【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

早起きの習慣

入眠時間へのプライオリティーをあげて早起きを習慣化させる!1日のはじまりを入眠時間から考えてみよう。【早起きの習慣】

投稿日:2015/03/15

Pocket

 

こんにちは、伊藤です。

本日、早起き習慣定着プログラムをご受講中のクライアントさんから、ぼくの早起きに対する新たな考え方を教えていただきました。

それは、

「1日のはじまりを入眠からスタートすると考えてみる」

という視点です。

 

clock-334117_640

 

早く起きるために入眠を大事にする

確かに、早起きを習慣化するためには、起きる時間に焦点をあてるという視点は欠かせません。

早い時間に起きることができなければ、早起きとは言えませんので当然のこと。

「5時に起きる」と決めたら、5時に起きてこその早起きです。

しかし、ぼくは

・「早起きの技術」セミナーでご受講者さんにも、

・コーチングをベースにした「早起き習慣定着プログラム」のクライアントさんにも、

「とにかく、寝る時間を守ることに焦点をあてましょう」

と口すっぱく(それこそ口ぐせのように・笑)お伝えしています。

そのために、早く寝るための工夫やアドバイスを行っています。

つまり、早起きするためのファーストステップを

「早く寝ること」

に置いているわけです。

 

「起きる時間 = 1日のスタート」という概念を疑う

そのようなアドバイスから、本日セッションしたクライアントさんが考えられた仮説があります。

それは、

「それほど入眠が重要なのであれば、1日のスタートを入眠から考えるのはどうでしょうか?」

という仮説。

ぼくが古川武士さんに習ったこと、つまり「寝る時間にフォーカスを当てること」という考えかたを起点にするとすれば、実にしっくりくる考えかたです。

1日のスタートを、

▼夜12時からではなく、

▼起きた時間でもなく、

▼入眠の時間からスタートする、

と考えてみるのです。

クライアントさんは、

・1週間のスタートを月曜日としている人がいる

・ただ、日曜日スタートとする考えかたもある

・どちらでもその人の考えかたの自由だと思う

と、おっしゃっていました。

そこから、

【1日のはじまりを入眠からスタートすると考えてみる】

というのはどうでしょうか、というアイディアが出てきたわけです。

クライアントさんにしてみれば、ぼくがあまりにも入眠時間を意識してもらうように言うので、

「そんなに入眠、入眠って言うなら、むしろ前提条件を変えてやる!」

ということだったのかもしれません。(笑)

いや、それにしても

・目からウロコ

・パラダイムの変化

とはこのようなこと。

クライアントさんに非常に新鮮な考えかたを教えていただきました。

(Iさん、ありがとうございます!)

 

早起きが定着しない方こそ早寝を起点にしてみる

早起きはあくまで「結果」なので、早起きするための「原因」をつくるべきです。

ですから、早起きするために、早く寝ることが重要。

これが鉄則です。

実際、努力しなくても早起きできる「ネイティヴ早起き二スト」たちは、たいてい早寝です。

その考えかた自体を変えるつもりはありませんが、1日のスタートを入眠に持ってくるというのは試してみる価値はあります。

そのように考えれば、寝る時間を守ることに対するプライオリティーが上がりますよね。

気分的に二度寝してしまったあとのダメージも軽減できそうですし。(笑)

早寝を起点にして良い流れをつくることができれば、早起きもできますし、早起きができれば1日はうまくまわっていきます。

そのようなわけで、早寝ができない方、早起きが定着しない方は、

「入眠時間を1日のスタートとして考えてみる」

ことをお勧めしたいのです。

 

良習慣によって自らがなり得る最高の自分になる!

チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

 

【今日の早起き良習慣】
1日のはじまりを入眠からスタートすると考えてみる。

そのようにして、早寝のプライオリティーをあげる。

 

お問い合わせ・ご感想・激励(笑)は下記まで!( ↓ )

お問い合わせ

 

現在、

▼「早起き習慣化3ヶ月プログラム」

▼「100人コーチング」

を募集中です!

コーチングにご興味がある方はぜひお問い合わせくださいませ!

コーチングで成長したい方、目標を達成したい方へ

 

【良習慣】の力! 〜習慣道への挑戦!〜 登録・解除
選択して下さい 登録 解除
メールアドレス
お名前
メモ






 

銀座コーチングスクール GCS認定コーチ

【無料メールセミナーのお知らせ】
==================================================
一週間で、あなたもコーチの仲間入り!
全6回の無料メールセミナーを配信中!
http://www.ginza-coach.com/coaching/m_seminar.html
==================================================

 


-早起きの習慣

執筆者:

関連記事

良習慣が続かない人、悪習慣をやめたい人におすすめ。「痛み」を感じる宣言文を書いてみよう。

良習慣が身につかず、悪習慣ばかりが増えていく。 そんな現状を抜け出すために、宣言文を書いてみることをおすすめします。   目次1 早起きできずに二度寝をくり返していた頃の悩み2 実例:早起き …

習慣化の成功のために重要なのは「テクニック系」ではなく「マインド系」から考えること。

習慣化に成功しないとき、「スキルが足りない」と思ってしまう人は多いものです。 しかし、うまくいかないとき、本当はスキルではなく「感情」に要因があることが多いものです。   スポンサーリンク …

起床後の1時間があなたの人生を決める。朝のゴールデンタイムの価値を高める方法

「朝起きてからの1時間、あなたが何をしているのかによってあなたの人生が決まる」 そう言われたら、どんな気持ちになりますか?   目次1 10年前の私の朝時間の使い方2 現在の私の朝時間の使い …

健康的な早起きを続けるために。6時間睡眠がとれない日は、短い昼寝を組み合わせよう。

人によって適正な睡眠時間は異なります。 ただ、たいていの方には、6時間以上の睡眠時間の確保をおすすめしています。   スポンサーリンク   目次1 午前1時から3時は確実に寝る2 …

早起きの裏技!?多用は厳禁の3つの早起きテクニック

「早起きに裏技はないのかです?」と聞かれることがあります。 そこで、あくまでも「多用は厳禁」というおことわりを入れた上で、「早起きの裏技」をご紹介いたします。     目次1 早起 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。