【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

読書の習慣

「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」がおすすめ。ミニマリストになるための必読書!

投稿日:2016/01/31

Pocket

71DJx5KShpL

私は、1月に45冊の本を読みました。(1月の目標を達成いたしました!)

最後の4冊は、この本を含めた「ミニマリスト」に近づくための本でした。

その中から、特におすすめの1冊をご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

 

あなたは「ミニマリスト」を知っているか?

おすすめするのは、佐々木典士さんの「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」という本です。

あなたは、「ミニマリスト」という言葉をご存じでしょうか?

本書によると、

モノを必要な最小限に減らす、ミニマリスト(最小限主義者)という生き方
(P34)

とあります。

私の印象をざっくりいうと、

「ほかの人の目線を手放して、自分が本当に必要なモノがわかっている人」

です。

大切なものがわかっていて、それ以外を減らしている人ですね。

佐々木さんの生活は、モノがなく、生活リズムもシンプル。

部屋も清潔で、やるべきことをやって1日を終える。

早起きして、ゆっくり朝食をとり、コーヒーを飲んで、座禅と瞑想をする。

掃除機を毎日かけて、天気が良ければ選択をして、布団を整える。

きちんとたたまれた服に着替えて、出かける。

完璧な朝の過ごし方です。

下記は、佐々木さんのお部屋のbefore→afterです。

(画像が小さいのですが・・・イメージは伝わるかと。)

■before
before

■after
after

ものすごくシンプルになっています。

 

本書から選ぶ「特におすすめの3つのリスト」

そのようなミニマリストに近づくために、本書には、

・捨てる方法最終リスト55!!

と、

・さらに捨てたい人へ追加リスト15!!

があります。

その中きら、私の視点で選んだ「特におすすめの捨てるリスト3つ」をご紹介いたします。

 

1、捨てることは「技術」である

練習してもいないフランス語が突然しゃべれるようにならないのと同様に、いきなり今日から断捨離マスターになることはできない。
(P101)

外国語はトレーニングしたり、実践すればするほど上達します。

捨てることも同じなのですね。

捨てれば捨てるほど上手になるのです。

捨てることを習慣化する。

捨てる習慣が定着すると、捨てるまでの時間が短くなります。

まさしく、習慣化の力で、捨てることは技術になるのです。

 

2、ゼロから始めるなら?盗まれたら?引っ越すとしたら?

「持ちモノゼロ」から初めて1日1つしか取り出せないとして、このモノは何番目に必要だろうかと問いかけてみる。
(P142)

プロコーチとしては、やはり質問に注目してしまいますね。(^_^)

本書にあるのは、

このモノが盗まれたとして、もう一度同じ値段で買いたいだろうか?

来週引っ越すとして、このモノを持っていくだろうか?

という質問です。

特に明確な理由もなくて、持っているモノは多いのではないでしょうか。

そのようなモノに気づくために、モノに問いかけてみる。

モノに問いかけることは、そのまま自分自身に問いかけることです。

 

3、私服を制服化する

快適に、清潔に過ごすために必要な服の量は多くない。
(P157)

これは、私も実践しています。

有名なのは、スティーブ・ジョブズ氏は、イッセイミヤケの黒のタートルネックに、リーバイス501、靴はニューバランスのスニーカーと決まっていました。

マーク・ザッカーバーグも、アインシュタインも同じように、「私服を制服化」しています。

彼らは、毎日洋服を選んだり、流行を追いかける時間を捨てて、もっと大事なことに時間を投資しました。

自分の服を定番化してみることですよね。

「服のバリエーションにこだわる」というおしゃれではなく、 「自分に一番似合う服だけを着る」のです。

そうすれば、着こなしに迷うこともないのに、いつも自分にフィットした洋服で過ごせます。

鏡に映った自分を見て、「今日の着こなし、失敗したな、、、」と思うこともなくなります。

これは、快適です。

 

2月の習慣は「目指せ!ミニマリスト!」

いらないモノを捨てると、どうなるか?

洋服や本などのモノ。

無駄な情報。

迷ってしまう時間。

わずらわしい人間関係。

それらが削ぎ落とされると、 残るものは、「自分が大切にしているものたち」です。

有形・無形を問わず、好きなものや大事なものにかこまれて過ごせるようになるのですね。

まさに、私が好きな、「人生でもっとも大切なことは、もっとも大切なことを、もっとも大切にすることだ。」という名言に当てはまります。

本書を読んで、私も、ミニマリストを目指したいと感じました。

2月の習慣は、「1日15分の片づけ」にします。

聖域を設けず、不要なモノを捨てて、環境を整える1ヶ月にしていきます。

「目指せ、ミニマリスト!」です。(^_^)

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

今日は、早朝からコーチングセッションを2件。

どちらも昨日のワークショップの効果が出た、充実のセッションでした!

午後は、妻の両親と私たち家族で、上野へ。

東京国立博物館で開催している特別展「始皇帝と大兵馬俑」を見に行きました。

特別展「始皇帝と大兵馬俑」

世界遺産検定取得者(3級ですけど・・・)としては、とても興味深い展覧会でした。(^_^)

【お知らせ】
2016年2月10日(水)【第17回】朝2時間の自由時間を生み出す!早起き習慣化セミナー

【第17回】朝2時間の自由時間を生み出す! 早起き習慣化セミナー 2016年2月10日 – こくちーずプロ(告知’sプロ)

【モニター募集中!】
皇居ラン&コーチング!

「皇居ラン&コーチング」サービス | 【良習慣の力!】ブログ

【募集中!】「100人コーチング」のお申し込みはこちらから!

【無料】100人コーチングのご案内 | 【良習慣の力!】ブログ

良習慣によって自らがなり得る最高の自分になる!
チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-読書の習慣

執筆者:

関連記事

良習慣を定着させることが先か、悪習慣を手放すことが先か。それが問題だ。

「続ける習慣」、「やめる習慣」のビジネスコミックを読みました。 2冊のコミックを読んで、 ・良習慣を続ける ・悪習慣をやめる ことについて、あらためて考えてみました。   スポンサーリンク …

本『2030』から未来を考える。同時に自分がなすべきことも考え続ける

洋書を対象にした読書会の体験から、未来と現在を考え続ける必要性を強く感じました。   目次1 洋書の読書会を初体験した話2 「変化は自動的に起きる。しかし、進化は意識的にしか起こらない」3 …

自分の思考の軸をつくる方法

自分の思考の軸になる基準をつくるためには、どうすればいいのでしょうか。 おすすめは、思考のベースになる基準を持つことです。   目次1 自分の思考の軸をつくるためには?2 ソムリエの基準ワイ …

自分の意見を持っている人になるための3つの習慣

「自分の意見」を持つためにはどうすればいいのでしょうか。 私なりに考えて実践していることをまとめてみました。   目次1 セミナーでスライドを最初に配布しない理由2 拙くても自分の考えをアウ …

「君に友だちはいらない」。自分の人生を変えたいなら、「ビジョン」と「ストーリー」を語ることが重要。

2月の習慣化テーマのため、「ミニマリスト」を目指して断捨離しています。 私にとって、処分に一番悩むのは本です。 しかも、スペースをとる分厚い本は、手放したくなります。(^_^;) そのため、読まずに処 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。