【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

思考習慣

「同じような毎日」を変えるために、思考習慣にちょっとした変化を取り入れてみる。

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

「毎日が同じような日々のくり返しで変化がない・・・」という悩みは、かつての私の悩みです。(^_^;)

今はおかげさまでだいぶ変化が出てきましたが、どのように変化してきたのか、ということについて記事にしてみました。

 

スポンサーリンク

 

人は良くも悪くも一定のパターンで生活をしている

私たちは、日常生活を一定のリズムのパターンで過ごしています。

・早起きして、残業もなく、毎日にコントロール感があって充実しています!

という人もいれば、

・寝坊して、終電まで残業をして、下りエスカレーターに乗っているような日々です。。。

という人もいるでしょう。

ただ、いずれにしても、「いつもと同じ」リズムで日常がまわっているものなのですね。

習慣化には、

・行動習慣
・身体習慣
・思考習慣

がありますが、それらの習慣に変数を入れないかぎり、「昨日と同じ今日」がくり返されてしまうのです。

 

私の人生に変化が起きない理由は「ほかの人を優先させる習慣」に起因

さて、あなたはどのようなパターンを持っているでしょうか?

日常のパターンに変化を起こすコツは、毎日の日常生活のパターンを変えてみるのが手っ取り早いです。

私の例でお伝えいたしますね。

数年前の私は、今の私よりもずっと「ほかの人を優先させる習慣」が身についてしまっていました(これでも・・・)。

たとえば、友人とランチを食べる際に、本当は食べたいものがあったのにもかかわらず、「友人と同じにしておこう」とか、「ランチピークだから、同じ料理のほうがお店の人も楽だろうな」などと考えて、メニューを選択していたのです。

また、本当は気が進まない飲み会(会社の二次会)に誘われたときも、「お金も使うし、時間も使うし、翌日に影響があるし、奥さんとも小競り合いが起きるな・・・(笑)」と思いつつも、その場の雰囲気や流れから断れませんでした。
(結果、お金も使ったし、時間も使ったし、翌日に影響がありましたし、奥さんとも小競り合いが起きました。。。)

すべては、「ほかの人を優先させる習慣」が根本です。

これは恐ろしいことなのですが、ほとんど無意識のうちにおこなっている思考習慣でもあったたのです。

しかし、習慣化のセミナーやコンサルティングを通して学ぶうちに、大きな間違いがあったことに気づきます。

「人生に変化を起こしたい」と願っていた私の人生に大きな変化が起きなかった理由が、まさにここにありました。

つまり、この「ほかの人を優先させる習慣」が、「自分がやりたいこと」をうやむやにして、感情をぼかしてしまう元凶だったのです。

「ほかの人を優先させる習慣」がある人に、「自分は本当はどうしたいんだろう?」という問いは、なかなか出てこないからです。

それでは、自分の人生に変化を起こすのは難しいですよね・・・受け身すぎて。(^_^;)

 

いつものパターンを抜けて、いつものセルフイメージを捨ててみよう

もし、私と同じような課題を抱えている方があれば、脱出方法を試してみましょう。

それは、良い意味で、自分自身にもっとわがままになることです。

「ほかの人を優先させる習慣」を実践している場合ではなく、もっと自分がやりたいことにエネルギーを使うのです。

そのようにすることによって、いわゆる「自分らしい」人生の道が切り開かれるもの。

私はそう感じています。

それは、言葉を変えていえば、

・いつもと同じリズム
・いつもと同じパターン
・いつもと同じ感覚

という状況を抜け出して、「いつもと少しだけ違うことを試してみる」ということになるでしょう。

それは、ある意味では、「今まで自分だと思いこんでいた自分」を捨てることにもなるかもしれませんので、多少の勇気は必要です。

もちろん、いきなり大きく変えるのはたいへんなので、徐々に変化させたり、リスクのないところで試してみれば良いのです。

私自身も、ちょこっとだけですが、徐々に、

・「いい人」のイメージを捨てる
・「優しい人」のイメージを捨てる
・「協調性がある人」のイメージを捨てる

ということを試みて、家族には「だいぶ変わったよね・・・(良くも悪くも)」と言われるようになってきています。(笑)

「今までの自分ならこうするべき」「自分はこうあるべき」という固定観念、必ずしも悪くはありませんが、そのがんこさをちょっとだけ捨ててみることから、人生が変わっていくはずです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日、宮崎県から継続のクライアントさんが上京していたので、一緒に食事。

5時55分にビールで乾杯をしました。

・・・夜ではなく、朝の5時55分に。(笑)

4時30分に起きて、待ち合わせの居酒屋へ(早朝にオープンしているカフェで良い場所がなかったのです)。

「24時間居酒屋の早朝の時間帯って、お店としてはコスパ悪そう。。。いったいどんな人が飲むんだろう・・・?」と思っていたら、それは私でした。(笑)

飛行機の時間があったのでほんの1時間ばかりの会食でしたが、楽しいひとときを過ごせました。(^_^)

クライアントさんの奥さまには、朝からのビールを爆笑していただけたそうで、何よりです。(笑)
(Iさん、ありがとうございます!)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-思考習慣

執筆者:

関連記事

あなたは考えたことがありますか?はたして「ほかの人に嫌われずに生きること」は可能なのか?

あなたに1つ質問させてくださいね。 「ほかの人に嫌われることなしに、一生を終えることは可能だと思いますか?」 この質問に対する答えを考えていきましょう。   スポンサーリンク   …

「やわらか否定」思考に陥っていないか?コミュニケーションを若く保つ視点とは。

自分では意識していなくても、人の話を聞きながら「やわらか否定」の思考が走っているケースがあります。 人の話を否定しながら聞くことは、避けたいものです。   スポンサーリンク   目 …

自分の性格はどのようにつくられたのか?ヒントは幼少期のインパクト体験にあり。

人は無意識のうちに、自分の頭の中にまわす言語(ルール)を持っています。 そのルーツは、多くの場合、幼少期につくられているということがわかってきました。 自分の頭の中で無意識にまわす言葉たちは、性格や行 …

ぼくの失敗談。トラブルのときこそ「できない理由」ではなく「できる理由」を探しだす!

こんにちは、伊藤です。 「できない理由」を考えるのではなく、「どうしたらできるか?」を考える。 大切な考え方ですよね。 本日は、ぼくの失敗談をお伝えいたします(汗)。     目次 …

「いい人」でいることのデメリットは、自分欲求を見失うということ。

多くの人に好かれるような「いい人」を目指す。 それは問題ないのですが、「いい人」であろうとするあまりに自分の感性を押し殺してしまう人が多いように感じます。 それがわかるのは、以前の私がまさに「いい人」 …

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728