【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コミュニケーションの習慣

初対面での会話に困らないために。プロコーチおすすめの3つの質問。

投稿日:2016/09/19

Pocket

初対面のかたとの会話、あなたは得意でしょうか?

私自身、人みしりの部分があるので苦労はしていましたが、今ではだいぶ免疫がついてきました。

その理由の1つに、会話で質問を使えるようになったことがあります。

2ce6fe661524a6dfaf740ea0ded04a6c_s

 

スポンサーリンク

 

質問を覚えることで普段の会話の質もあがる

コーチングの質問を覚えるようになることで、初対面の話にそれほど困らなくなりました。

質問は、コーチングセッションだけでなく、普段の会話にもメリットがあるのです。

以前の私は、初対面から話を盛り上げないといけないと思っていました。

しかし、よくよく考えてみると、それはトークの達人でないと無理ですよね(そういう人もいらっしゃいますが)。

口から生まれてきたような人間でもないのに、そのようなことを考えていたわけです。

人はそのようにして理想と現実のギャップに苦しむのですよね。(^_^;)

そのように口べたな人でも、質問をいくつか持っておけば相手が自然に話してくれるものです。

また、その質問は「YES or NO」で答えるようなクローズドクエスチョンではなく、5W1Hのような答えが広がるオープンクエスチョンが望ましいです。

 

初対面のかたに私がよく使う3つの質問

初対面のかたと話すとき、まず興味が出るのは、相手のかたの人となりですよね。

そのものずばりではないにしろ、そのヒントを知るために質問をストックしていると便利です。

私がよく使う質問は、以下のようなものです。

1 ○○さんって、ひと言でいうとどんな人ですか?

ひと言で自分を表現してみる。

これはなかなか考えないことではないでしょうか。

この質問は、その人が自分自身をどのようにとらえているかが垣間見えるので、非常におもしろいです。

先日の師匠の結婚式でも使ってみたのですが、多用しすぎて「教官、ワンパターンすぎます!」とつっこまれました。。。

 

2 昔の自分と、今の自分で一番変わったのはどんなところですか?

この質問をすると、多くのかたは人生の転機を話してくれます。

人生の転機というのは、その人にとって大きなインパクトを持っているので、自然と会話に熱を帯びてくるものです。

とくに、社外の友人との人脈を広げようとしたり、あえて新しい人と出会う機会をつくっているような人は、何かきっかけがあって行動している人が多いもの。

そのような話をきくと、そのかたの人生の意外な一面も知ることもあります。

また、そのストーリーから、そのかたが持っている価値観もにじみでてくるのですね。

 

3 子どものころ、時間を忘れるくらい夢中になっていたことって何ですか?

子どもの頃は、誰でも自分欲求のかたまりで生きています。

そのときに夢中になっていたことは、その人が持っているニーズや価値観に結びついている場合が多いです。

野球やサッカーのように体を動かすのが好きだったのか、家で本をむさぼり読んでいたのか。

その答え1つとっても、そのかたのバックグラウンドがなんとなく伝わってくるものです。

それと、夢中になっていたことを話しているときの人の表情というのは、いきいきとしているのですよね。

そのような表情を見ることが、個人的に好きなので使ってしまうというのもあります(笑)。

 

過去のポジティブなできごとに焦点をあてる

上記の3つの質問のほかに使えるとすれば、

・今の自分に一番影響した人は誰ですか?
・子どものころのことで、一番覚えていることってなんですか?
・自分の物語で一番誇らしいのはどんなことですか?
・学生時代に一番覚えているできごとはなんですか?

といった質問があります。

ここは多少テクニカルな部分があります。

じつは、初対面のかたと短時間でうちとけるために有効なポイントが2つあって、

・過去のこと
・ポジティブな感情が動いたこと

について話すことが良いのです。

たとえば、子どもの頃に一番楽しかったことを聞かれたら、ネガティブな回答はなかなか出てきませんよね。

そのように、人は過去に楽しかったり、嬉しかった感情を思い起こすと、プラスの感情が生まれてきます。

すると目の前の現実も楽しくなってくるのです。

そのため、目の前にいるあなたのことも、プラスの感情でとらえてくれるようになります。

うまくいくと、子どもの頃からの親友のように愛着のある感情が出てきます。

このような効果があるため、短時間で親密感を醸成しやすいのですね。

「初対面のかたとの会話が苦手なんです。。。」というかたは、上にあげたような質問を覚えて使ってみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

前記事にもチラッと書きましたが、昨日は師匠の結婚式に参加させていただきました。

友人代表のスピーチも含めて笑顔あふれる(笑)とてもあたたかい時間で、素晴らしい結婚式でした。

式中に、ジンときて何度か涙しておりました。(^_^;)

やはり結婚式って、良いものですよね。

元帥・皇后、このたびは本当におめでとうございます!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-コミュニケーションの習慣

執筆者:

関連記事

コーチングは誰のために存在しているのか?私のルーキーコーチ時代のNG思考。

コーチングを学びはじめた頃に、ルーキーコーチが陥りがちな失敗があります。 私のような失敗をくり返さないようにしていただきたいと思い、記事にしてみました。   スポンサーリンク   …

子どもに「勉強しなさい!」と言ってませんか?人に行動を促すときに知っていると便利なコツ

「子どもや部下が行動してくれなくて困っている。。。」 そのようなこと、ありませんか? 実は、自分以外の人に行動をうながす時、知っておくと便利なコツがあるんです。 今回は、その「セカンドシグナル」という …

ペーシングを活用したコミュニケーション。空気を読まずに「空気を生み出す」。

「空気を読む」ことが大事と言われることもあれば、「空気を読みすぎないこと」も大事だと言われますよね。 どちらもメリット、デメリットはありますが、自分から「空気を生み出す」こともできると思っています。 …

対面セッションの場所をどうするか?より良い対話にするための演出を考えよう。

コーチングを習いたての友人に、対面セッションを行う場所について質問を受けました。 私の考えと経験を記事にします。   スポンサーリンク   目次1 対面セッションに困るケースは意外 …

「良いコーチは、良いクライアントさんによって育てられるものである」という言葉が湧き上がってきた日。

つらい時期がありましたが、コーチとしての最初の目標、 ・セッション時間が100時間を超えていること ・そのうち有料セッションが75時間を超えていること ・有料クライアントが8人以上であること を達成す …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。