさん食べようと思うでしょう。

自分に対して主体的でなければ、「大盛り無料」だったら「じゃ、大盛りで」とオーダーするでしょう。

自分に対して主体的でなければ、好きなだけお酒を飲んでしまうでしょう。

自己規律がなくなるわけですから。

そうなってしまったら、待っているものは連休明けの自己嫌悪。

そこで、歯止めをかけるために、

・今の自分は、主体的だろうか?

と質問して、自分を客観視してみることです。

すると、つい食べたくなる瞬間に、「いや、待てよ。今ここで食べる自分を誇らしく思えるだろうか?」と気がつくわけですね。

そこで、「いかんいかん、主体的に生きないと」と思えればいいのです。

 

主体的に生きる=セルフマネジメントできている

・今の自分は、主体的だろうか?

という質問、ぜひ日常生活で活用してみましょう。

あなたが誘惑にかられそうになったときに、「今の自分は、主体的だろうか?」と頭の中で自問するだけです。

自分に主体的になれば、暴飲暴食はなくなりますから。

もちろん、100%を求めて、完ぺきに何かを断ち切らなくて大丈夫。

私も、おいしいものをたくさん食べました。

これからもがまんするだけの食事は絶対に嫌です。

それでも、この質問のおかけで、大崩れはしませんでした。

それが、連休明けの体重減につながったのだと確信しています。

・今の自分は、主体的だろうか?

この質問を唱え続ければ、半年後、1年後には、ダイエットに成功しているでしょう。

私も、現在自分の体を使って実験中です(笑)。

「主体的」が気に入らなければ、ほかには、

・いま食べてしまう自分を、好きになれるだろうか?

・目の前のごはんをがっついてしまう自分を、誇らしく思えるだろうか?

といった質問でもいいかもしれませんね。

もしも、あなたが体重が気になっているのなら、私と一緒に唱えてみましょう。

 


 

【お知らせ】

・2019年5月17日 早起き習慣化セミナー【NEW】
http://www.ryoushuukan.com/early-rising-habituation-seminar/

・パーソナルコーチングのお申込み
http://www.ryoushuukan.com/coachng_application/

 


 

■編集後記

昨日は、会社終わりでセミナーに参加。

とてもいい内容のセミナーでした。

受講中のワークで、最近、妻への感謝が不足していることを自覚(汗)。

ハーゲンダッツを買って帰り、日頃の感謝も伝えました(笑)。

そういえば、そのセミナーを聞いているときに、ふと、新しいセミナーのアイデアがふってきました。

実現すれば、体験型のいい感じのセミナーになるかも、と。

構想を練ってみようと思います。

 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


■スポンサーリンク

-ダイエットの習慣

執筆者:

関連記事

習慣化は平常心でスタートしよう。でこぼこのモチベーションでは続かない理由。

習慣化が続くか、続かないのか、そのポイントは「平常心」にあるのではないか、という仮説にたどり着きました。 そこに至ったプロセスを記事にします。   スポンサーリンク   目次1 学 …

ダイエットの習慣に取りくまなければならない状況なので、2年ぶりに再トライします!

6月4日の柴又ウルトラマラソンが近づいています。 ランのトレーニングは時間を確保しつつ、こつこつやっています。 それなのに、困ったことが出てきました。 それは・・・体重が増えてきていることです。。。( …

1ヶ月半で5キロのダイエットに成功!実践した7つのポイントを振り返ります!

  ダイエット習慣を継続しています。 1ヶ月半で5キロやせることができました!     目次1 ストレスフリーのダイエットメソッド2 ダイエット継続中に気づいた7つのポイ …

「今年の健康診断は楽しみだな〜」と言えるか。健康は無料ではなく投資の視点が必要。

昨日は会社の健康診断。 ダイエット効果があり、体重とウエスト計測で「やせましたね」と言われました。(^_^) 健康診断の日を楽しみにできる生活を目指しています。   スポンサーリンク &nb …

「1日2食」生活は可能か?「1日2食」 をはじめた理由と1ヶ月の実践結果。

「1日2食」の生活にトライしています。 1ヶ月実践してみたので、経過と結果を記事にしました。   スポンサーリンク   目次1 ダイエットをイベントにしてはいけない2 「1日3食」 …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら