【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

読書

未完了になっていた1,000ページを超える長編小説「騎士団長殺し」を再開して、読了した3つの工夫。

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

1,000ページを超えるような長編小説を読むとなると、ちょっとひるんでしまいますよね。

時間が十分にないときはなおさらです。

それでも、ちょっとコツを組み合わせることで、タスクは前進するのです。

 

スポンサーリンク


 

村上春樹さんの1,056ページの小説を読了

今年の2月に購入した村上春樹さんの新刊「騎士団長殺し」。

昨日、ようやく読了しました。

今回の新刊のボリュームは、

・騎士団長殺し:第1部 顕れるイデア編 512ページ
・騎士団長殺し:第2部 遷ろうメタファー編 544ページ

ということで、合計で1,056ページ。

かなりのボリュームです。

高校生時代から村上春樹さんの小説を読み続けている私としては、新刊発売のニュースは待ち望んでいた幸運。

村上春樹さんと同時代に生き、村上春樹さんの小説を新刊で読むことができるのは、本当に幸運だと思うからです。

以前、親世代がリアルタイムでビートルズの武道館コンサートや三島由紀夫さんの小説をリアルタイムで読んでいたと聞いたとき、うらやましさを感じました。

でも、私の世代には村上春樹さんがいることがうれしいのですよね。
(ミスチルも・笑)

 

「やりたいこと」なのにタスクが進まないジレンマ

さて、新刊はすぐに購入したものの、当時は、

・「習慣化の学校」のプロジェクトが落ち着いていない
・ブログもなんとか更新しているけれども時間が足りない
・発行するする詐欺になっていたじ「複業メルマガ」が未発行
・新しいコンテンツのセミナーの準備が遅々として進まない
・息子の受験が終わっていない
・はなもものフルマラソンを控えている

という感じでした。

ちょっと落ち着きそうになったら、

・NISSAN CUPのトライアスロンがある
・柴又100kmウルトラマラソンがある
・「やりたいことリスト100」をつくる第1回目のセミナーを開催する
・もちろん、ご支援している継続のコーチングクライアントさんが10名を超えてきた

などがあり、なかなか「ゆっくり小説でも読もう」というモードになかなかなれなかったのですね。

第1部こそ、けっこう早めに手をつけたものの、なかなか先に進まなかったのです。

小説が面白くなかったというわけではないのに・・・不思議です。

でも、今回、無事に読み切ることができました。

もちろん、楽しく。(^_^)

 

長編小説を読み進めるための3つのポイント

では、一度未完了になっていたものを、どのように再開させ、どのように読了したのか。

時間をつくり、長時間のタスクを進めていくコツとして、以下のようなことをやりました。

 

1:宣言してはじめてしまう

今年の「やりたいこリスト100」に入れて、さらに「大量行動実践会」で宣言しました。

「何ごとも、はじめてしまえば半分終わったのも同じ」と言われます。

とりあえず、脳をだましながらはじめてみること。

あとは時間が解決してくれます。

仕事も同じですよね。

気乗りしない仕事を先のばしにしたところで、仕事が消えてなくなることはありません。

将来やるタスクなら、とにかく着手して「仕掛り」にしてしまうことです。

 

2:あえて途中でやめておく

章立てに分かれている小説を、あえて盛り上がってきたところでやめておくという方法を試しました。

長編小説ほど、面白くなってきたところで「もっと読みたい」という気持が出てくるものですよね。

しかし、1日は区切りがあります。

タイムリミットを決めておいて、一区切りをする。

そうなると、自然と続きが気になるのですよね。

これが、区切りがいいところで休んでしまうと、なかなか続きを読もうというモチベーションがわかないのです。

だからこそ、「続きが気になる」というモチベーションを刺激にするという方法は、集中力を高めるコツになるのです。

 

3:常に目につく場所に本を置いておく

私の場合、必ず座る食卓に小説を置くことにしました。

持ち歩ければ良かったのですが、1冊500ページもあるので重かったのですよね。(^_^;)

ですから、そのようにして、食事の前後や、子どもたちがテレビを観ている間に少しずつ読んでいました。

まとまった時間がとれなくても、短時間で集中してタスクをこつこつと進めたのですね。

以前の記事に書いたように、元帥のように時間の使い方が上手な人は「すきま時間」の使い方が違うのです。

つまり、「すきま時間」という概念がそもそもなくなるのですよね。

一方で、時間の使い方がうまくない人ほど「時間がない」と言ってはあくせくしているように見えます。

目標を持ってこのような時間を意識して活用するだけで、タスクは思った以上にはかどるのです。

 

おまけ:私の「騎士団長殺し」の感想

当ブログとの目的とは離れるのでおまけとして、私の感想をひと言。
(ネタバレしないように書きますね。)

それにしても「騎士団長殺し」を読んだ人たちのレビュー、いつもながらに賛否両論です。

これは、村上春樹さんの新刊がでるたびに、

・村上春樹は終わった
・村上春樹はマンネリだ
・ファンだったけれど、もう次の新刊は買わない

という感想を目にするので、もう驚きません。

というより、もう20年以上、新刊が出るたび毎回言われているのですよね。(笑)

それでも人気が落ちないのは、離れるファンと同じくらい、新しいファンも増えているのでしょうね。

実際、エンタテインメントは、好き嫌いがはっきり分かれるくらいの作品のほうがインパクトがあって好きです。

たた、それを考慮しても、今回は批評の割合が多いように思います。

・・・話を戻しますと、大学生時代から村上春樹さんの作品を、全集やエッセイも含めてほぼすべて読み込んだ私としては、、、「やはり超一流の小説家だなあ」と感嘆せざるを得ない作品でした。

特に、私が心理学について学んできたことが大きく影響しているとは思いますが、物語にこめられた心理的な癒しと、個人ではどうしようもない悩みへの無力さ。

でも、その中にも救いと希望を感じられる、村上春樹さんの中では新しい感覚の結末だったように感じました。

まさに、サブタイトルにこめられた「イデア」と「メタファー」が、キーワードになっているのだろうと思っています。

というのは、もちろん、私個人の感想で、これもひとりよがりなのですけれども。

もし、当ブログの読者の方で「騎士団長殺し」を読んだことがある方は、読後感想会でもやりましょう。(^_^)

つい熱くなってしまい、まったくひと言では終わらなかったですね。(笑)

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は朝から継続クライアントさんとのコーチングセッション。

将来に向けた布石について戦略を練るセッション内容でした。

その後、今日の記事に書いたように、村上春樹さんの「騎士団長殺し」をようやく読了。

「やりたいことリスト」にも、「大量行動実践会」のリストにも入っていたので、効率が良かったですね。(笑)

夜は、明日の「夢舞マラソン」の準備をして眠りにつきました。

【募集中】
■2017年10月19日(木) 19:30〜21:30:もう2度寝しない!「早起き習慣化セミナー」 〜朝2時間の自由時間を生み出す〜

■2017年10月26日(木) 19:30〜21:30:毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

■2017年11月2日(木) 19:30〜21:30:毎日を超充実させる!「やりたいことリスト100」をつくるセミナー

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。
ひとり複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひ!

▼登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■お知らせ

【セミナー募集中!】
■2017年10月6日(金) 19:30〜21:45:毎日を超充実させる!「やりたいことリスト100」をつくるセミナー

■2017年10月19日(木) 19:30〜21:30:もう2度寝しない!「早起き習慣化セミナー」 〜朝2時間の自由時間を生み出す〜

■2017年10月26日(木) 19:30〜21:30:毎日ブログを更新する!「ブログ習慣化」セミナー 〜ブログを書く習慣で毎日を充実させる〜

コーチングサービスは随時承っております。
コーチングのお申し込み

■当ブログへのお問い合わせ・ご感想はこちらから

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前 ( * 必須)

メールアドレス ( * 必須)

題名

メッセージ本文

■スポンサーリンク


-読書

執筆者:

関連記事

名著を再読しよう。「マイベスト本」の再読は思いのほかメリットが大きい。

あなたは、過去の自分にインパクトを与えてくれた本を読み返すことはありますか? 自分にとっての名著を再読するメリットは、思いのほか多いものです。   スポンサーリンク   目次1 自 …


フィンランド・メソッドで子どもに読書を習慣化させる!書籍「100さつ読書日記」の仕組みが秀逸。

「子どもに読書習慣をつけさせたい———。」 親だったら、1度は考えたことがあるのではないでしょうか? そのためにはどうすれば良いのか。 1つのヒントとして、「フィンランド・メソッド」を試してみる価値が …


アンソニー・ロビンズ氏の名言に学ぶ!「一瞬で自分を変える」5つの名言

「すべての出来事は、あなたへのギフトである。」 そんなふうに思えたら、困難だととらえていたことも財産に変わりますね。 冒頭、この言葉からはじまるアンソニー・ロビンズさんの名言集を読みました。 私が習慣 …


人生は簡単に変えられる!?世界的な名著50冊から学べる本「世界一カンタンな人生の変え方」。

「7つの習慣」、「人を動かす」、「思考は現実化する」。 どれも世界的なベストセラーで、内容も文句なしの名著ですよね。 私も読みましたし、今でもパラパラと読み返しています。 ただ、名著にもデメリットがあ …


「一流の人はなぜそこまで、習慣にこだわるのか?」に学ぶ!セルフコーチングに役立つ10の質問。

「積ん読本を30冊以下にするまで新刊は買わない!」 年始にたてた私の誓いが、またも破られました(笑)。 友人が読んでいた本に興味を持ち、すぐに購入してしまったのです。(^_^;) それが、本書「一流の …


似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031