時間の習慣 良習慣の習慣

時間管理のコツ。エレベーターから下ろす人(活動)を決めているか?

投稿日:


最近、とくに「時間の使い方に悩んでます」という声を聞くようになってきています。
そこで、ご相談される方たちが、ちょっとだけ見落としているポイントを記事にしてみました。




 

時間とエレベーターの共通点

「24時間に、できる限りたくさんのことを実践したい」

やることがあふれている人なら、思ったことがあるはずです。
私もそうでした。

実際、
・読書をしたい
・ブログを書きたい
・運動をしたい
・セミナーもコーチングもしたい
・家族や友人とも遊びたい
と思い、できる限り時間をやりくりしてきたんです。

ただ、それにも限界があります。
「やることをたし算していく」という戦術しか持たないと、いずれ破綻するんです。
たとえ、どれだけ時間の達人であっても。

なぜなら、時間の枠は決まっているからです。
当然ですよね。
それなのに、パンパンに詰め込んでしまうわけです。

このイメージは、私にとって「エレベーター」です。

以前、エレベーターがいっぱいなのに、無理に乗ってくる人がいて。
ブザーが鳴ったんですね。
そのとき、ふと感じたんです。

「これって、なんだか時間の中に無理やりタスクを詰め込んでいる自分みたいじゃないか」と。

1つのエレベーターには、入れる人数や重さが決まっています。
時間も同じです。
ブザーがな鳴れば、タスク管理の破綻です……。

たとえば、1日にら24時間という制限があります。
それは誰にも変えられません。

それなのに、なぜか「もっと入るはず」と思ってしまうんですね。
結果、エレベーターはぎゅうぎゅう詰めです。

それなのに、
「そうだ、瞑想もいいみたいだから取り入れよう」
「ジャーナリングもいいな」
「寝る前にストレッチも」
みたいに押し込んでしまうんです。

するとどうなるでしょうか。

エレベーターから「ブー!!」とブザーが鳴ります。
「もう乗れません。定員オーバーですよ」と。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





「すべてを毎日やる」というトラップ

私たちの時間にも、エレベーターのようなブザーがあるといいですよね。

ランニングや読書などの習慣をもっとやろうとすると、「もう、新しい習慣は入りませんよ」とブザーを鳴らしてくれる。
そんな仕組みがあれば、私たちのやることの詰め込みが減るはずです。

ただ、残念ながら私たちの時間管理にブザーを鳴らしてくれる仕組みは無いんです。
ですから、自分で管理しなければならないわけです。

では、どうすればより良いタイムマネジメントができるのか。

ポイントは、
・「優先順位を落とす活動を決める」
ということです。

たとえば、あなたが、
・読書
・運動
・ダイエット
・家族
・会社の仕事
・日記(ジャーナリング)
という習慣に取り組んでいるとします。

すると、1週間の中で平均的に毎日やりたくなりますよね。
もちろん、習慣ですから、それも悪くありません。

ただ、「すべて平均的にやる」のはトラップです。
苦しくなるんです。
つらくなれば、習慣は続きません。

「すべて平均的にやる」発想から、抜け出していきましょう。
ポイントは「やろうと思えばできるかもしれないけど、あえてやらない」を決断することです。

 

■スポンサーリンク




今回は誰を(何を)エレベーターから下ろすか?

では、どうすればいいのでしょうか。

結論は、
・「今週はやらない」
・「今月は手をつけない」
という活動を決めることです。

理由は、
・私たちの状況は常に一定ではないから
です。

状況によって優先度が変わりますから、定期的に、
・「今週はやらない」
・「今月は手をつけない」
を決めるわけです。
意図して。

たとえば、マラソン大会が1ヶ月後に迫ってきている。
それなのに、トレーニングがほとんどできていない。

だとすれば、ランニングの時間を優先して確保する必要がありますよね。
それなのに、それまでの毎日と同じ時間だけ活動をしていたらどうなるでしょうか。
破綻してしまいますよね……。

ですから、
「今週は、ランニングの時間を優先する。その代わり、読書の時間を減らそう」と決断しなければならないのです。

このようなときに、「ランニングしなきゃなー」と思いながら、読書をしていると意識も分散します。
「やらなきゃ」という意識エネルギーだけはどんどん奪われています。

それなのに、結果としてランニングも読書もやらなかったりするんですよね。
それで「こんなことなら、どちらか1方だけでもやっておけば良かった……」って後悔したりします。

この期待とは違った結果になる原因があります。

それが、
・エレベーターが定員になっている
ということなんです。

ですから、対処策としては、
・「エレベーターから下ろす人(活動)を決める」
です。

マラソン大会か迫っているなら、ランニングの時間を優先的にエレベーターに乗せましょう。
読書の習慣が乗り遅れたとしても、仕方がないです。
定員があるわけですから。

その分、マラソン大会が終わったら、読書の時間を増やして、ランニングの時間を減らせばいいですよね。

エレベーターからおりてもらったとしても大丈夫です。
それは一時的なものですから、また乗ってもらえばいいんです。

今日1日や今週1週間で、エレベーターに誰を優先的に乗せるか。
それを考えるために、1週間のふり返りや計画をするわけです。

この選択と決断を柔軟にできるようになると、時間活用の達人に近づけるはずです。
ぜひ、考えてみましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、朝6時45分から「良習慣塾」メンバーとの
コーチングセッション。
7時30分から9時まで、あるコミュニティーの
オンライン朝活へ参加。
10時から12時20分まで「良習慣塾」グループ
コンサルティング・・・という名の2時間セミナー。(^^;)

午後はオフ。
夕方に妻と食材の買い出しへ。
夜は録画していたラグビーワールドカップの決勝戦を観戦。
胸アツでした。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-時間の習慣, 良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

「週末くらいは寝坊しよう!」という戦法はやめた方が良い理由

週末の朝寝坊はOK? 先日、雑誌を読んでいて知ったことです。 平日に早起きしていると、 「週末くらいは思う存分寝よう!」 と思ってしまいがちですよね。 でも、実はこの行動、脳にダメージを与えてしまう可 …

no image

「試しにやめてみる」というオプション

◼︎突然ですが、思うところがありまして、 「禁酒」 してみることにいたしました。

no image

世界への扉は、人とのご縁で開かれる

■先日、本田直之さんの講演を聞きにいきました。   いつもの通り、本田さんが1番よく見える最前列に席を陣取りました。(笑) わたしが会場の雰囲気をおさめるために写真を撮っていたら、 「本田さ …

先のばしを撃退する方法。39ヶ月の先のばしを完了させた3ステップ。

先のばし病の私が、39ヶ月(およそ3年半)も先のばししていた重たいタスクを、ようやく完了することができました。 「重たいタスクの先のばし」を解決した方法を、記事にしています。   重たい未完 …

世界の名著から「人生成功」の統計を一気に学ぼう。自己啓発の名著250冊に共通する成功の原則とは?

・願望達成をイメージする。言葉にする。 ・ポジティブになる、楽観的になる。 ・自分の直感や内なる声に従う。 ・他人に奉仕する、与える。 ・人生の目標や目的をはっきりさせる。 ・他人に思いやりを持つ。許 …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。