【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

早起きの習慣 良習慣の習慣

1万人以上の「後悔」から浮かびあがる!30代で身につけておきたかった2つの「良習慣」!

投稿日:

Pocket

先日、知人からいただいた本を読みました。

その中で、「良習慣」に関する項目がありましたので反応してしまいました。(笑)

 

(ここから有料メルマガのご紹介です)

————————————————————

「早起き」メルマガ(有料)連載中です!

登録はこちらから!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

————————————————————

(有料メルマガのご紹介はここまでです。)

 

30代で人生の転機が訪れる

その本はこちらです!

【本日のお勧め本】

30代———。

きっと当ブログの読者さんも多い年代でしょう。

30代は人生の転機を迎える人も多いと言われる年代です。

実際、ぼくの周囲の方にも30代で、

▼起業されたり

▼転職されたり

▼出版されたり

しています。

そのほかにも、

▼部署転換

▼昇進

▼転勤

といった会社での動きに加え、

▼結婚したり

▼出産があったり

▼子供の進学があったり

▼住宅を購入したり

▼親の介護のことも考えたり

というプライベートにも大きな動きがあることでしょう。

ぼくも真っ只中です。(笑)

 

早めに身につけておきたい良習慣

そういった意味では、

「30代をどのように過ごすのか?」

というテーマは、その後の人生を左右してしまうくらい大きな意味を持っているのではないかと考えています。

より大切に時間を使っていきたいですよね。

本書の中では、1万人以上の人から失敗談をヒアリングし、

「30代にこうしておけば良かった・・・!(涙)」

という回答から、もっとも多かった「後悔のリスト・ベスト50」を選りすぐっています。

先人たちの後悔したことを知り、同じ後悔をしないためにも読んでおきたい本です。

この本の第1章「この10年で何よりも大切にしたいことリスト」の中のひとつに、

「良い習慣」を身につければよかった

という後悔があったのです。

まさに、

【良習慣】

がテーマの話題です。

人は、どのような良習慣を身につけておけば後悔しないのでしょうか・・・?

ぼくとしては非常に興味があります。

内容の一部を引用いたしますね。

 

諸先輩の話に必ずあがるのは「朝型」と「読書」の習慣です。

効果があるかどうかはまちまちですが、多くの人がこの二つを実践しておけばよかったと後悔している。

 

a0001_016797

 

1日をデザイン☞人生をデザイン

来ましたー!(笑)

「朝型」とは、つまり「早起き」ですよね。

早起きができないと、人生を後悔することにもつながるそうですよ。

ちょっと観念的な話かもしれませんが、ぼくに言わせていただくと、

「早起きができない」

というのは、

「1日のスタートを自分から取りにいけていない」

ということです。

あなたにとってもっとも重要な「自分の人生」を、誰かの手にゆだねている状態。

これでは、いつまでたっても人生に主体性を取り戻すことができません。

ちょっと厳しいことを言いますと、、、

これは、あくまでぼくの持論ですよ。

(ということを始めにおことわりさせていただきます。)

ぼくは、

【たった1日24時間のスタートを自らコントロールできない人】

が、

【もっと長いスパンである自分の人生というものをデザインできるはずがない】

と考えているのです。

つまり、朝、誰かに起こされたり、会社や学校などの始業時間から逆算して起きるといった

「外部要因に起こされている人」

は、他動的に1日をスタートしています。

要は、1日の始まりが他動的にスタートするために、そのあとの時間まで周囲に振り回されてしまうのです。

大げさかもしれませんが、「一事が万事」ということわざもあります。

実際、一万人以上の方の多くが後悔をしているのですから、それほど大きくズレてはいないのではないでしょうか?

 

ということで、本日のご提案です。

まずは、明日の朝、あなたが

「この時間に起きる!」

と設定した時間に起きてみましょう。

自分で決断した時間に、自主的に、自力で起きるのです。

目覚まし時計は使っても大丈夫です。

朝、少しだけで良いのです。

落ち着く時間を持つことを目標にしましょう。

早起きして生みだした時間に読書してみるのはいかがでしょうか?

そうすれば、先に挙げられていた「2つの後悔」をクリアできますよね。

そうして、1日のをあなたの手で主体的にスタートさせましょう。

早起きができると、1日の終わりに感じる充実感や幸福感が違ってきますよ。

まだ習慣化できていない方は、ぜひ!

おひとりで難しいようでしたら、ぼくの早起きセミナーや早起きコーチングもあります!(^_^)

お手伝いさせてくださいませ!

・・・早起きの話題になると、つい熱くなってしまいますね。(笑)

 

チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

 

【今日の良習慣】
早起きして主体的に1日のスタートを切る

 

お問い合わせ・ご感想・激励(笑)は下記まで!( ↓ )

ryoushuukan@gmail.com

 


-早起きの習慣, 良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

早起き習慣化ができるかどうかは「強い目的」が有るのか、無いのか。

「強い目的」が、あなたを、そしてあなたの脳を動かします。 モチベーションが下がってきたら、「なぜこれをやるのか?」という目的を確認してみることがおすすめです。   スポンサーリンク &nbs …

なぜ、「ダイエットに強じんな意志は不要」だと言えるのか?

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 本日も「ダイエットの習慣」セミナーから。 【参考記事】 「なぜ一流の男の腹は出ていないのか?」の著者が登場 …

「ビジネスモデル・ジェネレーション(BMG)」という図式を利用して「ビジネスの型」を学ぶ

目次1 ■定例勉強会に参加2 ■「ビジネスモデル・ジェネレーション」とは?3 ■ビジネスモデルを図式で考える4 ■イノベーションを起こすための仕組みづくりにも有用 ■定例勉強会に参加 昨日は、鮒谷周史 …

パフォーマンスアップのために「朝のスイッチ」と「夜のスイッチ」を決める

私たちの自律神経のスイッチをONとOFFで切り替えることができると、1日のパフォーマンスが高まります。 そのためにおすすめしたいのは、朝のスイッチと夜のスイッチを決めることです。   目次1 …

「自分の直感や内なる声に従う」のはなぜ良いのか?その理由を探ってみましょう!

目次1 続・自分の直感や内なる声に従う2 「多くの情報をもとにした総合的な判断」ができる3 「自分が本質的に望んでいる判断」ができる4 直感ワーク 続・自分の直感や内なる声に従う さて、3つ目の成功習 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。