【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣

夜型人間から朝型人間に変わるプロセスをたどる。プロブロガー立花岳志さんはいかにして4時30分起きになったのか?

投稿日:2015/05/10 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

clouds-429228_640

超夜型から朝型に変わったプロブロガーの立花岳志さんはどのように早起きを習慣化したのでしょうか?

 

 

いかにして人は夜型から朝型に変わるのか?

立花さんが早起きを習慣化するための記事を読みました。

45歳プロブロガーのAM4:30早起き術。好きなことだけで飯を食っていくための3つの方法 | 日刊キャリアトレック

私が「早起きしている人」に興味を持つのは、「夜型だった人が、いかに早起きをして、どのように朝型に変化していったのか?」という部分です。

生まれつき早起きの人(私は「ネイティブ早起きニスト」と読んでいます・笑)の早起きにはあまり興味がありません。。。
私を含め、早起きするのは大変で難しいと思っている人には参考にならないからです。

たとえば、英語のネイティブは流暢に英語を話しますよね。
しかし、英語のネイティブがみんな英語を教えられるかといえば、そんなことはありません。

むしろ、「自分でも意識していないうちに話せるようになった」ので、なぜ自分が英語を話せるのか説明できる人の方が少ないわけです。

それよりは、生粋の日本人が留学しないで英語を話せるようになったプロセスの方が知りたいですよね?
なぜなら、そこに至るまでの工夫や考え方を真似れば、自分も英語が話せるようになるかもしれないからです。

うまくやるためには、うまくいっている人のやり方を学び、真似てみることが成長の近道です。
それは、早起き習慣化にも通じます。

ですから、私は「どうしても早起きできなかった人」であったり、「超夜型だった人」であった人が、早起きできるようになるプロセスに興味があります。
そのような夜型の人たちがうまくいったやり方を抽出して抽象化することが、私の興味の対象だからです。

そのような意味で、超夜型だったという立花さんが、いかにして早起きになったのか、という今回の記事は、私にとって非常に興味深いものでした。

 

立花さんから学ぶ「早起き体質を作る3つの方法」

記事で紹介されていた立花さんの早起きのコツに、私から解説を加えてご紹介いたしますね。

1. 「定時退社キャラ」を確立する

AL004-ripnrht20140722500-thumb-815xauto-5337

定時退社するキャラを確立してしまえば、『あの人は定時で帰る人』と認識される。今日中に頼まれるような仕事は、『明日の朝まででいいですか?』と断って、朝早めに出社してこなせば問題ありません

 

仕事の進め方や人間関係でもそうですが、自分が生きやすくなる秘訣は、「あの人はああいう人だから」と思ってもらえるようになることです。

「あの人は早起きだから、二次会はほとんど参加しない」
「あの人は急に誘っても飲み会には来ない」
「あの人は今日は定時退社する日だ」

そんな風に思ってもらえるまでマイルールを守り通すと、いつしか周囲の人が自分を「そういう人」として扱ってくれるようになります。
また、不思議なことですが、周囲がそのように捉えてくれるようになると、自分のセルフイメージも定着したキャラにひっぱられていくのです。

ただ、それまでに確立していたキャラを急に変えるのですから、負担が多いことも確かです。
実行するときは家族や友人、仲の良い同僚くらいには意図を伝えておくことをお勧めいたします。

 

2. いきなり5時起きは無理!1ヶ月で30分ずつ早める

time-488112_640

「いざ早起きをしよう」とはりきって失敗する人にありがちなのが、今までの生活リズムを考えずに、いきなり起床時間を2~3時間早めてしまうこと。

 

まさに、昨日の「早起きの技術セミナー」でもお伝えしました。
早起きに失敗する人が陥りがちなパターンのうちの1つです。

人間は、「今までと同じ」ことを求めるのが本能です。
それなのに、その原則を無視して急な変化を求めても脳も身体もついれこれません。

いきなり理想を追い求めるのではなく、ベビーステップで30分くらいずつ早めていく方が結果的に成功率が高まるのです。

 

3. 朝時間を自分の好きなことに活用する

hand-710663_640

とにかく自分が好きなこと、やりたかったことをするために早起きをしましょう。

 

これは、本当に重要です。

また昨日開催した「早起きの技術」セミナーのことですが、「早起きの目的設定」ワークに多くの時間を投資しています。
なぜなら、人は目的があれば、放っておいても行動できるからです。
ですから、早起きしたいのならば、早起きをして何をやりたいのかを明確にすれば良いのです。

ただ、1人で考えていると、それはなかなか難しいことでもあったりします。
ですから、セミナーでは質問形式にしたり、ワークショップ形式での課題を通して、早起きの目的を考えていただくのです。

たとえば、「あなたが心から憧れている芸能人の異性が、朝4時に駅であなたのことを待っている」としたら、誰がとめてもあなたは早起きしますよね?(笑)
それは、目的が明確であり、早起きを達成したあとのメリットが大きいからです。

立花さんは、そのプロセスを「好きなこと、やりたかったこと」と表現しているのですね。

 

まとめ

いかがでしたか?

立花さんから学ぶ早起き習慣化3つのコツである

▼1. 「定時退社キャラ」を確立する

▼2. いきなり5時起きは無理!1ヶ月で30分ずつ早める

▼3. 朝時間を自分の好きなことに活用する

は、あなたの早起きチャレンジに役立ちそうでしょうか?

早起きコンサルタントとしてのお勧めは、3つ目の「朝、好きなことをやること」です。

・読書が好きだったら、夜まで読むのをやめて早起きして読書する。
・SNSが好きだったら、夜に読まずに、朝早く起きて読む。
・ブログを書きたいなら、早起きしてブログを書く。

時間に制限を設ける方が、生産性が高まります。
朝は制限時間が自然にできますから、効率化となるのです。

あなたが早起きして取り組みたいことは何ですか?

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

【編集後記】

日曜日は母の日でしたね。
私は、家族で外食して、お好み焼きともんじゃ焼きを楽しく食べました。

子どもたちが妻にあげる花束を買いましたが、お代は私が払うんですよね、、、毎年。(笑)

私の母親は、遠方に住んでいるので花束を贈りました。
夕方、母からお礼の電話がありました。

「奥さんに、いつも息子の代わりに花束を贈ってくれてありがとうって伝えておいてね。」

って、、、
私が贈っていなかったことは簡単にばれていたようです。(笑)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

-良習慣

執筆者:

関連記事

質問によって「飢え」をつくり出し、英気を養う。

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 昨日の記事で書いた通り、池田貴将さんご自身が行っている年末年始のワークをご紹介いたしますね!   …

つき合う人を変えることも大事だけれど、友人と一緒にステージを変える方法もある。

「つき合う人が変わると人生が変わる」というのは確かです。 ただし、つき合う人を変えなくても、お互いにステージを変え続けることは可能です。   スポンサーリンク   目次1 早起きし …

自分の哲学を磨き続けるために。客観を経てから「自分自身で主観的に」決断する!

  こんにちは、伊藤です。 3エントリに渡って、ディベートの手法を使って早起きについて考えてみました。 本日はまとめです。 【ご参考エントリ】 ディベートの手法に学ぶ!「メリット成立の3つの …

あなたはどんな風に会話をはじめる?「話が広がる話題の切り口」を覚えましょう!

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 引き続き、先月ぼくが受講した習慣化コンサルタントの古川武士さんの 【話し下手を変えたいあなたへ  「自信を …

「願望達成をイメージする、言葉に出す。」その効果と理由は?

目次1 1つ目の成功習慣、その続き2 どんな効果がある?3 その理由は何?3.1 コミットメントの法則3.2 認知的不協和理論3.3 文字情報の影響力4 五感で願望を感じることが重要4.0.1 【今日 …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031