【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

運動の習慣

大人になってから、本気で仲間を応援させてもらえる嬉しさ 〜トライアスロンデビューを振り返る(3)

投稿日:

Pocket

————————————————————
当ブログは、「良習慣(りょうしゅうかん)」(私の造語です 笑)によって「人生の変革」にチャレンジし続ける軌跡をつづった奮闘記です。
私が「良習慣」を獲得していくプロセスで、成功体験や目標達成に貢献できるような経験談(もしくは失敗談 汗)をシェアすることによって、読んで下さった方にわずかでも「プラスの痕跡」を残せるようなブログになることを目指しております!
「良習慣」という言葉が辞書に載る日を夢見て、小さな良い習慣を収集しております!
————————————————————
当ブログにお越しくださり誠にありがとうございます!
■今回も引き続き、前2回につづいて、
自分が経験しているか、いないか ~トライアスロンデビューを振り返る(1)~
「怒らない技術」を駆使した件(笑) ~トライアスロンデビューを振り返る(2)~
トライアスロンデビューを振り返りながら、気づきを記してまいります。
■無事、レース会場に到着。
開会式も終わり、レースが始まるまで待機する時間となりました。
トランジッションエリアにバイクをなんとかセッティングし、バイクやランの切り替えの際に使用するタオルや着替え等をスタンバイしました。
ここでも大量に汗をかきました。(笑)
そんな中、周囲をみたり、実際にスタンバイしてみると、不足しているものがあることに気づきました。
それは、ゼッケンベルト、サングラス、サンダルでした。
どれも、必須アイテムというわけではないので、大丈夫かと思っておりましたが、予想が甘かったのかもしれません。
他の選手はほぼ100%持っておりました。
あわてて、会場で買える品物があるかグッズショップ行ってみたところ、すべて売っていました。
その他にも、シューズやウエア、補給食なども売っている充実ぶりです。
最悪バイクだけあれば、手ぶらで来ても、ひと通り会場のショップで購入してレースにそのまま出場できる勢いです。(笑)
この大会でトライアスロンデビューされる方が多いと聞いておりましたが、このあたりのフォローはビギナーには本当にありがたいですね!
■その後も、ビギナーらしく(?)、何度もトランジッションエリアと休憩所を行ったり来たりしていました。
(ベテランの選手は、スタンバイするものが分かっているので、そんなに往復しないのです。)
そんなとき、偶然にも知人に出会いました!!
アスロニアさん主催の合同トライアスロントレーニングコミュニティ「ビギナーズチャレンジ2011」で同じメンバーだったSさんでした。
Sさんは、なんと68歳!
66歳でトライアスロンを始め、ホノルルトライアスロンを2度も完走した方です。
私もFacebookではつながっていたものの、ビギチャレ終了後、およそ2年半ぶりくらいの再会でした。
Sさんと話しをして気分もリラックスし、お互いの出場する時間を確認したり、レースの注意点についてアドバイスをいただいたりしました。
Sさんは、この大会3度目ということでした。
そして、デビューもこの大会だったということ。
レースは、年代別にスタート時間が分かれているので、Sさんと私が同時にレースをすることはないものの、Sさんにお会いできて非常に心強い気持ちになりました。
■高校生レースが順次スタートし、11時50分。
Sさんのレースがスタートしました。
Sさんのウェーブは60歳以上のカテゴリーでした。
ご年配の方も多かったのですが、やはりみなさんトライアスリート。
年齢を感じさせない力強いスイムを見せてくれました。
そのようなレースを見ていた私は、徐々にレースに引き込まれていたのでしょう。
「Sさん、頑張ってください!」
「あと1周でトランジッションです!」
と声援を送っていました。
私はトランジッションエリアの入り口で応援していたので、Sさんが無事スイムから戻ってきただけで感動してしまい、なぜだか涙腺うるうる状態。(汗)
「Sさん、スイムお疲れ様でした~!
 次はバイクです!!」
と、考えてみれば誰もが分かっているような、当たり前の声援を送っていたのでした。(笑)
■考えてみると、普段の仕事ではこのように、
「誰かに本気で声援をおくること」
ってないよな~、と思いました。
特に、
「大人になってから、応援でこんな大声を出すこと」
って、あまり経験がないのではないでしょうか?
「ビギチャレ」で初めて知り合い、仲間としてお互いにトライアスロンをスタートしてからおよそ2年半。
私がレースに出るまで長かったのが悪いのですが(笑)、ようやく一緒のレース会場で応援することができました。
68歳で人生の大先輩、かつトライアスリートとしても先輩ではありますが、このとき初めて、Sさんと少し深いところでつながりを感じ取ることでできた瞬間でした。
■私がトライアスロンにチャレンジしようと思わなかったら、Sさんとは出会っていなかったと思います。
そもそも、自分の父親より年上の方と一緒にトライアスロンをするなんて、想像したこともありませんでした。
でも、ここには年齢なんて関係なく、利害関係もまったくありません。
それなのに、同じ会場で、同じレースをともに戦い、いい大人が大声を出して本気で応援している。
そのような素敵な人と人との出会いが、トライアスロンというスポーツを通じて育まれてきたのだと思うと、あらためてトライアスロンに感謝したくなったのです。
ありがとう、トライアスロン!!
■さあ、そしていよいよ私のレースの時間が迫ってきました!
・・・というところで、残念ながら時間切れとなりましたので(笑)、また明日に続けたいと思います。
————————————————————
最後までお読みくださり誠にありがとうございます!
チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!
いつも本当にありがとうございます!

-運動の習慣

執筆者:

関連記事

オープンウォーター初体験!サンセットブリーズ保田で「アスロニア(ATHLONIA)」さん主催の練習会に参加。

昨日は、トライアスロンのコンセプトショップ「アスロニア(ATHLONIA)」さん主催のオープンウォーター練習会に参加してきました。 人生ではじめてのオープンウォーター&ウェットスーツでのスイム体験を記 …

昭和記念公園トライアスロン2015。ランパートでマイルールの大切さを再確認する。

昭和記念公園トライアスロン大会のふり返り。 いよいよ最後のランパートからのゴールです。 これまでの連載はこちらから。 トライアスロンはお金持しかできないスポーツ?少しかじって憧れへの気持を持ち続ける秘 …

ランウェアを1度も着ないで月間100キロを走る7つのポイント

ランウェアを1度も着ることなく月間100キロを走りました。 そのポイントを7つにまとめてみました。   目次1 11月は月間100キロのランニングをクリア2 ランウェアを1度も着ないで月間1 …

山手線1周ランニングイベントレポート。達成感と充実感を味わえる5時間の体験。

「GWのロング走は【 山手線一周 】 ラン 2018 春」イベントに参加してきました。 「山手線1周ラン」にご興味のある方は多いと思うので、レポート記事を書きます。   スポンサーリンク & …

仕事が思い通りにいかない時こそ運動で「運を動かす」。プライベート→仕事への波及効果を狙え。

たとえばあなたが「フルマラソンにチャレンジしたい」と思ったときに、仕事が思うようにいっていない状況だったらどうしますか? 2択だとしたら、 ・仕事が落ち着いたらフルマラソンにチャレンジする ・とりあえ …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。