書く習慣

10年日記と3ヶ月手帳を同時に続ける3つの工夫

投稿日:2023/10/13


日記と手帳、2冊を使う習慣を実験しています。
実践の工夫を記事にしてみました。




 

10年日記と3ヶ月手帳を同時に使う習慣

日記帳と手帳を同時に使う習慣を実験しています。

日記帳は、10年日記。
手帳は、3ヶ月の24Diary

ご覧の通り、どちらも紙です。

自分の思考や行動を紙媒体に記録する。
パソコンにデジタルに打ち込むように、きれいには残りません。

それだけに、使っていると愛着が湧きます(個人的には)。
もちろん、デジタルが悪いわけではないですし、当然のことながら私もずいぶん活用していますが。

日記と手帳の2冊を書く。

その必要性が出てきたのは、10年日記に100日プロジェクトのことを書いていると、日常の日記を書くスペースが無くなってしまったからなんです。

100日プロジェクトを発動して2023年の最後を締めくくろう | 【良習慣の力!】ブログ

「このままだと、連用日記のメリットが薄れるな……」と感じました。
そこで、10年日記を書く習慣が継続できているため、ちょっとだけハードルを上げてみたんです。

それほど大きなハードルではなかったので、今のところ何とか続いています。

日常を記していく10年日記。
個人的な100日プロジェクトの記録をしていく3ヶ月の手帳。

併用して見ていますが、今のところいい感じです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





2冊分を書き続ける3つの工夫

2冊分を書き続ける工夫として、次の3つのことを工夫しています。

それは、
1:定位置を決める
2:視界に入れる
3:行動をつなげる
です。

 

定位置を決める

1つ目は、
・定位置を決める
です。

今は、洋服タンスの上に、日記帳と手帳を置いています。

なぜか。

以前の失敗を教訓にしているからです。

タンスの上に置く前は、本棚に日記帳を収納していました。
そのほうが、見た目には良かったんです。

ただ、朝に本棚を見ずに出発してしまったことがあったんですね。
しかも、それが何日か続いて日記を書き忘れてしまいました。

そのため、置き場所を変更。
本棚からタンスの上に変えたわけです。

タンスの上に、日記帳と手帳。
見栄えは、あんまり良くありません。

ただ、習慣形成としては「花より実を取る」ほうがいい。

結果、置き場所変更作戦は、うまくいっています(今のところ)。

 

2:視界に入れる

2つ目は、
・視界に入れる
です。

「習慣は環境でつくる」

私の習慣形成の基本ルールです。
ですから、日記帳と手帳を続けるための環境づくりを考えました。

環境づくりで重要なのが、視界に入れることなんですね。

タンスの上は、私の目線の高さ。
1日のうち、少なくとも朝と夜の2回は日記帳と手帳を目にします。

すると、日記帳と手帳が視界に入ってきます。
自動的に「そうだそうだ、書かなきゃ」と思います。

この「思い出す」が、大事なことです。

 

3:行動をつなげる

3つ目は、
・行動をつなげる
です。

10年日記も3ヶ月手帳も、
・製本を開く→ペンを持つ→紙に書く
という行為は同じです。

ですから、10年日記を書いたら、その流れで手帳を書きます。

10年日記を書く習慣は、すでに1年半以上は続いています。
ですから、その流れで手帳を書けるんですね。

一瞬、日記に「何を書こうかな?」と考える瞬間があっても、その場合は手帳を書く。
手帳を書いてしまえば、10年日記もスムーズに書けるんです。

書きやすいほうの1冊を書くことができれば、その流れで2冊目も書ける。
1冊しか書いていなかったときは、気づきませんでした。

「2冊続けて書く」という実験をしてみて、感じたメリットです。

 

■スポンサーリンク




5分の手間を惜しまないルールづくり

2冊を書き続けてきて、「このあたりにポイントがあるな」と感じていることがあります。

そのポイントは、
「10年日記と手帳が視界に入ったら、その場で書く」と決めておくこと
です。

10年日記と3ヶ月手帳の2冊といえど、それほど時間はかかりません。
合わせて5分くらいなんです。

ですから、その場で5分をつくり、書くようにしています。

その5分を惜しむと、1日ずっと書かなかったりするんですよね。
わずかな時間なのに、タイミングを逸してしまうときっかけがなくなる。
不思議なんですが、よくあることでもあります。

翌日にリカバリーするくらいならいいんですが、まとめて3日分を書くことがあったりすると、それなりの負荷。
「あのとき書いておけば……」という後悔につながります。

10年日記を1年半以上続けてきて、よくわかりました。

「後でいいか」と思うと、本当に先のばしになります。
実際に、後で書くときにボリュームが多くなって負担に感じるわけです。

ですから、「10年日記と手帳が視界に入ったら、その場で書く」というルールで運用しています。

シンプルなんですが、パワフルなルールです。

きっと、あなたの習慣形成にも役立つはずです。

ぜひ、
1:定位置を決める
2:視界に入れる
3:行動をつなげる
というパターンをつくってみてはいかがでしょうか。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、夜に「良習慣塾」向けのセミナー準備。

そのあと、個別コーチングセッション。
ブログとコーチングについて対話しました。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-書く習慣

執筆者:

関連記事

頭の中だとタスクは不公平になる。紙の上だとタスクは公平になる。

定期的に頭の中を書き出すことをおすすめしています。 なぜなら、書き出すことによって私たちの思考が整理されるからです。   頭の中はリアル「脳内メーカー」である あなたは「脳内メーカー」という …

あなたの文章が今よりも読まれるようになる方法

せっかく時間をかけて書いたブログなどの文章。 できればより多くの人に読んでいただきたいと思うのは書き手の本音でしょう。 では、どうすればより多くの方に読んでいただけるのでしょうか。   文章 …

コアバリューノートを活用してブレない人になる方法

あなたは「ブレない人」に憧れたことはありませんか? 自分の価値観が定まらずにブレてしまう人には、本記事でご紹介する「コアバリューノート」を書いてみましょう。   「ブレない人」になるためには …

ネガティブ感情のスイッチが入っても大丈夫。マイナス思考をOFFにする3つの方法。

日常生活を送っていると、イライラ・クヨクヨは避けられませんよね。 感情が生まれてしまうのは避けられませんので、自分なりの対処法を持っておくことがおすすめです。   スポンサーリンク &nbs …

1日15分でストレスを軽減する方法。重要タスクと目標を紙に書き出す

1日に15分、時間をとって自分の重要タスクや目標をノートに書き出しましょう。 その習慣があなたのストレスを軽減し、年収アップにもつながる可能性があります。   1日15分でストレスを軽減する …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。