【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

早起き

朝時間の活用法を変える。あえてイレギュラーを取り入れてパフォーマンスを上げよう。

投稿日:2018/09/29 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

毎日の定形パターンの中にイレギュラーを取り入れることで脳は活性化します。

朝時間にあえてイレギュラーを取り入れることも考えてみましょう。

 

スポンサーリンク

 

朝の運動が日中の活動を効率化する

毎週1回、早朝にトライアスロンのスイムスクールに通っています。

練習の日は、早起きをして、会社に行く前に1時間くらいみっちりと泳いでから出社しているのですね。

今週、会社の仕事をしていて、ふと気づいたことがありました。

それは、朝トレーニングをしてから出社すると、仕事の効率があがっているということです。

先のばしにしていたタスクが、スムーズに片づいていったのですね。

その理由を考えると、

・早起きすることでエンジンスタートが早い
・朝日のセロトニンを浴びている
・時間的な余裕ができる
・朝食を食べるので脳へのエネルギーが補給されている
・運動をすることで頭も体も活性化している

ということでしょうね。

会社に到着した時点で、脳がすでに活発になっていたのです。

 

体に刻み込まれた生体リズム

私たち人間の持つ体内リズムは、

・朝起きる
・日中に活動する
・夜は寝る

というパターンです。

朝日が上ったら目を覚まし、太陽が沈んだら眠りにつく。

これが、太古から繰り返されている人間の生活リズムなのですよね。

しかし、現代は、長時間残業や夜までやっているテレビ、インターネットやスマホの影響で、どうしても夜の活動時間が長くなりがちです。

それでも、この時代になったのはここ数十年のことであり、歴史と言えるほどの時間はたっていません。

ですから、やはり朝に活動する時間を持ってくるほうが、人間が本来持っているリズムに体を合わせることになるのだと思うのです。

それに、朝に活動すると良いことがあり、脳が活性化するということがあります。

その理由は、いつもとは異なった風景を見るからなのですね。

私が早起きして早朝出社をするようになったとき、いつもとは違った景色が見えた不思議さを覚えています。

少し早起きして街に出てみるだけで、目に入ってくるものが違うことに気づくと、普段いかに同じものしか見ていないのか、ということわかります。

マンネリ化した行動というのは、脳に刺激を与えられなくなってくるんですね。

ルーティンに刺激を与えるのは、脳にもいい影響があります。

 

朝時間を自分を成長する時間に変えていこう

もしもあなたが同僚に差をつけたいと思っているとしたら、私は朝時間の活用をおすすめいたします。

出社前に確保する時間を、まずは15分、その次は30分、できれば1時間くらいを目標にしてみましょう。

早朝出社してもいいですし、自己投資の時間にしてもいいですし、複業の時間にしてもいいです。

将来につながる活動に投資することができます。

朝時間を活用できるようになると、今まで気にしていなった部分に気づくことがあるのです。

たとえば、朝早く出社すると、そうじに入ってくれている清掃会社の方にあいさつすることができました。

また、総務の女性の先輩が自分のデスクを拭いてくれている姿を見かけることもあったのです。

すると、「この方たちのおかげで、気持よく仕事ができているんだな」と感じることができました。

そのようなことに気づくだけでも、自分が進歩したことになると思うのですよね。

毎週のスイムも、週に一度のイレギュラーを味わうことで、脳に良い影響を与えてくれると思っています。

会社に関していえば、早朝出社キャラができてくると、定時退社で早めに帰ることも許されるようになるものです。

そのようにして、残業を減らして、できるだけ自分の時間をつくり、自己投資の時間にあてていきましょう。

そのような、ほんの少しの行動を積み重ねるだけで、自分が望む結果を残せるようになるものなのです。

そのためにも、朝時間を活用する生き方を考えてみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、マーケティング塾のグループコンサルティングに参加。

ビジネスコースよりもレベルの高い話ばかりで、自分の不勉強さにショックを受けました。。。

でも、そういう時間も、成長には大事なんですよね。

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-早起き

執筆者:

関連記事

熟睡するために、寝る前にふとんで読書(スマホ)をやってはいけない理由。

先日のセッションで、「早く寝たいのですが、寝つきが良くないんです。」という相談を受けました。 私の直感がはたらき、あるポイントををたずねたところどんぴしゃで、以前の私が失敗と同じような状況だったのです …

「明日から5時起きする!」という目標設定だけでは、早起きが達成できない理由。

「目標を紙に書くと実現する」というのは、確かな成功法則だと思います。 ただ、アプローチは間違っていないのですが、それだけだと早起きはなかなかできるようになりません。 その対策を考えてみました。 &nb …

池田知恵さんの名言。“早起きを続ける最大のコツは「何のために早起きをするのか」という目的意識を明確にすることです。”

早起きを続ける最大のコツは「何のために早起きをするのか」という目的意識を明確にすることです。 早起きのつらさを上回るメリットが自分の中で明確になっていれば、結構長続きするものです。 (池田千恵さん) …

「行動化」が難しい早起き。どのようにコントールの主導権を握るのか?

早起きが難しい理由の1つに、「行動化」を明確にするということがあります。 打開策を考えつつ、コントロールできる部分に集中することが大切です。   スポンサーリンク   目次1 習慣 …

「早起きができる人は、仕事もできるはず」というぼくの仮説。

  こんにちは、伊藤です。 本日は定例の習慣化セミナーに参加しました。     目次1 早起きする理由は何か?2 朝型人間と夜型人間はどっちが寝ている?3 早く寝るために …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31