【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コーチング・NLP

人生を変える決断をするときの代償は何か?「自分史上最高の自分」の選択を尊重する。

投稿日:

Pocket
[`evernote` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加

先日、コーチングのクライアントさんから聞かれたのは、「転職して、後悔しないでしょうか?」という質問。

人生を変えるかもしれない決断にはどう向き合えばいいのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

「人生を変える決断をした瞬間」に心が震える

私がコーチとしてクライアントさんと関わっていて、もっとも心が震える瞬間があります。

それはクライアントさんが今まで大事にしていた価値観を思い切って手放すときです。

具体的には、

・今の会社をやめて転職するとき
・会社員をやめて独立起業を決めたとき
・今までの人間関係を思い切って変えるとき
・奥様にやりたいことを宣言するとき
・これまでのやり方を変えて新しいやり方にトライするとき

など、人生に大きな変化を起こすときです。

今までの安全領域を抜け出して、リスク領域に飛び込むことを決意した瞬間。

要は、ご支援しているクライアントさんが、

・人生を変える決断をした瞬間

ですね。

それも、世間の基準やほかの人の基準ではなく、「自分の本心の基準」から決断したということが感動するのです。

それは、クライアントさんが

・より良い未来のために、代償を払う覚悟を決断したから

です。

 

いま持っていないものを得るためには差し出す代償が必要

安全領域からリスク領域へ。

今までにない成果を得るためには、それなりのものを差し出さなければならないと考えています。

その意味では、私は、本「思考が現実化する」に示されていた

実現したいと望むものを得るために、あなたはその代わり何を「差し出す」のかを決めること。

(この世は代償を必要としない報酬など存在しない。)

という考え方を採用しています。

 

トライアスロンをやろうと思えば、たとえば、バイクを買ったり、レースのエントリーフィーに投資するお金という代償が必要です。

会社員複業家を目指すのであれば、会社以外の時間をひとりビジネスに投資するという代償になるでしょうし、家族との時間を減らすという代償もあります。

その代償というのは、誰もが同じものではなく、その人に必要な代償があり、その目標に必要な代償なのですね。

この「代償を差し出す」という決断。

それをおこなった時点で、自分で選んだ人生を選ぶという意気込みを感じます。

そうなると、世間の基準でいう「成功」や「失敗」という評価が気にならなくなるわけですね。

 

「自分史上最高の自分」の選択を尊重する

「人生を変える決断をした瞬間」こそ、あくまで自分の価値観から判断することが大事だと考えています。

自分が納得できる将来のために代償を差し出せるかどうか。

そこが決まっていないと、決断もできませんし、後悔する可能性が高まるのです。

「後悔したくない」

これは、私たち誰もが考える本能の思考。

とはいえ、それを決断した時点では、自分なりに最高の決断をしているはずです。

決断する時点での経験値や実績は、そのときの自分が一番なのですよね。

そのようにして代償を差し出す決断しても、当初のぞむ成果につながらなかったとしたら、そこに多かれ少なかれダメージは残るでしょう。

でも、それでいいのではないでしょうか。

その時点でのベストの選択をして、結果を受け止めること。

大事なのは、やはりそのプロセスや結果から何を学び、どのように将来に活かしていくかです。

「自分史上最高の自分」が選択した代償を尊重しましょう。

期待していた結果ではなくても、「自分の実力不足だった」と受け入れて、そこから一歩を踏み出せば大丈夫です。

あなたがベビーステップを踏み出した時点で、その失敗は過去のものになるのですから。

「あの代償を差し出す価値があったな」と思える決断をとりにいきましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、早朝にコーチングセッションを入れずに、小学生の娘の音楽会に参加。

練習していた合唱や合奏を上手にやっていて、感動していました。

その後、妻と2人でカフェ、そのままランチに行くことができ、じっくりミーティング。

夕方は子どもたちと3人でやきとん屋に行けて、いい休日となりました。

――――――――――――――――

【メルマガを発行しています】
テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

ひとりで複数のビジネスをおこない、人生を充実させていくリアルストーリーにご興味があればぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く!」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!




複業で「自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-コーチング・NLP

執筆者:

関連記事

言いづらいことを言うために必要なのは、相手を想う気持と有効なフレーズ。

あなたには、「言いたいけれど、言いづらい」と思ったことがありますか? 私は言いづらいことを言わないようしてきましたが、言えるようになってきた経験があるので、心がけていることを記事にしました。 &nbs …

相手に信頼してもらうためのファーストステップは、自分が相手を信頼すること。

私たちは、チームメイトやパートナーに認められたら、うれしさを感じるものです。 では、相手に信頼してもらうには、どうすればいいのでしょうか。   スポンサーリンク   目次1 「伝説 …

理想のクライアントさんを引き寄せる。具体的なイメージでリアリティーを出そう。

非常にありがたく、嬉しいことに、コーチングの継続クライアントさんが増えています。 そのきっかけとなった(と思っている)ワークがあるので、私が実践したことを記事にします。   スポンサーリンク …

雑談が苦手な人におすすめ。フィードバックを日常会話にも意識してみよう。

コーチングセッションのスタイルを変えるトライをし続けて1ヶ月がたちました。 これまで身につけたスタイルを変えるのは勇気が必要でしたが、だいぶ慣れてきました。 (新しい洋服が身体にフィットするような感じ …

前進するために。自分がやりたいことを語っているか?さらにほかの人に助けを求めているか?

コーチングをしていて思うのは、行動できる人に2つあると感じています。 その1つは、「自分がやりたいことを口に出している」ということ。 もう1つは、「助けを借りることができる」ということです。 &nbs …

検索

似顔絵イラストphoto3

・日本唯一の早起きコンサルタント
・プロフェッショナルコーチ
・習慣化コンサルティング(株)認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター(国際ナイン・マトリックス協会認定)

法政大学経済学部経済学科卒業。
「最も過酷」と言われるテレビ番組制作アシスタントディレクター(AD)を経験。週に4回徹夜する日々を送る。
結婚・息子の誕生を機に人生を見つめ直し、営業マンとして一般企業に転職。
その後は朝から晩まで他動に流される時間に翻弄され、長時間残業を続けるも成果が出ない日々を送る。
そんな中、ビジネス書の多読を開始するうちに「良習慣」の効用に開眼。ビジネスとプライベートが劇的に好転する。
特に「早起き」というノーリスク・ハイリターンの「良習慣」に着目し、現在は「早起き」習慣化のためのセミナーを中心に活動。
早起きをはじめとした良習慣化コーチング、早起きセミナー講師、「早起き部」主催、「早起きの教科書」電子書籍執筆、早朝イベントなどを開催中。
「早起きは人生変革の最短ルート」をモットーに「早起き」普及活動を展開している。

さらに詳しいプロフィールはこちら

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31