【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

行動習慣

大量行動の実践。自己ベスト更新の習慣が未来の自分を救う。

投稿日:2017/09/24

Pocket

自分が目指す未来と現実のギャップ。

その差を埋めるのは、いつだって大量行動です。

 

スポンサーリンク


 

大量行動が不発に終わる

今日は大量行動実践会の3回目でした。

2回目のアクションリストについて達成度をメンバーに報告。

前回から1ヶ月間のふり返りをしながら、次月に向かいます。

各々のメンバーがたくさんのアクションを消化する中、私は、、、なんと達成度ゼロ。(T_T)

メルマガの読者増加をテーマにしたのですが、10個中、もっともキーになる「メルマガのランディングページをつくる」ができなかったため、それがボトルネックになってしまったのです。。。

途中までおこなったアクションは2つあったものの、クリアできなければ同じ。

かなり恥ずかしい思いをしました。(^_^;)

ほかにアクションをしていなかったわけではなく、新しいセミナーもやりましたし、月間のコーチングセッション時間と回数は今年に入って最高でした。

それだけに、テーマを追いかけていなかったのは悔やまれます。

 

量が質に転化する

仕事でも、学習でも、スポーツでも、量と質の議論はあります。

ただ、質量転換という言葉がある通り、一定の量をこなすからこそ、質が高まります。

たとえば、英語のリスニングは1000時間を超えると理解できるようになるという分水嶺があるといわれているようなことです。

つまり、質を求めるなら、量をこなすことが欠かせないのですね。

思考と行動は両輪です。

成長には、どちらも不可欠ですよね。

20代の頃はほかの人に行動を強制されることも多く、言われていることをやっていれば行動量が増えることはあります。

ただ、30代以降は、行動することを意識していないと大量行動につながりません。

実際、うまくいっている人と成果が出ない人の大きな差は、1つの要素として、「大量行動しているかどうか」にあるのは間違いないでしょう。

 

自己ベストを目指して大量行動

考えるよりも先に動く。

そして、止まることなく行動する。

そのようなスタイルは、成果をあげる人に共通するものです。

うまくいくかどうかは確率論の部分もありますから、大量行動が重要。

勝間和代さんの言葉を借りれば「じゃんけん、じゃんけん、またじゃんけん」で、じゃんけんに勝つまで勝負し続けることが、勝利するための条件なのですよね。

そのためにも、さらなる高みに向かっていくための向上心が必要です。

実際のところ、成果をあげているセールスパーソンは、売れない営業マンに比べてアポの数や訪問件数が少ないのものです。

ほかの人との比較ではなく、これまでの自分と比較する。

そこで自己ベストを意識。

私にとっては、コーチングもブログも、毎回が自己ベスト更新であり、だからこそ力も入ります。

ほかの人と比較すると私は落ち込みますが、、、自己ベストを目指している間は大量行動が続きます。

また、行動量が不足すれば、後進にも抜かれてしまうでしょう。

そうならないためにも、自己ベストを目指して大量行動ができるかどうか。

将来の人生を豊かにするためにも、大量行動を積極的におこなうようにしていきましょう。

・・・という、自戒の記事です。(^_^;)

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は5時起きして「習慣化の学校」のメルマガ執筆とブログ。

ギリギリになっていたメルマガ原稿にようやく貯金ができました。(^_^;)

その後、娘とお風呂に入ってから娘の保育園つながりの食事会で5家族でKさん宅に集合。

一番搾りの全国利きビールをやりました。(笑)

また、10ヶ月の女の子の赤ちゃんを抱っこして、ほんわかしました。(^_^)

【募集中】
2017年10月6日開催:毎日を超充実させる!「やりたいことリスト100」をつくるセミナー

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

プロフェッショナルコーチ/ブロガー/メルマガ発行者/習慣化の達人/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。クライアントは良習慣の定着によって、独立起業、転職、複業家デビュー、電子書籍出版などを果たしている。さらに詳細なプロフィールはこちら

-行動習慣

執筆者:

関連記事

自分なりの評価基準を持とう。指標を持つために言葉を持つ本・名言・信念。

私たちは、日々の成長をどのような基準ではかればいいのでしょうか? それは誰かに与えられるものではなく、自分で判断していくしかないのだと思います。   スポンサーリンク   目次1 …

習慣化ができない人への特効薬。習慣の「バディ・システム」をつくればつらい習慣も継続できる。

早起きやブログ、ダイエットなど、負荷がかかる習慣は継続が難しいレベルが高いものです。 そのような習慣に有効なのは、マンツーマンの習慣ともだちを持つ「バディ・システム」です。   スポンサーリ …

習慣化のプロセスに起きるモチベーションダウンへの2つの対策。

習慣化を続けるプロセスでは、モチベーションがさがる時期があるかもしれません。 対策を2つ考えてみました。   スポンサーリンク   目次1 習慣化のモチベーションがあがらないという …

仕事の「質」を上げる方法。スキルを分解して1つずつレベルアップしてから統合する。

仕事や習慣化など、全体のクオリティーをあげたい場合はどうしていますか? 私は、多少遠回りになっても、スキルを分解して、1つひとつの行動レベルを磨くことをおすすめしています。   スポンサーリ …

「本当はできないかも・・・」に対抗するには、心の中の船の舵をゴールに向け続けること。

目標を達成するためには、まずはゴールに向けて焦点をあて続けることです。 それは船の舵を握るようなもので、蛇行しながらも進めていくことが必要だと思うのです。   スポンサーリンク   …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)
・国際コーチ連盟(ICF)正会員

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら