【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

気づき

「なぜかうまくいかない」悩み。そのようなときは「セルフイメージ」を疑ってみませんか?

投稿日:2018/08/20 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

目標を達成すること、習慣化すること、夢を実現すること。

それらのゴールは、「セルフイメージ」に大きく関わっているものです。

 

スポンサーリンク

 

長年の目標をクリアした後の世界の変化

昨日、お会いした友人のNさんが話していたことが興味深いものでした。

Nさんはトライアスリート。

ただ、私と同様(Nさん、一緒にしてすみません・笑)にスイムが苦手です。

ランニングはされていたようですが、スイムほぼゼロからのスタートだったそうです。

しかし、スイムスクールに入会して、毎週の練習を欠かさずに通っていました。

結果、トライアスロンのロング3,800メートルのスイムを泳ぎ切ることができるようになったのです(これまでに3度、完泳されています)。

最初は25メートルもまとも泳げず、白戸太朗さんの「200メートル泳げれば1,500メートルは泳げる」という言葉を信じ、トライアスロンにチャレンジしたということでした。

200メートル泳ぐのがやっとだったNさんが、3,800メートルを泳ぎ切ったあと、何が変わったのか。

昨日、私と話していた時に言っていたことは、「3,800メートルを泳ぎ切ったのはすごく達成感ありました。」

そのあとが興味深かったのは、

・レース後、次のスイムスクールの練習場に行ったとき、それまでと景色が違って見えたんです

ということだったのです。

これは私もとても共感するところなのですよね。

私も5年かけて初めてトライアスロンのオリンピックディスタンスを完走しました。

完走できたとき、よろこびは大きいもので、世界が変わるような達成感があったのです。

ただ、外側の世界はまったく変わっていません。

平凡な男性が51.5キロメートルを完走しただけですから。

しかし、私の内側から見える景色は、「完走前」と「完走後」とでは、まったく違ったものに見えました。

そのような気持ちになるのは人生で何度もありません。

そして、これこそが、ゴールを達成した後に得られる「セルフイメージの向上」です。

 

新幹線のグリーン車にのる自分を許可できるか

セルフイメージに関する、以前の私の例です。

半年通ったビジネス講座で運良く成果が出た私は、仙台まで交流会に参加させていただけることとなりました。

移動は新幹線。

私の「やってみたいこと」の欲求には、

・新幹線のグリーン車にのって快適な移動を楽しむ

というリストがありました。

特急などのグリーン車には乗車したことがありましたが、新幹線のグリーン車はなかったのですね。

もちろん、自由席でも大丈夫なので普段は贅沢をしていません。(笑)

ただ、「新幹線のグリーン車を選択肢に入れられる自分になりたい」という気持があったのは確かです。

これまで、新幹線のグリーン車に乗ったことはありませんでした。

往路の新幹線は平日だったので、受付の方から「プラス1,000円でグリーン車に乗ることができるますが、どうされますか?」という提案がありました。

このとき、私自身のセルフイメージが低かったり、やってみたいことリストに「新幹線のグリーン車にのって快適な移動を楽しむ」がなかったら、「いえいえ、私なんぞ自由席で大丈夫です」と答えていたと思います。

ただ、プラス1,000円でやりたいことが叶うなら安いものだと思いました。

それで、グリーン車を選択したのですね。

そのようにして、「新幹線のグリーン車にのって快適な移動を楽しむ」が実現しました。

小さな「やりたいこと」ですが、こういったを小さいけれども確かな幸せ」は、人生を潤わせてくれるものなのです(少なくとも私には)。

もしもこれが自慢話のように聞こえてしまったら本意ではないのですが、これは「お金がある・お金がない」ということではない、ということをお伝えしたいです。

1,000円であれば、このブログを読まれる方なら簡単に出せる金額ですよね。(^_^)

でも、「新幹線のグリーン車に乗っている自分を許可」できるセルフイメージを持っていなかったら、この1,000円さえためらってしまうものなのです。

金額の大小ではないということですね。

 

夢を叶えられるセルフイメージを築きあげる

セルフイメージというのは、個人に限定されるわけでもありません。

たとえば、我が家の家族4人で移動するとします。

娘が小学生なので都内の都バスで移動するとしたら、730円(=大人210円×3、子ども100円×1)です。

リーズナブルですから、当然のようにバスで移動することを選択しています。

それが、私たち家族のセルフイメージに合っているからです。

しかし、バスを待つ時間や移動中の快適さを考えれば、タクシーを使うという選択肢もあるはずですよね。

それなのに、日常的に私たちはタクシーを使うことがほとんどないので、「家族で移動するときはバス」というセルフイメージになっているわけです。

でも、近場だったら、値段にしてみれば大した違いはありません。

それでも、私が「タクシーに乗るのは贅沢だ」という思い込みがあると、タクシーを使うことを無意識のうちに避けてしまうのです。

今はタクシーの初乗りは410円。

そう考えると、タクシーのほうが経済的かつ快適だということとなります。

バスで移動している我が家は最適解を選んでいない可能性が高まるのですね。

それなのに、バスでの移動から抜け出せない。

理由は、

・我が家はお金がかからないように公共のバスを使う

というセルフイメージが定着してしまっているからです。

それくらい、セルフイメージというのは行動に影響もたらすわけですね。

これが、私の新幹線のグリーン車と同じ原理です。

・新幹線のグリーン車のお金を出せるか出せないか?

・タクシーで移動することを選択するかしないか?

という選択でさえないのです。

それは全部イメージの問題なのですね。

これを経済力の問題にすり替えてしまうと問題は深刻になりますし、その分複雑になって解決が難しくなります。

無意識のうちに自分の「影響の輪」の外側の責任にして、問題をすり替えてしまっているからです。

ですから、大事なのは、

・あなたは自分の望みを叶えるのにふさわしい自分である

というセルフイメージを持つことです。

・グリーン車にのる自分を許可する

・タクシーに乗る自分を許可する

それと同じように、目標を達成するにふさわしい自分を意識していきましょう。

まずそこにイメージを持ち上げていき、自分自身が「目標を叶えられるに足り得る自分である」という許可を出すことが先決なのです。

もしも、あなたの夢が叶いづらいとしたら、そもそものセルフイメージの設定がうまくいっていない可能性があるかもしれません。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

午前中にコーチングセッションを2件。

午後は、大阪から東京のセミナーに参加していた一級建築士の友人から、「せっかくなので、
一緒にトレーニングしませんか?」という誘いがあったので、待ち合わせして一緒にスイムトレーニングへ。

私は1,000メートルを目指して泳ぎました。

「あー、終わった!」と泳ぎ終わったところで、友人から「伊藤さん、こうすればもっと速くなりますよ」と言われ、さらに50メートルを追加。。。(笑)

終了後、HUBで一緒にビールを飲みながら近況報告。

お互いの人生ののびしろを信じて、エールを送り合いました。(^_^)

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-気づき

執筆者:

関連記事

対立軸が大きければ大きいほど、人生というストーリーが魅力的になる。

  こんにちは、伊藤です。 つい先日、鮒谷道場生の同期であるFさんと食事をしました。 話をしている中で、久しぶりに思い出したことがありました。     目次1 自分のキャ …

師匠のタイプは自分の特性にあったタイプの師匠を選ぼう。

師匠を持つことは、より良い人生を送るうえで必須のことだと考えています。 それと同じくらい「誰を師匠にするのか」ということも大事なことです。   スポンサーリンク   目次1 早起き …

努力できる環境に感謝する

■イケダハヤトさんの記事に衝撃   イケダハヤトさんが書かれた二つの記事を読みました。   ※ご参考 ■10月12日付け 「努力できる」あなたは、とっても恵まれているんですよ ■1 …

「築地銀だこ鉄板道場」で「銀だこ」のたこ焼きをつくる。セルフたこ焼きと豊かな人生に共通する3つのこと。

あなたは「銀だこ」のたこ焼き、好きですか? 私は、あの外側がカリッとしていて、中身がふわっとしている感じ、好きなのですよね。 その「銀だこ」のたこ焼きを、自分でつくることができるのです。   …

知らない世界に出会う贅沢。「新しい何か」は何もしない非日常に勝る。

「アイデアは移動距離に比例する」という高城剛さんの名言があります。 私も共感する言葉ですが、なぜ高城さんの言葉に共感するのか? その裏側を考えてみました。   スポンサーリンク   …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930