【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

家族の習慣

ゴール達成に大切なことは、すべて自転車をのるプロセスで学んだ。

投稿日:2016/07/25

Pocket

自分の子どもがはじめて自転車にのれるようになった体験を記事にするブロガーさんは多いです。

私もご多分にもれず、、、娘の自転車ネタを書きます(笑)。

2b330a2deff00b31855bb00753909fc8_s

 

スポンサーリンク

 

友だちの自転車で補助輪を卒業した娘の偉業

先週、娘が補助輪をはずして、自転車に乗れるようになりました。

娘の自転車第1号機は、3歳のとき買ったものなので、小さくなってしまいました。

新しい自転車をすぐに買えば良かったのですが、マンションの駐輪場問題(これ以上駐輪スペースがない)があり、躊躇していました。

娘はよほど自転車を乗りこなしたかったのでしょう。

一緒に遊んでいる友だちの自転車で練習しはじめました。(^_^;)

その執念が実を結び、先週のバーベキューのときに、みごとに自転車補助輪なしを乗れるようになったのです。

このときももちろん友だちの自転車です(笑)。

アクシデントがあって、娘が履いていた友だちのサンダル(なぜか)を壊してしまうという代償を払いましたが。。。

娘のがんばりを見ていて、「自分は絶対にやりたい!」という気持があることが、目標達成を助けるということを改めて感じました。

 

感情を高ぶらせながらゴール達成に近づいていく

これは、子どもにとっても、大人に同じことですよね。

自分の子ども時代をふり返ってみると、確かに私も同じ経験をしています。

自転車を乗れるようになるまでは、「自転車を補助輪なしで乗りこなす」というゴールがありました。

しかし、それは未経験のことであり、未知の領域。

それでも、目標があるから補助輪をはずしました。

はじめて補助輪をはずした自転車は、乗りなれた補助輪つきの自転車とは、なんだか別の乗り物のように感じました。

練習につきあってくれていた親に、「肩の力を抜いて、上体をまっすぐに!」と言われました。

頭ではなんとなくわかるものの、体がいうことをきかない感覚も味わいました。

少しスピードが出て、親が手を離したとたんに、急におそってくる恐怖の感情。

それらのやっかいなものたちと格闘して、ようやく自転車に乗れるようになったあの瞬間。

感情が大きく動いたからでしょう。

あの瞬間の映像を、今でも覚えています。

このようにして、私たちは、自転車を乗れるようになるまでのプロセスで、「失敗や恐怖にどう打ち勝ち、目標を達成するのか?」という教訓を学んでいたのです。

そこから、乗りこなす距離が長くなって1mこげるようになり、5mになり、10mになっていく。

何度も転倒の恐怖とたたかいながら。

少しこげるようになった自分に感情が高ぶることを感じながら。

 

目標達成に大切なことは、すべて自転車をのるプロセスで学んだ

では、娘や私たちが自転車に乗れるようになった要因は、どこにあったのでしょうか?

それは、「成功するまでがんばり続ける」という、その1点にあります。

考えてみると、私たちは、赤ん坊のころから、常に同じように成長しているんですよね。

・ハイハイを卒業して歩けるようになったときのように。

・言葉なんてまったく話せなかったとき、親が話している言葉を聞いて単語を真似することからはじめて日本語を話せるようになったときのように。

・顔で食べていた食事を、フォークを使って1人で食べられるようになったときのように。

すべては、「成功するまでがんばり続けた」ことの成果です。

大人のように、目標やゴールなどといった言葉を知らなくても、目標達成のために行動していたのです。

そこには、

(1)「成功するまでがんばり続ける」というポジティブな感情
(2)信頼している人からの応援とサポート

という2つの成功要素がありました。

その2つが揃うことによって、困難を突破しやすくなる。

そうして、ほかの物事にも挑戦していく勇気を持つことができたのです。

ですから、大人の私たちも、同じ環境を用意すれば、目標を達成しやすくするのだと考えています。

コーチを雇って目標達成する人は、同じような環境をつくり出しています。

もちろん、自転車に乗れるようになることより、私たち大人の目標を達成することは難易度が高いです。

でも、原理原則とプロセスは、自転車を乗りこなす過程とじつに似ているもの。

ということで、成長に必要なことは、すべて自転車の乗りかたをを習得するプロセスにあったのです。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日は、以前から楽しみにしていたシークレットセミナーに終日参加。

コーチングセッションをパワーアップさせるために多くを学びました。

すぐに実践に取り入れたいと思っています。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-家族の習慣

執筆者:

関連記事

親の期待から離れることは成長の証拠。受けついだビリーフをより良い思考に変えていこう。

親の期待に沿わない子どもは、自分独自の思考習慣を持つようになってきたということではないでしょうか。 同じように、子どもとしての私も、両親から受け継いだ思考習慣を手放し続けているからです。   …

奥さんの愚痴を言っていた10年前の自分へ。いま伝えたい3つの苦言と1つの提言。

誰にでも恥ずかしい過去はあると思います。 私の場合の「それ」は、「奥さんに対して愚痴を言っていたこと」です。(^_^;)   スポンサーリンク   目次1 「もっと奥さん理解があっ …

良い夫婦関係をつくるために。うまくいっている夫婦にあって、あまりうまくいっていない夫婦になかった2つのこと。

突然ですが、10年くらい夫婦生活を経た家族は、何かしらありますね。(^_^;) 「うまくいっている夫婦にあって、あまりうまくいっていない(ように見える)夫婦にはないものってなんだろう?」 それを考える …

子育ての方針を「子どもに真似して欲しい姿を見せ続ける」というスタンスにすること。

親として受験を経験していると、自分たちの子育てを考えます。 もちろん、私たちの子育てが成功したのかどうかは、子どもたちがこの世を去るまでわかりません。 だからこそ、今の自分が良いと思っている姿を見せ続 …

子どもとのコミュニケーションで活用している「5つの工夫、3つのやらないこと、5つの質問集」。

子どもとの時間、どのように過ごしていますか? 複業家として、できるだけ質が高まるコミュニケーションを意識しています。   スポンサーリンク   目次1 「子どもとすごしたい」という …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。