【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

家族

子育ては、子どもを通して自分のダークサイドを見続ける修行かもしれません

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

取引先の女性が、産後に職場復帰をされたときに、産前の「怖いオーラ」(笑)が消えていたことがあります。

「子育ては、今までの自分の価値感が通用しなくなる体験」なのですよね。

それと同時に、今回の息子の受験を通して、「子育てとは、ひとりの人間として人格を高める修行のようなものでもあるよなぁ」と思ったのです。

 

スポンサーリンク


 

息子の初受験を通して感じる親子関係

昨日、息子が人生で初めての受験をしました。

まだ第1志望の高校ではありませんが、比較的難関校と言われている高校なので、試験は難しかったようです。

ただ、無事に面接まで終えたということで、親としてはひと安心ですね。

息子の代わりに私が試験を受けられるわけではないのですが、朝からそわそわしてしまい4時台に早起きしてしまい(当たり前といえば当たり前なのですが、気持が違っていたのです・笑)、日中も気にしてしまいました。

私も意外と親としての普通の感覚(?)を持っているんものだなぁ、と新たな自分を発見しました。(笑)

それにしても今回息子の受験に際して驚いているのは、妻の試験までの息子への協力、そして準備のレベルです。

学校見学から説明会の参加、そして学校や塾の面談、さらに願書の出し方から延納手続きまで、段取りを考え尽くしていました。

そのような猛烈な母がいる一方で、肝心の息子はというと、、、妻の「ちゃんと○○持った?」という問いかけに、「あっ、そうだ、忘れてた!(汗)」みたいな感じなのですよね。

2人を見ていると笑えます。(笑)

 

親の性格と反対の方向に育つ子どもの傾向

このように、実は親子関係によくあるのが、親がきちっとしている人だと、子どもはちょっとだらっとする人になるということです。

あなたにも思い当たる部分はありませんか?

以前、私の上司は、奥さまが「もう大学生の息子なのに、朝ハンカチ持ったのか確認しててさ。まいったよ。」と言っていました。

「大学生にもなって、母親にハンカチの心配されるって・・・」と思いましたが、流しておきました。(^_^;)

でも、まさにそういうことで、親からハンカチを心配され続ける子どもは、自分でハンカチを持たなくなるものなのです。

同じように、親が子どもに「だらしないことが問題」だと思って目をつけると、ますますだらしなくなる(ように見える)し、その部分によけいに目がいくようになります。

ですから、一度でも気になりはじめると、どんどん問題視するようになってしまうのです。

反対に、もし我が家に私みたいな親しかいなかったら、子どもたちは「自分たちがしっかりしないとやばい!」と思うようになるでしょう。(笑)

そうしると、今度はしっかりした子どもが育っていくのですね。

 

子育ては自分のポジティブ面とネガティブ面を見つめるトレーニング

先ほどの妻と息子のパターンがそうなのですが、妻が「自分がきちんとしないといけない(我が家の男たちはざっくりしすぎているから・・・)」と思っているとします。

すると、妻は彼女自身がだらしない部分を抑えているからこそ、息子がだらしなくやっている部分が目につくわけです。

当然、妻の感情としては、「私がこんなにだらしなさを抑えているのに・・・!」となってしまいます。

自分でだらしない部分をなるべく出さないようにしているので、子どもがその部分を見せつけてきたときにイラっとしてしまうのです。

親であれば当然、子どもは愛する存在であり、愛すべき対象です。

それなのに、その愛すべき対象が自分のもっとも嫌な部分を見せつけてくるわけです。

愛情などのプラスの感情と、ときにイライラするようなネガティブな感情の両立。

そのバランス感覚を求められます。

そして、多くの親にとっては、愛情と怒りを比べると、怒りが出てくるパターンが多いのではないでしょうか。(笑)

そのバランスが崩れないように感情の均衡をたもつことをしなければならないので、人間としての忍耐力がきたえられるのですね。

自分が見えていない、いや、見ようとしていない部分を見せつけてくる子どもたち。

それを愛せるかどうか、ということは、やはり親としての成長、ひいては人間的な成長を求められているように考えています。

家族以外で苦手な人ならつき合わなければ良いですし、自分から近づかないことを選択できます。

しかし、自分の子どもだと、なかなかそうはいきません(不可能ではないと思いますが)。

そのような意味で、私は「子育ては自分を育てるトレーニングの場」だと考えるのです。

お子さんをお持ちの方は、どのように思いますか?

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、「習慣化の学校」のご入学者希望の方とのショート面談。

10年前の私自身が抱えていた課題と重なる部分が多く、共感してしまいました。

こういうとき、サポーター魂が発動して、「サポートしたい!」と思ってしまうのですよね。(笑)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■お知らせ

【セミナー募集中!】
■2017年11月28日(火) 19:30〜21:30:毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

■2017年12月5日(火) 19:30〜21:30:これで習慣化できる!「良習慣の見つけ方&続け方」セミナー 〜今の自分に本当に必要な習慣を発見しよう〜

■12月14日(木)19:30〜21:30:「やりたいことリスト100」をつくるセミナー 〜やりたいことで毎日が満たされる〜

コーチングサービスは随時承っております。
コーチングのお申し込み

■当ブログへのお問い合わせ・ご感想はこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前 ( * 必須)

メールアドレス ( * 必須)

題名

メッセージ本文

■スポンサーリンク


-家族

執筆者:

関連記事

親の期待から離れることは成長の証拠。受けついだビリーフをより良い思考に変えていこう。

親の期待に沿わない子どもは、自分独自の思考習慣を持つようになってきたということではないでしょうか。 同じように、子どもとしての私も、両親から受け継いだ思考習慣を手放し続けているからです。   …


子どもの課題を親として解決しようとするより、作業の手をとめて話をきく。

課題を持っている人を見ていて、ふと「こうすればもっとうまくいくのにな〜」と思うときがあります。 とくに子を持つ親であれば、子どもに対してそのように思ったことがある人は多いのではないでしょうか。 ただ、 …


親は子どものコーチになろう。考えを受けとめてアドバイスは最小限に。

子育てとコーチングは相性がいいものです。 コーチにも親にも、あまり余計な口出しをせず、相手を信じて見守るスタンスがあるからです。   スポンサーリンク   目次1 息子とゆっくり語 …


都内・年中無休・屋内でスポーツが楽しめる非日常空間。「明治神宮外苑アイススケート場」レポート。

季節に関係なく一年中アイススケート場が東京にあるんですね。 それが「明治神宮外苑アイススケート場」です。   スポンサーリンク   目次1 家族で「明治神宮外苑アイススケート場」へ …


良い夫婦関係をつくるために。うまくいっている夫婦にあって、あまりうまくいっていない夫婦になかった2つのこと。

突然ですが、10年くらい夫婦生活を経た家族は、何かしらありますね。(^_^;) 「うまくいっている夫婦にあって、あまりうまくいっていない(ように見える)夫婦にはないものってなんだろう?」 それを考える …


似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031