良習慣の習慣

習慣化→自動化→ロボット化→マンネリ化の流れに注意しよう

投稿日:


ターゲット行動を自動化できれば、習慣となります。

ただし、習慣のマンネリ化には注意しましょう。




 

習慣化の目標は自動化

習慣化を目指すゴールは、

・自動化

です。

最初は困難だったこと。

それを続けているうちに、私たちの脳や身体が学習します。

がんばらなくても、自動化によって行動できるようになっていくのです。

結果、困難だったことも、やがて簡単になります。

その行動が「理想の1日」や「なりたい自分」に近づく行動なら、良習慣です。

強く意識せずとも、1日に一定のパフォーマンスを発揮して、一定の成果を残せるようになります。

そのような1日をすごせる人は、良習慣が自動的に発動する仕組みをつくってきているわけです。

自動化すれば、脳や身体がトレーニングされたように動きます。

このプロセスを

・成長

と呼んでいます。

「成長して、自分を高めたい」

そう思うビジネスパーソンは、時間の使い方やスキルアップを狙っているわけです。

今まで1時間かかっていた仕事を工夫して、45分に短縮できれば、それは成長だと思います。

成長は、スポーツ選手のほうがわかりやすいかもしれません。

たとえば、アイススケートの選手。

今までできなかったジャンプができるようになれば、それはスキルアップの証拠ですよね。

それまでがんばっていた行動を自動化できるようになれば、成長という名のレベルアップができます。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





自動化からの惰性化に注意する

ただし、一見いいように見える自動化も、注意したほうがいいことがあります。

それは、

・自動化がロボット化に変わるタイミング

です。

「習慣にしよう」と思って取り組んだことが、がんばらなくても自動化できるのはいいことです。

望むところです。

意志力や労力やスタミナを使わずに、ターゲット習慣に取り組めるようになるからです。

すると、別の習慣に取り組むことができるようになるのです。

エネルギーを振り分けられるようになるからなんですね。

一方で、自動化に慣れすぎるとどうなるか。

それが、

・ロボット化

なのです。

たしかに、自動化できると、脳や身体への負荷が激減します。

ただ、そのまま改善や刺激を与えないと、ロボット化してしまいます。

ロボット化してしまうと、成長の余地が減ります。

感情の起伏も少なくなります。

淡々とやるのは悪いことではありませんが、負荷がかからなくなると成長しなくなるのです。

すると、何が起こるか。

・習慣化→ロボット化→マンネリ化

なのです。

マンネリ化すると、成長しなくなります。

停滞するのです。

めちゃめちゃ筋肉がある人が、500ミリのペットボトルで筋トレしているようなものです。

さすがに成長しませんよね(笑)。

 

■スポンサーリンク




マンネリ化から抜け出す3つの対策

私が「マンネリ化に陥っているな」と感じたときにやっていることをあげてみました。

 

新しい情報をインプットする

人がマンネリに陥っているときは、新しい知識がなくなっているときです。

新しいインプットがない。

ですから、刺激もない。

今までと同じことをくり返すしかなくなってしまうのです。

それを防ぐためには、新しい情報をインプットすることです。

専門分野の情報は、本やセミナーの情報源を確保しておきましょう。

 

一流の人を見る

普段は、一流の人を見るとへこみます。

自分との差を感じすぎるからです。

ただ、マンネリ化しているときは、一流の人と自分を比べるのは有効です。

あえての比較です。

すると、「こんなもんじゃまずい」と思えます。

「マンネリ化を脱出しよう」という気持ちになるのです。

 

今より難易度が高い方法を試す

今できているようになっていることに慣れすぎると、停滞が起こります。

それが、マンネリ化を引き起こします。

退屈になるのです。

それを防ぐために大事なのは、今より少し難易度が高いやり方を試すことです。

わかりやすいのは時間です。

効率化や時間短縮を目指すのです。

工夫や試行錯誤が必要になります。

マンネリ化している場合ではなくなるのですね。

 

習慣がマンネリ化すると「人生がマンネリ化しているな」と感じやすくなります。

それを防ぐために、3つの対策をとっています。

あなたの習慣へのマンネリ化防止のヒントになれば幸いです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、予定していたことが雨で流れたため、朝からミーティング。

朝7時から「習慣化オンラインサロン」のリニューアル案のミーティング。

8時から新しい3ヶ月プロジェクトのミーティング。

その後、ミーティングで出てきたタスクなどを進めていました。

午後は家族とゆっくりと。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

「ひとり時間」確保のすすめ。「ふり返り・現在把握・未来」で自分軸をキープ。

「1日24時間」をコントロールできなければ、「人生」というもっと大きなプロジェクトをコントロールできるはずがない。 早起き習慣化セミナーで毎回お伝えしています。 その時間の中に不可欠なのは「ひとりの時 …

「アルダファの三大欲求理論」から考える。人間の高次的な欲求にある成長欲を活用しよう!

  こんにちは、伊藤です。 本日は、明日出場する「東京マラソン」の受付に行ってきました。 受付会場の東京ビッグサイトは大混雑。 これだけたくさんの人が関わるマラソン大会に参加できるのは、嬉し …

no image

勝間和代さんが日刊メルマガのネタをつくる習慣とは?

本ブログにお越しくださり誠にありがとうございます! ■ビジネス書やメディアで人気の勝間和代さんは、日刊のメールマガジンを配信されています。 内容としては、書籍の紹介からゴルフネタまで様々です。 世間的 …

ブログは「24時間以内の更新」が良いのか?それとも「納得いく記事を更新」する方が良いのか?

ブログを「1日1記事」書くことを続けて1年以上が経過。 ついに、本日で400記事となりました! その間、考えていたことがあります。 それは、 ▼日付をまたいででも自分の納得がいく記事を書くのか?(とり …

サービスを提供するときにもっとも忘れてはいけないものをもっとも忘れていた話(汗)

早起きセミナーを3回開催した8月。 今回から、新しい試みで「早起きコーチング」の継続コーチングサービスを提案したことは以前にも書きましたね。 テストマーケティングの結果と振り返りを記しておきます。 & …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。