【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

気づきの習慣

「現象」と「構造」を意識する

投稿日:2013/11/02

Pocket

■マラソン大会終了!

131102

今日は妻と初めて一緒にマラソン大会に出ました!

おかげさまで、二人とも見事に完走しましたー!

・・・といっても、地元の5kmランですが(笑)。

わたしにとっては、5kmというのは日常的で身近な距離ですが、マラソンビギナーの妻には初体験です。

 

初めての距離を完走した妻にも言ったのですが、初めての距離を走る前の自分と、走り終わった後の自分というのは、文字どおり「前後」です。

つまり、昨日までの自分とは明らかに違うのです。

「昨日までできなかったことが、今日できるようになる」

これこそが成長であり、進化だといえるでしょう。

 

■速いランナーも限界にチャレンジしているという事実

 

今日、マラソンをしていて気づいたことがあります。

今大会のコースは5km、10km、20kmがあります。

5kmは片道2.5kmを折り返すコース。

10kmは2周回、20kmは4周回する、という形でした。

わたちたちはマイペースで走っていたので、速いランナーのスピードと雰囲気を間近に感じることができました。

 

そこで、分かったこと。

それは、速いランナーも息を荒くして、一生懸命に走っているということです。

わたしは以前、速いランナーというのはもともと体力があって脚力もあるので、8〜9割くらいのパワーで走っていると思っていました。

しかし、マラソンをするようになり、フルマラソンを2時間30分で走るエリートランナーに尋ねたところ、意外な答えがかえったきたことを思いました。

「まったくゆとりなんてありません。ずっと心臓が破裂しそうなくらい苦しいですよ!(笑)」

考えてみれば当たり前ですが、それもそうですよね。(汗)

 

高音をうまく使っているミュージシャンの平井堅さんも、あるインタビューで話されたいました。

「簡単にあんな高音が出ていいよね、って軽く言われるんですけど、僕は精一杯がんばって高音を出しているんですよ!(笑)」

実際、わたしも平井堅さんは簡単に高音を出していると思っていたので、意外な答えだと感じました。

 

■物事には「外側の現象」と「内側の構造」がある

やはり、外から現象だけをみてイメージすることと、実際に行動している人との感覚の乖離(かいり)が存在するのですよね。

これは、運動に限らず、ビジネスの世界から生き方、はたらき方といったところで派、規模が大きくなればなるほど、外側の内側の見分け方が難しくなってくるものです。

 

例えば、住宅ローンの無料相談会をやっている銀行は、一見親切に見えますが、その後ろには自行で住宅ローンを借りてもらい、金利で収入を得たいと考えているのです。

 

わたしの師匠である鮒谷周史さんもおしゃっていた言葉です。

 

【外側の現象だけをみるのではなく、内側の構造を見抜くこと】

 

非常に大切な考え方ですので、ぜひ取り入れてみてくださいませ!

 

 

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ/国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)/早起きコンサルタント/ビジネス書作家/「良習慣の力!」ブログ管理人/「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者 /セミナー講師/習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/「習慣化の智慧」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員(営業)など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。これまでサポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。さらに詳しいプロフィールはこちら

-気づきの習慣

執筆者:

関連記事

効率化できるもの、効率化できないこと。考えていたら違う結論に至りました。

目次1 効率化できること、できないこと2 テレビ番組制作での体験3 他業種は?4 択一思考の落とし穴 効率化できること、できないこと 「8つの成功習慣」の話題が続いたので、今回はちょっと休憩で雑感を。 …

「ひとり社長」と「会社員」。不安が大きいのはどちらか?

前回と前々回に引き続き、ひとり社長のイベントから学んだことを記事にいたします。 ※ご参考 8/2イベント「雇われない生き方、雇わない生き方」。「ひとりビジネス」という生き方の選択 前々回の記事では井ノ …

「最高の一手」を得るための考察

■娘の保育園行事に参加   娘が通う保育園の行事に参加をしました。 呼称は「大きくなった会」ということで、4~6歳児が、それぞれ学芸会のような見せ物を発表してくれました。   親た …

自己管理のコツは、「自分しかいない!」と思うこと

■当たり前のことに気づきました(汗)   セミナーを開催すると決心したのちに、当たり前のことに気づきました。   それは、 セミナーの当日、その場所でその時間に講師を務めるのは、わ …

柴又100Kウルトラマラソン惨敗(後編):チャレンジして失敗することは悔しい。しかしそれ以上に得るものは多い。

目次1 柴又100kmマラソン反省記の続き2 成果を出す人の習慣3 準備不足は自分だけ?4 当たり前を腑に落とす 柴又100kmマラソン反省記の続き 昨日に続いて柴又100kmマラソンでの気づきです。 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。