【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣

最近、緊張していますか?心を鍛えるために、あえて緊張感を取りに行く。

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

あなたの日常には、どれくらい「緊張感」がありますか?

緊張しすぎるのはメンタルに良くないかもしれませんが、あまりに緊張感がないというのも問題かもしれません。

 

スポンサーリンク

 

コミュニケーションに不慣れだと「緊張」する

こういうことを書くと「いやいや、嘘でしょ」と言われることがあるのですが、、、それは、私が、

・内気で
・人見知り

だということです。

私がそういうと、たいていの人に、

「いや、だって営業マンでしょ?」
「コーチングって対人援助職でしょ?」
「セミナー講師として人前に出てるでしょ?」

と言われるのですね。

たしかに、仕事を通して、コミュニケーション能力を鍛えられた部分は多いです。

研究するあまりに、以前よりもブログにもコミュニケーションの記事は多くなっています。

実際、コーチングも、セミナーも、営業も、話さないと成果をあげることは難しいでしょう。

ただ、そのような活動をしているからといって、必ずしも

・外向的で
・社交的な人

というわけではないですよね。

無口な営業マンでも数字をあげている人はいますから。

ただ、コミュニケーションというのは、慣れないと緊張するものなのですよね。

 

自分をよどませないために「緊張する」

これらの活動は緊張するものの、私はコミュニケーションと通じて、心を鍛えているとも考えています。

体の筋トレと同じように、心の筋トレも、充実した人生には必要だと思っているからです。

緊張感のない生活というのは、私たちを堕落させ、退化させるように思います。

たとえば、自分がやりたいことや目標という概念がなかったら、努力も生まれないでしょう。

それに努力やがんばりがなかったら、心が震えるような感動というのも減少するはずです。

実際、筋肉は使っていないと弱くなります。

これは、心にも同じことが言えるのですね。

映画や音楽などで感性を磨いておかないと、喜怒哀楽を感じにくくなってしまうのです。

さて、あなたは、日々の暮らしの中で、緊張するシーンがどれくらいあるでしょうか。

もし「緊張感なんて、最近味わってないな・・・」という答えだとしたら、ちょっと危険かもしれません。

ゆるみきっているとしたら、将来まずいことになるのではないでしょうか。

「緊張感がない生活」というのは、一見、居心地がいいものです。

安心・安全ですからね。

しかし、ずっとその生活を続けてしまったら、どうなるか。

私たちはよどんでしまうのではないでしょうか。

水でさえ、長い時間放置しておくと、よどんできますよね。

よどまないための防御策は、私は、

・緊張感を味わうこと

だと思うのです。

 

自ら「緊張感」をとりにいくようにしてみよう

私の場合は、コーチングセッションは緊張する場面です。

今は日常的にコーチングセッションをおこなっていますが、実は、ここで、緊張を感じているのですね。

これまでにおこなってきたセッション回数は、おかげさまで500回を超えました。

しかし、それでもセッションの前は緊張します。

たまに、「突然、キャンセルにならないかな・・・」という考えが頭をよぎることもあります。(^_^;)

ただ、同時に、このように日常にやってくる「緊張感」は、自分に負荷を与えてくれるものであり、大事なものだとも思っているのです。

緊張を感じるときというのは、頭や体が私たちに「ここが勝負どころだよ」と教えてくれているのだと思うからです。

歌手の和田アキ子さんは、あれほどのベテラン歌手でも、本番前は緊張していると言われます。

その気持、とてもよくわかるのですよね。

実際のところ、「緊張している」という状態は、私たちが対象に向けて本気でのぞんでいるという証拠でもあります。

もしも、「どうでもいいや」と思っているとすれば、緊張しないからです。

ですから、緊張がやってきたら、それを敵対視するのではなく、「これをクリアすれば、また成長できる!」と思うようにしましょう。

緊張しながら向かっていくハードルは、1回目は本当に大変なものです。

それでも、何度も向き合い、何度かクリアしていくうちに、必ず慣れるタイミングがやってきます。

緊張がゼロになることはないかもしれませんが、慣れていくことは必ずできるはずです。

緊張を乗り越える数が多ければ多いほど、やがて新しいフェーズに移行していく。

このくり返しによって、私たちの緊張に対する耐性がついて、タフになってくるのですね。

そのようにして、私はコミュニケーヨンにおいて、少しタフになったと思っています。

ですから、あなたの日常にも、緊張を経験するような機会をつくりにいってみてはどうでしょうか。

毎日のルーティンをこなしているだけでは突破できないような、緊張感のある世界に。

たとえば、

・勉強会の講師役を自ら申し出る
・会議のファシリテーション役を買って出る
・会ってみたいと思う人にメールをしてみる

など、緊張するシーンは自分が少し勇気を出せば、いくらでもつくり出せるはずです。

何でもいいので、ぜひトライしてみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、会社の仕事に追われながらも、なんとか切り抜けて退社。

妻の体調が万全ではなかったので、ひとり戦略会議は延期して帰宅しました。

その分、妻とドラマ「SUITS(スーツ)」と、映画「鑑定士と顔のない依頼人」を鑑賞できました。

「東京ラブストーリー」とはまったく違った観点のドラマですが、織田裕二さんと鈴木保奈美さんの2ショット、やっぱりいいですね。(^_^)

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-良習慣

執筆者:

関連記事

職場への不平不満をクセにしないために、「愚痴・陰口は一切言わない」ことをマイルールにしてしまうこと。

自分が置かれている環境に、不平不満を言いたくなることはありますか? そのようなマイナスオーラの言葉の起点になると、あまり良いことはありませんので、いっそのこと言わないことをマイルールにしてしまいましょ …

MYセルフトークを持ち、最善主義へ移行する!

目次1 最善主義への具体的な行動とは?2 最善主義への3大アクション3 恐怖に打ち勝つセルフトーク4 著名人もセルフトークを持っている4.0.1 【今日の良習慣】 自分の心の恐怖に打ち勝つセルフトーク …

「5年日記」のフォーマットにうってつけ!「4行日記」を始めてみます!

  以前のエントリに書いた「5年日記」への挑戦。 今のところ、それほど苦しまずに続いていて良い感じです!     目次1 習慣の3つのカテゴリー2 マンネリを脱する方法3 …

「スキマ時間のタスクリスト」をつくろう!

■待ち時間を投資にする   日常生活を送っていると、待ち時間やスキマ時間が発生しますよね。     たとえば、先日は家族と夕食を外で食べるときにわたしが先にお店につきまし …

成功習慣8つ目は「自分の価値観・求めているものを知る」です!

目次1 8つ目の成功習慣は?2 自分の価値観を知ることは重要3 面倒くさがらずに自分に向き合う4 何をすれば良いのか?4.1 日記をつける4.2 神聖な「自分とデートする夜」を決める4.3 自分史を書 …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031