【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

時間を大事にする習慣

時間の使い方がうまい人から学ぶ。自分時間にバリエーションとバランスを取り入れる。

投稿日:2018/11/24

Pocket

時間とお金、大事なのは「バリエーション」と「バランス」だと考えるようになってきました。

 

スポンサーリンク


 

時間の使い方とお金の使い方の共通点

人生を考える際には、時間とお金について考えることは不可欠だと思います。

というのは、時に最近、私は、時間とお金の使い方について考え続けているのですね。

その際に、ふと気づいたのですが、時間の使い方を考えることは、お金の使い方を考えることと共通点があるように思ったのです。

たとえば、お金のことばかり考えている、もしくはお金の心配ばかりしていると、お金を大胆に使うという発想が出てきません。

要は、お金を増やすことや節約ばかり考えていると、もっと重要なこと、つまり自己投資に目が向かなくなってしまうからです。

すると、本来得られたはずのお金を失ったり、貯められたはずのお金が無くなってしまうということがあると思うのです。

お金を増やすことや節約すること。

もちろん、どちらも悪いことではありませんが、お金を増やしたいなら、貯めるよりも重要なのは、自己投資をしていくことだと思います。

お金を投資すれば短期的にはお金は減りますが、上手に投資すれば何倍ものリターンになります。

それが中長期でみると、お金が増えることにつながるからです。

これが、時間とお金の使い方のバランスをとるということだと思っています。

 

時間活用がうまい人の3つのポイント

私自身、時間活用を学び、自分の体を使って実践しています。

また、時間の使い方がうまくいっている人の時間管理を観察し続けてきました。

時間の使い方がうまい人は、3つのポイントがあると感じています。

それは、

1:自分の価値観に沿った時間の使い方をしている

2:自分時間にバリエーションがあり、バランスがとれた時間の使い方ができている

3:自分のありたい未来に少しずつ近づく時間の使い方ができている

ということです。

 

1:自分の価値観に沿った時間の使い方をしている

時間活用には、限られた時間をどこに注ぐか、ということを考えることが重要です。

たとえば、家族との時間を大事にしたい人は、その時間を1日のうちに確保することが必要ですよね。

言われてみると当たり前のことなのですが、意外と考えていない人が多いです。

もしくは、考えていながら、行動がついていっていない人が多いように思います。

私自身、過去に、子どもの誕生日に残業してしまった経験があります。。。

このようなとき、多少仕事を犠牲にしても、子どものために早く帰る父親でいられたら、いい時間の使い方ができたことになるでしょう。

 

2:自分時間にバリエーションがあり、バランスがとれた時間の使い方ができている

自分が大事にしたい時間にバランスをとることも大事ですよね。

人生では仕事が大切だとはいえ、ずっと仕事ばかりしていては、幸福ではないでしょう。

複業で自分を磨く時間、自己対話の時間、家族との時間、パートナーと将来について語る時間、運動する時間など、人生の重要な要素にそれぞれ時間を使うこと。

スケジュールを見て最適化を考え、バランスをとることが時間活用の満足度を高めています。

 

3:自分のありたい未来に少しずつ近づく時間の使い方ができている

「今日、少しでも未来のありたい自分に近づくことができたか?」という問いに「はい」と答えることができたかどうか、これも時間効果に必要でしょう。

たとえば、長時間残業で終電になってしまったとしても、今やっている英単語を1つでも覚える。

また、将来の出版につなげるために、ブログを毎日1記事書き続ける。

このような「一矢報いる」行為ができたかできなかったかで、時間単位の満足度が変わります。

すきま時間やちょっとした空き時間もKindleで読書するなど、未来につながる時間にできればいいのですね。

 

自分時間にバリエーションとバランスを取り入れよう

その一方で、

・長時間残業している人
・休日出勤ばかりしている人
・会社の同僚とばかり飲みにいっている人
・趣味がない人
・ビジネス自己啓発オタクになってしまっていて行動しない人

といった人たちは、残念ながらあまり成果を出せていないように見えます。

なんとなく、

・話が長い
・自分のことばかり話す
・メールが長い(これは私も反省中です・・・)

といった傾向があるようにも感じます。

また、このようなタイプの人たちに見られる傾向として、長時間残業を自慢するような人もいるような気もします。

その意味では、非効率なのかもしれませんね。(^_^;)

では、時間効率を高めたいと思うのであれば、まずは1つひとつのタスクの時間を短縮するようにしてみましょう。

語句登録や文章のテンプレートをつくるレベルからのスタートでいいと思います。

それに加えて、長時間残業を減らしていくなど、会社仕事の全体のボリュームも減らしていくことがおすすめです。

会社の仕事以外の時間を充実させることこそ、自分時間にバリエーションを持たせることにつながります。

具体的には、

・複業にトライしてみる
・会社以外の友人と交流する
・趣味の時間をつくる
・ブログを書く
・家族との時間をすごす

など、バリエーションとバランスの最適化を考えていくことが大事なのだと思います。

あなたは、

1:自分の価値観に沿った時間の使い方をしている

2:自分時間にバリエーションがあり、バランスがとれた時間の使い方ができている

3:自分のありたい未来に少しずつ近づく時間の使い方ができている

の3つについて、どのように取り組まれていますか?(^_^)

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、早朝から単発のコーチングセッション。

メルマガからお申し込みくださった方からでした。

仕事で落ち込むことがあった時に、私のメルマガやブログを読み返すようにしてくださっているというコメントをいただき感動です。

セッションでは、現実的なテーマの方向性の決定していただけたこと、その先にあるビジョンを描いていただけました。

表面にはあまり見えていなかった熱い情熱とビジョンを聞いて、ジーンとしてしまいました。

>Kさん
今後のご活躍を応援しています!(^_^)

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-時間を大事にする習慣

執筆者:

関連記事

時間不足でやりたいことができない悩み。解決策は「WANT」タスクの時間の枠を広げること。

いきなり「1日2時間のタスクをスケジュールに入れてください」と言われたら、あなたはどうしますか? 解決策は、時間の枠を広げて考えてみることだと思っています。   スポンサーリンク &nbsp …

カフェで集中して仕事をするために。おすすめの3つのアイテムと動画・BGM。

カフェで仕事をすることは一般的になりましたよね。 ただ、意外と集できていない人を見ることもありますし、中には参考書を開いたまま寝ている人も・・・。 そうならないためにも、集中できる環境を整えましょう。 …

カイロスタイムとクロノスタイムを区別。大切な時間を「暇つぶし」にしないために。

古代ギリシアから伝わる言葉に、「時間」というリソースに対して意識しておくべき感覚が含まれています。 大切なことに集中し、時間を忘れて没頭する時間があれば、豊かな人生になるはずです。   スポ …

重要な活動を優先して、無駄な活動をリストラするために、1日という「容量」を意識する。

やることを減らすためには、どのように考えればいいのでしょうか? 24時間という容量に何を入れていくのか、それがあなたの未来を決めます。   スポンサーリンク   目次1 トライアス …

中途半端をよしとする。最善を尽くした足がかりを自己成長のファーストステップにしよう。

今年の8月1日からスタートしたメルマガの今年最後の配信を無事に終えることができました。 メルマガ発行は私にとって長年の目標だったのでうれしいものであり、100号を突破したことも感慨深いです。 さて、そ …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。

さらに詳しいプロフィールはこちら