【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

コミュニケーションの習慣

「ちょっとだけ悩みを聞いてもらえる?」と言われたときに試したい。悩みを軽くするための4ステップ。

投稿日:2016/07/01

Pocket

悩みがあると、なかなか前に進めません。

通常運転モードにできず、まさに「ブレーキを踏みながらアクセルを踏んでいる状態」です。

悩みを軽くすることにも、セオリーがあります。

08e52cdf6522eafd070571b437159297_s

 

スポンサーリンク

 

悩みは相談者の中に答えがある

「悩み」というのは、たいていの場合、相談者の心の中に答えがあるものです。

ただ、いきなり「あなたの中に答えがありますよ!」と言ってはいけませんよ。(^_^;)

なるべく相手の話をよく聞いて、話してもらう。

相談者は話していると、自分の本当の感情に気づいたり、違和感を感じたりします。

仮に、相談を聞いているあなたが、素晴らしいアイデアを出したとします。

そのときは一瞬盛り上がるのですが、相手にはそのイメージが見えていないので、行動にうつさないのです。

ですから、相談者が自らアイデアを出せるような雰囲気にする必要があるのです。

 

スムーズに答えにたどりつくための4ステップ

相談者の方に答えを出すために必要なステップを4つにわけてみました。

(1)相談者の現状を率直に話してもらう

まず重要なポイントは、現状を思いっきり話してもらうことです。

・事実なのか、思い込みなのか?
・ポジティブな受け止め方をしているのか、ネガティブに考えているのか?
・課題なのか、現象なのか?

そのような視点を入れつつ、感情を吐き出してもうらのです。

それによってスペースをつくります。

空間、余白、空白。あえてスペースをつくり、狙いをしぼってゴール達成につなげよう。 | 【良習慣の力!】ブログ

 

(2)「どのような状態になったら良いのか?」をきく

相談者は、なんらか現状に不満を抱いています。

また、その状況を脱したいと考えています。

だからこそ相談しているわけですね。

ですから、「現状を抜け出したら、どうなりたい?」ということをききます。

 

(3)選択肢を増やす視点を提供する

現状を認識し、目指す状態をえがく。

それによって、ギャップが明確になります。

ゴールにたどりつく道は、1本しかないわけではありません。

また、相談者にありがちなのですが、悩んでいると「白か、黒か」という思考におちいります。

答えというのは、ゼロか100か、といった2択ではないことが多いものです。

中間の選択肢を考えたり、ほかの選択肢を増やしていきます。

 

(4)小さな1歩を踏み出す手伝いをする

最後に、ギャップをうめる行動を決断してもらいます。

いくつかの選択肢が出ているので、その中からもっとも行動できそうで、かつ相談者がやりたい行動を選択肢が理想です。

行動だけが現実を変えます。

最後は、行動に焦点をあててみましょう。

 

完璧な答えではなく「現時点での最善解」を探す

相談者というのは、

・自分の考えが正しいのか確認したい
・背中を押してほしい
・進むべきゴールを見失っている
・もやもやしている

といった観点があります。

私自身をふりかえってみても、そのように思います。

ただ、どれほど答えを求めたとしても、仕事であっても、プライベートであっても、100%の正解はありません。

普遍的な原理原則というのはもちろんあります。

しかし、状況によっては、それがすべての人に当てはまるわけではないのも事実です。

そうでなければ、世界中に成功者だらけになっているはずですよね。

そのため、相談としての結論としては、「その時点での最適な答え」を見つけるしかできません。

ですから、相談者の方に「選択肢の中から答えを選んでもらう」プロセスが必要なのです。

まとめると、

・相手の現状を吐き出し、
・相手の欲求から出た選択肢を選んでもらい、
・そのためのベビーステップを考える

という流れを踏むことがポイントです。

あなたが、友人などに相談されることがあれば、ぜひ上記のようなステップを意識してみることをおすすめいたします。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は妻と飲みすぎました。。。

日中の活動に悪影響が出つつも、なんとか1日を終えることができました。

睡眠はやはり重要です・・・。(~_~;)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-コミュニケーションの習慣

執筆者:

関連記事

ネガティブな言葉を使う人に困っているあなたへの処方箋

何かとネガティブな言葉を使ってくる人に困っている人はいませんか? 対処法を記事にしてみました。   目次1 ネガティブな言葉に影響を受けないためには?2 相手を「いい」「悪い」でジャッジして …

コーチングで高校野球の「ありたい姿」を考える。あなたは「ありたい姿」を描けていますか?

甲子園球児たちの活躍がまぶしい季節ですね。 そこで本日は、高校野球とコーチングを結びつけて、「ありたい姿」を描く重要性について考えてみました。   スポンサーリンク   目次1 コ …

「アメとムチ」はもう古い?ワンランク上の「アメとアメなし」コミュニケーションで考えよう!

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 昨日の記事でご紹介したこちらの本。 【本日のお勧め本】 メリットの法則――行動分析学・実践編 (集英社新書 …

あなたの意識が向いている方向はどこですか?「ない」ととらえるか「ある」ととらえるか。

同じ事実があっても、ある人にとっての現実と、別の人にとっての現実は異なるものです。 その差は、意識をどこに向けているのかによって変わるものだと考えています。   スポンサーリンク &nbsp …

コーチングセッション200時間超え。時間、能力、人脈、お金の4つの壁に向かう工夫。

「継続は力なり」と言われますが、あなたには、目的を持って毎日のように続けていることがありますか? 「自分が興味関心のあるものに時間を使えている環境」は、毎日の生活に充実感をもたらしてくれるのでおすすめ …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。