気づきの習慣 良習慣の習慣

悪習慣を発生させるボトルネックを発見する方法

投稿日:


あなたは悪習慣にまみれた1日を送ったことはないでしょうか。

じつは、そんな1日こそ、ボトルネックを発見するための素材だったりします。




 

私が感じた不調の理由

「なんだか仕事がスムーズに進まないなぁ……。」

「何か、いつもと調子が違うんだよなぁ……。」

先日、会社の仕事をしているときにふと感じたことです。

いわゆる「不調」ですね。

スランプというわけではないんです。

仕事も進んでいる。

ただ、停滞感があるわけです。

重いものを背負って仕事をしているみたいな感覚といえば伝わるでしょうか。

こういうときは、自分の体であって、自分の体じゃないような気がするんです。

あなたも、同じような経験をお持ちかもしれません。

こんなとき、私は思うのです。

「時間が足りないのかもしれない」

「集中力が不足しているのかも」

「いや、スピードが無いということかな」

という風に。

ただ、よくよく分析してみると、原因は違います。

根本の原因は、

・「1日を停滞させるボトルネック」を把握していない

ということです。

私の場合の「1日を停滞させるボトルネック」は、

・無計画のまま1日をスタートさせてしまう

ということでした。

私が「何か、いつもと調子が違うんだよなぁ……。」と感じた日は、朝1番の仕事をメールチェックからスタートしてしまっていたんですね。

急ぎでメール返信しなければならない案件があったので。

そのため、仕事のスタートは「受け身」でした。

普段は、メールを受信する前に10分の時間をとってA4メモ書きを10枚書きます。

その日のタスクや計画を書き出しています。

優先順位を考えています。

タスクを1つずつクリアしていくために。

メールチェックからスタートして、主導権を握れていなかったために「何か、いつもと調子が違うんだよなぁ……。」と感じていたわけです。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール





「悪習慣サイクル」のきっかけを特定する

「1日を停滞させるボトルネック」は、人によって変わります。

あなたの場合は、何でしょうか?

できるだけ早く「1日を停滞させるボトルネック」を特定しましょう。

なぜなら、ボトルネックから、すべてはつながってしまうからです。

たとえば、私の場合でいくと「二度寝」です。

二度寝が発生すると、1日は受け身からスタートなんです。

寝坊すれば、当然のことながら朝のゆっくりした時間がとれません。

あせりながら、朝の身支度をします。

朝ルーティンもスキップしてしまうから、調子が出ない状態。

1日のしわ寄せが日中にきます。

ランチタイムもせわしない感じになります。

当然のことながら、ブログも夜まで終わりません。

すると、1日中「ブログが終わってないな……。」と意識を奪われます。

帰宅しても、家族との会話もそこそこに、寝る時間になってしまうわけです。

それなのに「今日はよくやったな、俺」とかなんとか言って、缶ビールを開けてしまう。

結果、第2領域の活動がほとんど進まないわけです。

ストレス解消にビールを飲んだら、翌朝の目覚めもよくならないでしょう。

最悪は、翌日も二度寝してしまうかもしれません。

すると、また悪循環の1日が始まるわけです。

まさに「悪習慣サイクル」です。

悪習慣サイクルがまわり始めると、日中の仕事のパフォーマンスに悪影響を及ぼします。

感情もマイナスにふれてしまいます。

1日が終わったときの幸福感も、激減します。

悪習慣サイクルは、どこからやってくるのか。

この場合は、

・二度寝というボトルネックからすべてが始まっている

のです。

 

■スポンサーリンク




ボトルネックを特定する方法

「1日を停滞させるボトルネック」があると、私たちが前に進もうとしても、行く手を阻みます。

二度寝なら、わかりやすいです。

一方、私の前述の朝のスケジューリングのように、少しわかりづらいものもあったりするんですよね。

「悪習慣のサイクル」にはまるときは、ボトルネックは必ずあります。

きっかけは、ささいなものかもしれません。

まるで、ドミノ倒しの最初の1枚のようなものです。

ボトルネックになる最初の1枚が倒れると、そこから連鎖して倒れていきます。

せっかく整えている良習慣であっても、簡単に悪習慣ドミノに負けてしまいます。

悪習慣の勢いがつきすぎているからなんですね。

悪い勢いを止めるためにはどうすればいいのでしょうか。

自分で気づいて、悪習慣ドミノをストップさせるしかありません。

できるだけ早めに。

そのためにも、「1日を停滞させるボトルネック」を特定したいわけですね。

悪習慣が歩み寄ってきたときに「あっ、いま来てるな」と気づければ、食い止められる可能性があります。

ボトルネックに気がつかなければ、悪習慣のドミノに流されるままです。

すると、悪習慣ドミノがどんどん倒れていき、1日が終わってしまうわけです。

こわいことです。

では、ボトルネックの特定は、どうすればいいのでしょうか。

答えは、

・あなたの過去

にあります。

「悪習慣に流されてしまった1日」の中に。

つまり、「今日は残念な1日だったな……。」と思ったら、そこにボトルネックを特定するヒントがあるのです。

悪かった1日をあえてふり返って、「何が悪習慣サイクルをスタートさせたのか?」を分析してみましょう。

まるで、医者が患者の患部を特定するように。

あなたが、あなたの医者になり「良くない1日」の患部を特定するのです。

すると、先ほどの私のように

「患部は二度寝か・・・!」

とわかります。

まるで、小説の中の探偵が「犯人はお前だったのか・・・!」と特定するみたいに。

そこから、二度寝というボトルネックへの対処を考えるのです。

「やっちまった……。」という日があったときこそ、ぜひ分析してみましょう。

 


 

【お知らせ】

■【発売中】目標設定セミナー(音声教材)

■【発売中】「早起き習慣化セミナー」動画・音声教材

■「習慣化オンラインサロン」新規メンバー募集中!
~月額5,500円(税込)で最高の「続ける」環境が手に入る~
「習慣化オンラインサロン」のご案内

■【発売中】『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

パーソナルコーチングのお申込み

「皇居ラン&コーチング」サービス

メルマガ「複業で自分を磨く良習慣」のご案内

伊藤 良のプロフィール


 

■スポンサーリンク




 

■編集後記

昨日は、朝6時から『習慣化オンラインサロン』朝活のファシリテーションからスタート。

7時から8時まで「ガッチリ集中TIME」のファシリテーション。

8時30分から「モーニング運動タイム」イベントで5キロのランニング。

10時30分からコーチングセッション。

午後は、地元のお祭りに義妹と甥がきたので合流して、一緒にお祭りへ。

夕方は、妻と2人で地元の焼き鳥屋に行きました。(^^)


 


 

【メルマガを発行しています】

テーマは「複業(マルチキャリア)を成功させる方法」です。

あなたがひとりで複数のビジネスをおこない、ご自身の人生を充実させていくノウハウにご興味があれば、ぜひご登録をお願いいたします!

▼メルマガのご案内はこちらから
メルマガ「複業で自分を磨く習慣」のご案内

▼ご登録は下記よりお願いいたします!



「複業で自分を磨く習慣」メルマガ登録フォーム
  *
  *
メールアドレス  *

 


 

■スポンサーリンク

-気づきの習慣, 良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

自分の思い込みに気づき、思い込みを変える3つの方法

私たちの日常的に目にしている世界は、プラネタリウムのプロジェクターのようなもの。 自分の内面の「思い込み」というフィルターを通して映し出されています。 現実を変えるためには、思い込みを変える必要があり …

「素直に実行すること」は大切です。でも、その前に噛み砕くことが大切なんです。

学びを成果に変えるために 昨日のエントリで、 「なぜ、良質なコンテンツを学んでも成果が出ないのか?」 という理由の1つ目について説明しました。 良い学びを得ても、成果を出すためには時間がかかります。 …

習慣化は「たての糸」と「横の糸」と「ななめの糸」の織物

習慣化は、 ・たての糸:1ヶ月のターゲット習慣を決める ・横の糸:1週間に一度、ターゲット習慣をメンテナンスする ・ななめの糸:毎日、習慣の取り組みを記録する を組み合わせることで、すてきな織物に仕上 …

「小さな3連勝」をあなどらない!自信の芽を育てて無理なく習慣化を目指す!

日曜日のセミナーを受けて、月曜日から水曜日まで1日1つの挑戦に取り組みました。 ※ご参考 今の自分のままでは将来マズい!と思っているあなたへ ワンランク上のビジネスパーソンを目指す 一流の人の「失敗を …

「足りない」という考え方を手放そう!「ないもの以外、全部ある」という思考習慣の勧め。

あなたには、「欠けているもの」とか、「足りないもの」がありますか? 私たちは、なぜ、「不足している」と考えてしまうのか。 その対策について考えてみました。   スポンサーリンク   …

検索

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。