【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣を身につける習慣

続けるために大事なのは、「しなければならない(must)」「するべきだ(should)」を手放すこと。

投稿日:

Pocket

あなたには、「やりたい行動のはずなのに続かない」というお悩みがありますか?

もしかすると、その思考は「しなければならない(must)」「するべきだ(should)」になっていないでしょうか?

 

スポンサーリンク


 

習慣は「好きか嫌いかで決まる」で決まる

習慣化に取り組む人たちを毎日観察して、サポートして、フィードバックをしています。

毎日のSNS上のやりとりを含めれば、30人から40人くらいの方の習慣化を目にしています。

それは、個人でコーチングしているクライアントさんであったり、習慣化コミュニティーでがんばっているクライアントさんたちであったり、友人たちのとり組みであったり、家庭内であったりします。

すべてが興味関心の対象であり、研究対象であり、周囲の人たちが「もっとより好ましい自分になるためにはどうすればいいんだろう?」と考えます。

そのような毎日をすごしていて、1つ見えてくるのは、

・脳の仕組みは、とてもシンプルだ

ということです。

習慣が続くのか、それとも続かないのか。

それは、つまるところ、「好きか嫌いかで決まる」ように思うからです。

「それを言ったらおしまいじゃないか」くらいにシンプルなことなのですが、本当にそうなのだから仕方がありません(笑)。

ですから、「やろうとしていることが続かないんです・・・」という場合には、ぜひあなたの感情に尋ねてみましょう。

その行動を、

・「やりたい!」のか?

・「本当は、やりたくない、、、」のか?

ということを。

その感情こそ、継続するためにとても大事な要素なのです。

 

「しなければならない(must)」と「するべきだ(should)」のストレス

「やりたい!」と思えれば、脳が「快」を感じで続けられます。

「本当は、やりたくない、、、」と思えば、脳が「痛み」を感じて避けようとします。

これがシンプルな流れです。

だからこそ、何度も何度も、「好きか嫌いかで決まる」とお伝えしているのです。

私たちは、ついつい

・しなければならない(must)

・するべきだ(should)

という思考にとらわれます。

・走ると決めたら、30分は走らなければならない

・日記を書くなら、毎日1ページ書かなければならない

・ダイエット中は、甘いものをさけるべきだ

こんな風に、mustとshouldにとらわれます。

ただ、これこそが挫折の原因です。

あなたは、誰かに、

・あなたは、毎日ランニングしなければならない(must)

・あなたは、毎日ランニングするべきだ(should)

と言われ続けたら、どんな気持がするでしょうか?

たとえ運動することが「正しい行動」であったとしても、何となく嫌な感じがしますよね。

つらい部活の練習のように。

このような言葉を、1日中自分に投げかけているとしたら、どうでしょうか?

すごくストレスを感じると思います。

そうなると、何が起こるか。

もしもランニングだったら、走ることを嫌いになってしまうかもしれません。

何しろ、私は学生時代にマラソンが苦手だったのは、「みんなで一緒に全力で走らなければならない」と思い込んでいたからです。

しかし、それは思い込みでした。

大人になって、マイペースでジョギングをしたら、驚くほど快適だったからです。

まさか、ウルトラマラソンまで走るとは思いませんでしたが、結果的に達成感を味わいたいと思うレベルまでつながりましたが(笑)。

話しを戻して、もしも日記にストレスを感じれば、日記帳を見たくなくなるでしょう。

もしもダイエットにストレスを感じれば、ある日、暴飲暴食をしてしまうかもしれません。

せっかく良習慣を身につけようとしているのに、そのような結果になるのはもったいないですよね。

その原因は、

・しなければならない(must)

・するべきだ(should)

なのです。

 

4つの観点から得られる資産を考えてみよう

では、

・しなければならない(must)

・するべきだ(should)

から離れるためにはどうすればいいのでしょうか?

それは、もうシンプル。

「なりたい自分」を描くことです。

「なりたい自分」を描くことができれば、ランニングにしろ、日記にしろ、ダイエットにしろ、どのような行動であっても「意味づけ」が変わります。

1つひとつの行動をとることが、「なりたい自分」に近づくことになるわけですから、

・しなければならない(must)

・するべきだ(should)

は減少していくはずなのです。

そのためにも、前提として「自分はこうなりたい」という理想や目標がなければなりません。

その思いが強ければ強いほど、行動を続けることができるようになるからです。

「なりたい自分」を描くポイントは、「未来に得られるもの」を具体的に考えてみることです。

まず、自分の視点から描けば、

(1)自分が得られる有形の資産

(2)自分が得られる無形の資産

ということ。

ここを具体的にすることです。

それだけでもいいのですが、さらに大事な人の視点からも描いてみるのはおすすめで、

(3)自分が成果を出すことで大事な人(たち)と共有できる有形の資産

(4)自分が成果を出すことで大事な人(たち)と共有できる無形の資産

ということです。

原田隆史さんのメソッドでは、「目的:目標の4観点」と言われますが、これらのイメージを具体的に描くことができれば、その分だけ「なりたい自分」への思いは高まるはずです。

そのようにして、思いが深くなり、行動を継続していく。

このプロセスこそが、まさに「習慣形成」なのですね。

ぜひとも、あなたがつらい習慣化に向き合っているなら、

・しなければならない(must)

・するべきだ(should)

から離れて、「なりたい自分」を描いていきましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、会社終わりで書く仕事に集中。

いい「SQT(第2領域の時間)」をとすごせました。

寒すぎたのでランニングはやめておいて、、、音声学習をしながら帰宅しました。

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-良習慣を身につける習慣

執筆者:

関連記事

フルマラソンのスタートとゴールのように、あなたの目標にも始点と終点をつくりましょう!

  こんにちは、伊藤です。 せっかく立派な目標を立てたのに、 「いつも計画倒れに終わってしまう」 という方に、ぜひ実践していただきたいワークをご紹介いたします!     …

大切な人に貢献するために自分ができることは何でしょうか?

目次1 ■「嫌われる勇気」出版記念セミナーに参加2 ■日常生活への応用3 ■3点の明快な回答4 ■大切な人に役に立つために自分ができることは?4.0.1 【今日の質問】 最近、大切な人から相談を受けた …

なぜ、「悪習慣」は、やめられないのか?目の前の誘惑に負けないためのおすすめの質問。

良習慣にせよ、悪習慣にせよ、誰にでも続けているものはあるでしょう。 1日を良習慣で満たすためにも、悪習慣を追放したいものです。   スポンサーリンク   目次1 なぜ、「悪習慣」は …

「現状を変えるためにリスクをとる!」そのために必要な気持とは?

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 今日は「危機感」について書きます。     目次1 個人成長の3つの要素2 できれば危 …

旅行でわかる人生の価値観。自分を知り、大切なものを大切にするために旅行してみよう。

「本当に旅は人生と似ているのだ」というのは、沢木耕太郎さんの「深夜特急」に出てくる名言です。 私もまさに同意で、小旅行に行くだけで、旅と人生の共通点を感じました。   スポンサーリンク &n …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら