【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

気づきの習慣

質問される立場になろう。自らを成長させるきっかけづくりにする。

投稿日:2017/05/03

Pocket

早起き、習慣化、考え方など、10年前の自分と変化したことの1つに「ほかの人に質問される」ということがあります。

それは、当該分野について一定の学びと実践をおこなった成果ではないかと考えるようになりました。

 

スポンサーリンク


 

新人営業マン時代の悩み

新入社員として営業としてのキャリアをスタートした頃、不安だったことがあります。

それは、お客さまから受ける「質問」です。

・この案件はどれくらいの価格になりますか?
・このような仕様だと、納期はどれくらいかかりますか?
・他社さんは、こういうときどうしていますか?

こんな感じの質問をいただくと、知識も浅く、経験がほとんどない新人営業マンは冷冷や汗もの。

即答できない自分にほとほと困っていたもののです。(^_^;)

もちろん、社内で上司から仕事の流れを教えていただき、自分でもロープレをして、シミュレーションするといったトレーニングはおこないました。

それでも、トレーニングに完璧はありませんし、ロープレ通りにいく商談などありません。

「あー、自分がわからない部分を質問されたらどうしよう・・・」と不安になりながらセールスをしていたものです。

 

質問される立場になるという変化

その流れが変わったのは、やはり経験を積んだあとのことでした。

質問されることというのは、パターンとして認識してしまえば、まったく新しい質問をされることはほとんどありません。

そうなってくると、セールスにも自信が持てるようになるのです。

すると当然のごとく営業成績もあがってくるのですね。

ここから気づいたことは、人は「質問に慣れることによって、ようやく一人前になるのだ」ということ。

つまり、「質問をされる立場になる」ということが、「学びに対して一定の知識を得た」ということになるのではないかと考えたのです。

ですから、「質問される立場」になってみることはおすすめです。

自分がもっとも成長するきっかけになるからです。

 

質問される立場を目指しませんか?

質問に耐えうる立場になるということは自分以外の人のために学び、行動をしてきた証拠になるはずです。

ほかの人の質問に対して答えることにより、質問に対しする責任を負うからです。

質問がある人というのは、物事を自分ごととしてとらえている人であり、課題に向かって立ち向かおうとしている誠実な人です。

その人に対して、自分が持てる知識や経験から、できるだけ有用な答えを用意するという状況。

そのような経験は、間違いなく人間性を高めることになるし、深みを持たせてもらうためのいいきっかけになるものです。

そのような苦労を避けて、成長することをやめたまま生きてきた人。

一方で、「質問に答えられるような人物になろう」として自己研鑽を続けてきた人。

その2つのパターンを比べたら、その先の人生がどのようになっていくのかは想像に難くないでしょう。

人には、「成長欲求」というものがあります。

成長する機会が訪れて、「少し行動すれば、クリアできる」レベルの課題であれば、向きあっていきましょう。

つらいことや苦しいことは、プロセスにいるときは厳しいものですが、乗り越えたら嬉しいことでもあるはずです。

「自らがなり得る最高の自分」に近づいていく感覚があってこそ、充実感のある生活になるのです。

ぜひ、「質問される立場」を目指しましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

昨日はひとり会議を実施。

GWにやりたいことやタスクをまとめていました。

まとまった時間を確保する予定です。(^_^)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-気づきの習慣

執筆者:

関連記事

「自分がやりたいことがわからない」ことに悩むすべての人に伝えたいこと

あなたは「私には夢がない」「自分の情熱の源泉がわからない」「私が追求したいことが見えない」と悩んだことがあるでしょうか。 もしあるとしたら、あなたは「サポートする才能がある人」の可能性があります。 そ …

「器の大きい人」になるためにはどうすれば良い?自分の価値観の受け入れ枠を拡大しよう。

最近、100人コーチングを継続している中で、「人の価値観は、本当にさまざまだな。」ということを感じています。 いかに自分が狭い世界で生きているのかと思い知らされています。 自分の価値観の枠の中だけで生 …

2013年を振り返って思い出す言葉

■いよいよ大晦日!   今年もあと少しで終わりですね。   個人的には、今年は非常に充実いたしました。 37年間の人生で一番エキサイティングな年といっても過言ではありません。 &n …

「何をやっても中途半端になる」という悩みを解決する方法

長い間、私は「何をやっても中途半端になる人」という「弱み」を持っていました。 しかし、その「弱み」へのとらえ方を変えることで、「強み」に変換することができました。   目次1 取り組みがどれ …

前進し続ければ、飛躍が起きる

目次1 マイルストーン勉強会に参加2 成長意欲があふれる人の場3 大胆なショートカットを起こす4 背伸びした目標に追いつけ マイルストーン勉強会に参加   先週末、「目標達成型の勉強会」に参加してきま …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

・良習慣プロフェッショナルコーチ
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者
・セミナー講師
習慣化コンサルティング社認定「習慣化の達人」
・行動習慣ナビゲーター
・「習慣化の学校」サポートコンサルタント
「習慣化の智慧」サポートコンサルタント
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。