【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

仕事の習慣 行動の習慣

「タスクシフト」の5つのメリット。時間の区切りが生産性を劇的に高める

投稿日:

Pocket

あなたのパフォーマンスを劇的に高める方法があります。

それは「タスクシフト」というテクニックです。





 

「タスクシフト」の実験

今朝は、休日の午前中の使い方について実験をしてみました。

それは、「タスクシフト」といテクニック。

5時30分すぎに起床。

そこから、ずっとZoomをつなぎました。

具体的には、下記のような時間の使い方を実験してみたのです。

・6:00「習慣化オンラインサロン」朝活6時の部(30分)

・6:30「習慣化オンラインサロン」朝活6時の部(30分)

・7:00「習慣化オンラインサロン」プランニングデー(30分)

・7:30「習慣化オンラインサロン」目標達成ミーティング(30分)

・8:00「習慣化オンラインサロン」がっちり集中タイム(50分)

・9:00「習慣化オンラインサロン」ブログ部ミーティング(50分)

・10:00 オンラインセミナー(135分)

終了したのが12時15分。

そこから家族で昼食を食べました。

成果物は以下のようなものです。

・モーニングメソッド(6習慣)

朝のたった15分で別人のような気分になれる「モーニングメソッド」短縮版 | 【良習慣の力!】ブログ

・「座右の書」プロジェクト

座右の書を活用して「一貫した自分軸」をつくる方法 | 【良習慣の力!】ブログ

・デイリーファイブ

「The Daily Five(デイリーファイブ)」で1日に5つのタスクに挑む習慣 | 【良習慣の力!】ブログ

・アイデアストック

アイデア不足から抜け出せるノート「IDEA STOCK(アイデアストック)」 | 【良習慣の力!】ブログ

・1日の15個のゴール設定

・25分のオンラインセミナー受講

・1週間のふり返りとプランニング

なぜ、90%もコースをはずれた飛行機が目的地につくのか?計画がずれてもゴールにたどりつく方法。 | 【良習慣の力!】ブログ

・目標への進捗報告と宣言のシェア

・「習慣化オンラインサロン」新規メンバー向けイベントページ告知

・「習慣化オンラインサロン」会員リスト更新→スタッフに共有

・ブログの1週間分のネタだし

ブログネタに困っているあなたにおすすめの「アウトプット献立表」をつくる習慣 | 【良習慣の力!】ブログ

・メルマガの1週間のネタだし

・135分のオンラインセミナー受講

という感じですね。

およそ6時間の時間投資。

休日の午前中にこれだけ集中できたのは良かったですね。

私にとって充実の成果物です。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





「タスクシフト」の5つのメリット

あらかじめ時間を区切っておき、複数の行動を切り替える。

このようなテクニックを「タスクシフト」と呼びます。

今回体験した「タスクシフト」のメリットを、5つあげてみました。

1:シングルタスク・シングルモードをつくることができる

2:達成感をくり返し味わうことができる

3:メリハリをつくることができる

4:先のばしを撃退できる

5:生産性を高めることができる

 

1:シングルタスク・シングルモードをつくることができる

1つ目は「シングルタスク・シングルモードをつくることができる」です。

「9時からブログ部のミーティング」

「10時からセミナー受講」

と決めておくことで、そのタスクに集中できます。

ブログ部のミーティング中に、トライアスロンのバイクトレーニグをすることはできませんので。

マルチタスクを防げるので、結果的に1つのタスクに集中できるのです。

 

2:達成感をくり返し味わうことができる

2つ目は「達成感をくり返し味わうことができる」です。

30分や1時間の区切りを決めておくことで、その時間が終わったときに達成感を味わうことができます。

人は、小さなことでも達成感を味わいたい生き物。

ですから、小さく何度も達成感を味わうことで、作業興奮が起きてきます。

結果、次のタスクにも気持ちよく取りかかることができるのです。

 

3:メリハリをつくることができる

3つ目は「メリハリをつくることができる」です。

たとえば、

・25分のオンラインセミナー受講

・1週間のふり返りとプランニング

という切り替えの前に、5分ほど休憩タイムもはさみます。

すると、これが「緊張と弛緩」になるのですね。

アクションとリラックスを交互に行うことで、結果的にパフォーマンスが高まります。

 

4:先のばしを撃退できる

4つ目は「先のばしを撃退できる」です。

あらかじめ時間が区切られていると「さて、この30分を何に使おうかな?」と悩む必要がありません。

ですから「1週間のふり返りか・・・。面倒くさいな」とか思うことはありません。

脳のよけいな意志力を使う必要がないのです。

結果、先のばししそうになっていたタスクも着実に実行できました。

 

5:生産性を高めることができる

5つ目は「生産性を高めることができる」です。

今日は6時間で13個のインプットとアウトプットがありました。

そこには、無理やり感はありません。

アウトプットをつくることを意識はしていましたが、それほど負荷はなかったのです。

まるで「この電車にのって、この駅で乗り継ぎをして」という感じでタスクを切り替えていたら、目的地に到着してしまった。

そのような感覚です。

事実として、ブログのネタ出しやメルマガのネタ出しといったアウトプットをつくれたため、今こうして記事を書くことができているわけです。

 

■スポンサーリンク




「タスクシフト」にトライしてみよう

「タスクシフト」についての実験が、コロンビア大学でおこなわれていることを知りました。

被験者に、次の2つの方法でタスクにとり組んでもらう実験をしたのです。

(1)あらかじめ時間の区切りを決めておき、2つのタスクを入れ替えながら作業をしてもらう

(2)被験者の意志で自由に2つのタスクを切り替えながら作業にとり組んでもらう

結果はどうだったのか。

そう、(1)のグループのほうが生産性が高かったのです。

あらかじめ時間の区切りを決めておいた効果で、作業効率が高まったり、集中力が高まったのです。

理由は、タスクを切り替える「時間の区切り」があらかじめ決まっているから脳が安心するからなのです。

「いつもで自由に切り替えられる」という不安定さを無くすことで、脳に「今はこのタスクに集中してていいんだよ」という安心感を与えられるのですね。

 

タイマーを活用する

私のように、オンラインサロンのような環境があれば、プログラムに従っていくだけで「タスクシフト」が可能です。

ただ、あなたがいきなり「タスクシフト」ができるかと言われると難しいかもしれません。

そのような環境がなくても「タスクシフト」を実行するためには、タイマーを活用しましょう。

前もって

「30分だけ1週間のふり返りとプランニングをする」

「それが終わったら次は30分でブログの前半を書く」

と決めておく。

タイマーが鳴ったら、予定通りに次のタスクに切り替えるのです。

このときのポイントは、タイマーが鳴ったら機械的にタスクを切り替えること。

調子がのっていても、いったん切り替えましょう。

そうしないと、脳が不安になってしまうからです。

一度決めた時間を守りながら、たんたんとタスクを実行していく。

それが、あなたのパフォーマンスを高めます。

ぜひ、トライしてみましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、朝6時の「習慣化オンラインサロン」朝活ファシリテーションからスタート。

8時から「習慣化オンラインサロン」のオーナー会議。

「習慣化オンラインサロン」としてとり組む方向性を決めることができました。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-仕事の習慣, 行動の習慣

執筆者:

関連記事

習慣化に重要な要素は「場所」。習慣化モードに入るために場所というトリガーを活用しよう。

習慣化に重要な要素の1つに「どこで」という「場所」があります。 どのような場所でアクションを起こすのか、そしてその行動が実行できるのか。 そのために「場所」という要因に焦点をあててみることも1つの視点 …

「主体的」と「自主的」の違い。そして主体性と習慣「3種の神器」の関係性について。

行動の先に得られるものがはっきりしているから、自分から動くのか。 それとも、行動しても何が得られるかはっきりしていないけれど、自分から動いていくのか。 この2つの違いは大きいと考えています。 &nbs …

「行動できない」という悩みを抜け出すために。5つのフェーズから課題解決を考える方法。

「行動できない」とひと言で言われますが、そのフェーズはいくつかの段階があります。 行動ができていないときは、自分がどのフェーズにいるのか考えてから行動することが重要です。   スポンサーリン …

目的別にメールアドレスを複数つくってメール対応を効率化する

ビジネスやプライベートでは、まだまだメールを活用することが多いものです。 メールを受信する用途や目的も多様化しているので、個人で複数のメールアドレスを持つようにしましょう。   目次1 3つ …

自分なりの評価基準を持とう。指標を持つために言葉を持つ本・名言・信念。

私たちは、日々の成長をどのような基準ではかればいいのでしょうか? それは誰かに与えられるものではなく、自分で判断していくしかないのだと思います。   スポンサーリンク   目次1 …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。