【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コーチング・NLP モチベーション

夢や大きなやりたいことのような長期的なプロジェクトでモチベーションを切らさずに続ける方法。

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

夢や大きなやりたいことだと、どうしても長期的なプロジェクトになりますよね。

どのようにすればモチベーションをキープして、なるべく遅延をおこさずに前進できるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

つまづいたときは自分の成功パターンを探る

先日、コーチングセッションをしていたクライアントさんが、「やろうとしているし、気持の上ではやりたい」でも、なかなか行動まで結びつかないんです」という相談を受けました。

これは、私も共感ポイントです。(笑)

さて、このようなとき、私はクライアントさんの成功体験を聞くようにしています。

「以前、うまくいったときはどうしていたんですか?」といった質問ですね。

人には誰でも、うまくいくパターンというものがあるもの。

そのパターンを使わない手はありませんよね。

ただ、あくまで経験上ですが、たいていの場合、その人がうまくいっているパターンというのは言語化されていません。(^_^;)

これはいま書いていてもけっこう不思議なことなのですが、わりによくあるのです(もちろん私も、、、)。

そのときセッションをしていたクライアントさんは、「やはり人と約束をして、締め切りがあるとうまくいきます。資格試験や仕事はいい結果を出してきていますし、ラストスパートで猛チャージできるタイプなので」と答えてくれました。

こうなれば、あとは方法論です。

私たちはプロジェクトを進めるための段取りをプロセスに区切り、それぞれに締め切りを設けていくようにしました。

コーチとしては、そのプロセスを一緒に伴走することが役割になるのですね。

次に大事なことは、「1週間ごとに締め切りをつけたタスクをつくり、コーチに毎週報告してもらう」という約束をすることにしました。

こうすれば、たとえ100%ではなくても、1週間のうちに少しずつプロジェクトが進みます。

ゴールは半年後にあるものの、そのゴールは人にとっては遠すぎると感じるもの。

それを、1週間単位のマイルスートンにして、約束を刻んでいくわけです。

 

未来の不確実なメリットよりも、「今すぐ」の確実なメリットが大事に見える

私たちは、「今すぐ」手に入るものに魅力を感じたり、反対に不安を覚えたりする一方で、将来のメリット・デメリットをないがしろにしがちです。

この傾向はたいていの人が持っているものなので、、「自分は意志が弱い」と自分を責める必要はありません。

これは、早起き習慣化の難しさを説明する際に、私がよく話すのは「選考の逆転」という考え方です。

たとえば、早起きを決意して見事に成功する日があったとしますよね。

その日は早起きしたので自由な時間ができ、さらにやりたいことに時間を投資できて、その波及効果によって1日を気分よくすごすことができたとします。

「やっぱり早起きはいいわ〜」と心からメリットを味わいます。

そして、当然のごとく「明日も早起きするぞ!」と決意するのですね。

しかし、ちょっとだけ寝るのが遅くなってしまってふとんに入り、翌朝になってみるとどうなっていると思いまか・・・?

はい、、、待っているのは二度寝です。(笑)

早起きをして自己投資をし、健康になれるのはたしかに魅力的です。

頭では早起きしたほうがいいことは理解しているし、早起きに成功してメリットを実際に得ています。

その時は本気で「明日も早起きしよう」と思っているのです。

しかし、早起きの成果が本当の意味であらわれるのは、頭で考えるより遠い未来。

自分がイメージしていた成果にたどり着くまでの時間が長ければ長いほど、将来得られるメリットは現在価値から差し引かれてしまうのですね。

仮に、わかりやすくお金のメリットで考えてみましょう。

「早起きを続けたら、30年後に100万円貯まります」と言われても、正直なところ、あまりピンときませんよね?

一方で、目覚めのときに「仕事かと思ったら今日は休みでした。今すぐ二度寝をしてお昼までたっぷり寝ていいですよ。あなたは普段、すごくがんばっているんだから・・・」という誘惑があるとします。

これは、差し引かれることがありません。

何といっても「すぐに得られるメリット」だからです。

このようにして、

・遠い未来のあいまいな成果

と、

・今すぐ二度寝できる快楽のメリット

を天秤にかけると、「つい二度寝してしまう」という行動が発生してしまうのですね。

特に今の季節は、ふとんから出るのはつらいのですからね。。。(笑)

 

有言実行という報酬を自分に与えよう

コーチングのゴールや習慣化、または仕事のプロジェクトについても、同じようなことがいえます。

長期的なプロジェクトになるのであれば、ステークホルダー(利害関係者)にマメに連絡することを習慣にしていきましょう。

単純な約束ではなく、仕事のような締め切りのように設定するのです。

先のクライアントさんであれば、「毎週月曜日の朝9時までに、マイコーチ週間アクションシートを送ってフィードバックをもらう」ということにするのです。

それを守らなければ、人との約束を破ることとになりますよね。

人は、自分との約束はかんたんに破れますが、ほかの人との約束は守ろうとするもの。

とくに、自分からお金を支払っているマイコーチであれば、さらに「良い意味でのプレッシャー」になるのです。

そのような人との約束を破るのは、嫌なものですよね。

実際、私はこの方法で数々の目標を達成しています。(笑)

このような「破ったあとのデメリットが即座に理解できるような約束」をして、ようやく人は重い腰をあげて行動することができるのです。

あと、このときは、特別なごほうびは不要です。

なぜなら、約束を守って実行するというその行為そのものが、相手との約束を守る報酬になり、さらに「自分が宣言したことを実行できた」という自己肯定感を得られることが、自分にとっての報酬になるからです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、夜に継続クライアントさんとのコーチングセッション。

いつの間にか忘れてしまっていた過去の体験を思い出していただき、自分の欲求を探るセッションでした。

このスタイルのセッションは、同時に私も過去のことが思い出され、不思議なシンクロや当時の熱い気持がよみがえってくるので楽しいです。(^_^)

【募集中】
2月20日 19:30〜21:30 これで習慣化できる!「良習慣の見つけ方&続け方」セミナー 〜今の自分に本当に必要な習慣を発見しよう〜

2月23日 19:30〜21:30 毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!
https://55auto.biz/ryoushuukan/touroku/entryform3.htm;;




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-コーチング・NLP, モチベーション

執筆者:

関連記事

コーチングで2倍のゴール達成。コーチと目標を共有するメリット。

コーチをつけていると、目標達成のレベルがあがります。 私は直近のゴールを2倍にすることができました。   スポンサーリンク   目次1 見たくないものを見ないようにしていると、つけ …

自分でつくり出した「恐怖」の壁をとり払う3つの打開策。

あなたの今年の目標の達成率はどれくらいでしたか? 私はクリアできた目標も多かったのですが、未達のものもありました。 未達の原因の多くは、自分がつくりだした「恐怖」です。 打開策を考えてみました。 &n …

ゴールに向かうための「数値目標」+「得たい感情」にリアリティーを持たせる3つの方法。

ゴールを目指すためには、数値目標だけではなかなか人は動けません。 やればいいことは、頭ではわかっているけれども、行動に転化できないのです。 ですから、「人の感情」というパワーを使っていきましょう。 & …

肩書は必要?自分の名前だけで「あなたにお願いしたい」と言われる究極のスタイルを目指す。

今年の大きな目標のうちの1つを達成いたしました。 コーチとして新たなフェーズに入ったことで、改めて「肩書」について考えてみました。   スポンサーリンク   目次1 【祝!】「GC …

どちらの道を選べば良いのか迷うときに。NLP「タイムライン」で決断を後押しできる。

「現状のダラダラ生活を続けたら、、、いったいどうなってしまうんだろう・・・?」 そんなふうに考えていても、なかなか生活リズムを変えるのは大変ですよね。 それは、「理想の1日を過ごし続けた10年後の状態 …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031