【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣を身につける習慣

タイマーの活用が苦手な人へ。ストップウォッチ式を試してみませんか?

投稿日:2019/06/22

Pocket




「タイマーをアラームとして活用するのが合わないんですよね」という悩みを聞きました。

そのようなとき、タスクの内容によって、タイマーをストップウォッチとして使う方法も試してみましょう。

 

タイマーをアラームとして活用する

昨日のセミナーあとの懇親会は、タイマーをセットしてのぞみました。

22時からのスタートだったので、終電も気にする必要があったためです。

アラームとしての活用法は、

・カウントダウン方式

ですよね。

アラームとしてタイマーをセットすると「タイムリミット効果」が生まれるんですよね。

「制限時間以内に終えよう」という意識は、実際に行動のスピードアップに有効です。

 

日々のタスクにタイムリミットを設ける

私が、「タイムリミット効果」として、日々活用しているのは、メルマガの発行時間です。

平日毎日発行しているメルマガは、9時前後に発行することにしています。

9時前後の配信というのは、読者の方が読む時間を想定して自分で設定している時間ではありますが、厳密なものではありません。

「メルマガが9時に届いてないじゃないですか!」と怒られるようなことはないわけです。

ただ、「基本的に9時前後にメルマガを配信する」という制限があるだけで、集中力が高まるんですよね。

いい意味でいえば健全な強制力ですし、逆にいえばプレッシャーでもあります。

正直なところ、時間が迫る中でネタが思い浮かばない日もあり、「えいやっ!」で配信することも、、、

そういった内容のときに限って、読者の方から「今日の内容、響きました!」みたいなことがあるのは不思議なんですけれど(笑)。

おそらく、タイムリミットが迫っている中で書いている文章に、勢いみたいなものがのっているのかもしれませんね。

そのような勢いを生み出すのも、制限時間があるからです。

ですから、今回の懇親会でも、タイマーをセットしました。

制限時間があれば、集中してコミュニケーションをとるようになるものなんですよね。

 


 

【お知らせ】

・2019年7月19日(金)「先のばしをやめる習慣」セミナー
http://www.ryoushuukan.com/seminar-to-stop-procrastination/

・パーソナルコーチングのお申込み
http://www.ryoushuukan.com/coachng_application/





タイマーをストップウォッチとして活用する

制限時間を決めるだけで、自分のパフォーマンスがあがる。

その効果は体験しているので、カフェで仕事をするときや集中して仕事をしたいときは、タイマーをアラームでセットしていました。

カフェで集中して仕事をするために。おすすめの3つのアイテムと動画・BGM。

ただ、その活用法にちょっとした悩みがあったんです。

そのため、アラームとして使う方法を最近変えてみたところ、効果があったことがありました。

その方法とは、タイマーをアラームとして使うのではなく、

・ストップウォッチとして活用する

という方法です。

シンプルですよね。

もちろん、タイマーは、アラーム機能のために購入したので、ある意味では逆の使い方です。

しかし、タスクの内容によっては、ストップウォッチ式の使い方がフィットすることがわかったのです。

 

アラームのデメリットを回避

アラーム設定がカウントダウン方式だとすると、ストップウォッチとして使うのはカウントアップ方式です。

アラームも使い方によってはとても効果的です。

15分のあいだ集中して瞑想したいときや30分間の読書タイムなどは、アラームがあったほうがいいですよね。

アラームが鳴るまで目の前の行動に没頭できるので。

でも、たとえば、ブログを書きたいとき、私にとってちょっとした不都合がありました。

それは、アラームを設定した目標時間内に、仕事が終わらなかったときのことです。

ブログなら、「あともう少しで書き終わりそうだ」という追い込みのタイミングで、アラームが鳴ってしまうと、集中力が途切れてしまうんですね。

そうなると、それまでトップスピードだったところを、一気に減速しなければならなくなってしまいます。

ですから、タイマーをアラームとして時間を設定することがうまくいかない場合は、ストップウォッチ的に使ってみることをおすすめしたいと思います。

 


■スポンサーリンク




ストップウォッチでタスクをゲーム化しよう

タイマーをストップウォッチとして活用することで、時間のカウントがはっきりわかります。

たとえば(まさに今がそうなのですが)、「ブログ1記事を60分で書く」という締め切りを設定しています。

そうしてタイマーをスタートすると、ブログを書くことが1種のゲームのような感覚が味わえるのですね。

もし、制限時間内にブログを書きえることができたら、ゲームをクリアできたような達成感も得られます。

 

締め切り前に分泌されるノルアドレナリン

制限時間前のラストスパートの追い込みといえば、私が思い出すのは学生時代の夏休みの宿題ですよね。

「やばい、もう今日で夏休みが終わりだ。宿題をかたづけないと!」というあの集中力を常に発揮できればいいと思うんです。

でも、残念ながら、それは難しいんです。

やはり「ギリギリだ、やばい」というときにしか、追い込みのパフォーマンスアップが望めないのですね。

研究によると、このようなときにはノルアドレナリンというホルモンが分泌されているそうです。

この物質が、集中力を高めてくれるはたらきをするということなんですね。

ですから、締め切りを設定するのは効果が高いのでしょう。

 

締め切り効果を何度も活用する

ブログを書くとき、もう1つおすすめしたいのは、

・1日の中でタイムリミットをいくつか設定しておく

ということです。

たとえば、1日のうちで、

(1)出社するまでにブログを書く

(2)ランチタイムが終わるまでにブログを書く

(3)自宅に変えるまでにブログを書く

(4)24時までにブログを書く

という感じですね。

そのようにして、時間の枠組みにタイムリミットを設定すること。

そうして、それぞれのブロックをストップウォッチ形式でカウントダウンするのです。

そうすれば、締め切りが4回できることになりますよね。

すると、「24時までにブログを書く」という目標しか持たない人よりも、締め切り効果が4倍になるんですよね。

これも、スピードアップのコツです。

シンプルな仕組みですが、こんな小さなシステムであっても集中力は高まり、仕事のパフォーマンスがあがるんです。

タイマーのアラーム活用がフィットしない方や、アラームによって逆に気が散ってしまうという人には、ストップウォッチ活用、ぜひおすすめしたいと思います。

 


 

【お知らせ】

・2019年7月19日(金)「先のばしをやめる習慣」セミナー
http://www.ryoushuukan.com/seminar-to-stop-procrastination/

・パーソナルコーチングのお申込み
http://www.ryoushuukan.com/coachng_application/


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、ブログ習慣化セミナーでした。

前回から内容を半分くらい変えてのぞんだのですが、ご受講者の方々から好意的なフィードバックをいただけて良かったです。

ブログについて、かなりいろいろな角度からお伝えしたので、響いたところは違っていたようですが、それがまた良かったです。

毎日更新を強くおすすめしておきました(笑)。


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

The following two tabs change content below.
良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

良習慣プロフェッショナルコーチ 伊藤 良

プロフェッショナルコーチ/ブロガー/メルマガ発行者/習慣化の達人/行動習慣ナビゲーター/「習慣化の学校」サポートコンサルタント/トライアスリート/100kmウルトラマラソンランナー/会社員など、複数の活動をしている複業家。1975年生まれ。茨城県出身、東京在住。良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。クライアントは良習慣の定着によって、独立起業、転職、複業家デビュー、電子書籍出版などを果たしている。さらに詳細なプロフィールはこちら

-良習慣を身につける習慣

執筆者:

関連記事

日経新聞はあなたに本当に大切?情報収集もパッシブではなくアクティブへ。

あなたは、情報収集について意図を持ってやっているでしょうか? 特定の新聞を定期購読しているだけでなく、新聞やテレビなどのニュースとは、1度じっくりとつきあい方を考えるべきです。 その理由を記事にします …

師匠から学んだことを自分で復習すること、プロフィールページはまめに更新する、という2つのこと学んだ日

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 先日、尊敬する友人から、 「プロフィールページに広告がのってしまっていますよ・・・(汗)」 というご指摘を …

セミナーを利用して「やりたい、やろう」と思いながら、「ずっとやれていなかったこと」に踏み出す!

昨日参加した習慣化コンサルタント・古川武士さんの月例セミナー。 今回は「失敗を活かす」ためのコンテンツです。 ※ご参考 今の自分のままでは将来マズい!と思っているあなたへ ワンランク上のビジネスパーソ …

no image

「目標を紙に書き出すと叶う」の威力を改めて実感

■本日、家族会議を行いました。   わが家の家族会議とは、 家族4人で外食しながら、 ・現在の活動状況 ・過去の振り返り ・未来の展望と目標設定 ・その他、いま自分が考えていることや聞いて欲 …

なぜ、私は早起きができるようになったのか?目標が目的に変化する重要性

「伊藤さんが早起きしようと思った目的は何だったのですか?」 先日、早起きコーチングを受けてくださったクライアントさんから、上記のように尋ねられました。 そういえば、非常に大切なことなのに、今までブログ …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)
・国際コーチ連盟(ICF)正会員

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら