【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣

充実した人生のつくり方とは?「肯定感を持つ」ことで自信を育て、「充実した1日」を実現する。

投稿日:2018/10/05 更新日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

自分に自信をつけて「充実した人生」をすごすためにはどうすればいいのでしょうか?

私のおすすめは「1歩ずつ階段を上っていく」、そうして「自己肯定感を育てていく」です。

 

スポンサーリンク

 

自身を育てるための4つの行動サイクル

自分の行動に自信を持つ。

そのために大事なことは、次の4つの行動サイクルをまわしていくことが基本だと考えています。

4つの行動サイクルとは、

(1)計画する
(2)行動する
(3)結果を確認する
(4)肯定感を持つ

です。

この4つのサイクルが繰り返されることによって、自信がついてくるのだと思っていますし、私自身そのようにして小さな自信を育ててきました(今もその最中です)。

いわゆる「PDCAサイクル」に近いのですが、私は、この4つのサイクルは、必ずしも「(1)計画する」からスタートしなければダメだとは思っていません。

どこからスタートしてもOKなのではないかということですね。

たとえば、「(2)行動する」からスタートする「DCAP」もいいですよね。

また、今まで自分がやってきたことを振り返って「(3)結果を確認する」からはじめてもいいでしょう。

その中で、私がポイントにしているのと、いわゆるPDCAと少し異なるのは、「(4)肯定感を持つ」です。

自分がやってきたことを否定しない。

むしろそこからスタートする。

「大丈夫。きっとうまくいく」と自分に言い聞かせて、プラスの思い込みをつくりこむ。

あなたが変わるためのポイントは思考。「良い思い込み」で自分をつくり変えていこう。

そうして、自分の「ありたい姿」に日々少しずつ近づいている感覚を持つ。

そのようにして「(4)肯定感を持つ」を大事にしていっていただきたいのです。

 

「充実した毎日」は「充実した1日」の積み重ね

少し具体的に考えてみましょう。

以前、私がサポートしているコーチングのクライアントさんから「充実した1日をすごしたい」というご相談がありました。

「充実した1日」、これは理想ですよね。

その方は組織の中でもいいポジションにいますし、能力があることはもちろん、情熱もありますし、「自分の人生を変えていく」という強い意気込みがあります。

ですから、コーチングにも申し込まれたのでしょうし、私から見ても、その方はたくさん行動しているのです。

その方自身は「自分はまだまだ」と言ってはいるのですが、周囲の人に比べてアクションを起こしているのですね。

このまま続けていけば、試行錯誤はあれども、いい方向に行くはずだとわかります。

それなのに、ご本人は「なぜうまくいかないのか」と感じてしまっているのです。

このまま感情が払拭されないと、せっかく努力してきているのに、挫折してしまう可能性もあります。

ですから、補う部分があるとすれば、「(4)肯定感を持つ」ことなのではないかと感じたわけです。

そこで、コーチングセッションの中で相談し、「1日に実行したい小さなアクションを10個やってみましょう」ということになりました。

・早起きする
・仕事に関する読書をする
・帰宅したら家族とハグする

など、大事に感じている価値観にあった行動を10個リスト化して、実行していただくことにしたのです。

これが、

(1)計画する

ですね。

そうして、実行しながら1日を過ごすせば、

(2)行動する

となり、1日の終わり、10個のリストを見て

(3)結果を確認する

までを行なう。

そうして、1日の振り返りとして結果を確認して、

(4)肯定感を持つ

わけです。

最後、コーチである私に結果を報告していただき、4つのサイクルが完了。

もちろん、クライアントさんは、見事に10個、すべてクリアしてくださいました。

自分が意図したアクションプランを、意図をもって行動していく。

そうして、1日の終りに充実感を持って眠りにつく。

これが「充実した1日」を実現し、その繰り返しが「充実した毎日」を形づくっていくわけです。

 

あなたのサイクルに「(4)肯定感を持つ」は抜けていないか

「自分に自信が持てません」という人の多くは、意外と、

(1)計画する
(2)行動する
(3)結果を確認する
(4)肯定感を持つ

という4つのサイクルをまわしていない人が多いものです。

そういった流れを確認するのが苦手なのかもしれません。

もしもそう思ってしまうということなら、おそらく、その原因は、

・一気に変化しようとする
・同時にたくさんのことをやろうとする
・ウルトラCを求める

からです。

その思考が足をひっぱっているのです。

なぜなら、その目標が高いあまりに、自分の中で「きっと、できないだろうな・・・」と思いながらトライすることになるからです。

自分ができないと思っているから、結果として、やはりうまくいきません。

その繰り返しが起きると、「ほらね、やっぱりできないわ、自分」という感情が生まれ、自信が育つことを阻むのです。

ですから、自信が持てない人は、階段を1歩ずつ上がることからはじめることです。

そうして、確実に「(4)肯定感を持つ」を積み重ねていき、自己肯定感を育てていくことからスタートしましょう。

・今日も取り組めた
・今日もできた
・完璧ではないけれど、最善を尽くせた

といった感情こそ、自信の土台になるものです。

もしも今、あなたが自信を持てずに行動できていないことがあれば、

(1)計画する
(2)行動する
(3)結果を確認する
(4)肯定感を持つ

のどの段階で止まっているのかを意識して、「(4)肯定感を持つ」が抜け落ちていないか確認してみましょう。

階段を上がるのは1歩ずつで大丈夫です。

1歩ずつでも確実にゴールに近づいているのですから。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、早起きをして朝スイム。

出社前に1,500m泳ぐことができました。

夜は継続クライアントさんとのコーチングセッション。

ふり返りの成果報告がすさまじく、それだけで30分かかりました。(笑)

でも、こういう時間、コーチとしてはたまりません。

後半はミッションステートメントのつくりこみをしました。

それにしても、たった半年間ですばらしい変化をされたクライアントさんの変化に驚くばかりです・・・。(^_^;)

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-良習慣

執筆者:

関連記事

他人の価値観に沿った努力は苦しい。あなたの努力は自分の価値観に合致していますか?

「自分なりにがんばっているし、そこそこ成果も出している。」 「それなのに、いまいち毎日の生活に充実感や幸福感が感じられない。。。」 あなたは、そんなふうに感じたことはありませんか? もしかすると、あな …

福山雅治さんの良習慣に学ぶ!両親の誕生日に実践したい3つのステップ。

こんにちは、伊藤です。 先日、母親の誕生日だったので、久しぶりに電話をしました。 本来なら、顔を合わせられれば良いのでしょうが、住んでいる地域が離れているのでいつも電話にしています。 ぼくは、長電話は …

あなたの不安はどのようなものですか?不安に対処するための2つのお勧め習慣

あなたは、どのようなときに不安を感じますか? 不安への対処法としてお勧めの習慣を2つご紹介いたします。     目次1 日本人の不安ベスト32 不安を眺める2つの習慣2.1 「今こ …

「努力が結びついているのか分からない」不安を手放す!「努力のプロセスを見える化」する習慣

あなたは、目標に対して努力を続けている中で、「かなりの時間を費やしているけれど、この努力は報われるのかな・・・?」と不安になることはありませんか? その不安に有効な対策は、努力の量を把握すること、つま …

言葉にならない自分軸を感じる。直感へのアクセスを意図的につくろう。

グループコンサルティングでのワークから、じつに興味深いイメージがわいてきました。 改めて、直感にアクセスするタイミングを意識的につくろうと考えました。   スポンサーリンク   目 …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31