【良習慣の力!】ブログ

【良い習慣×コーチングで人生の満足度を高めます!】「早起きコンサルタント」の早起き情報、「習慣化の達人」&「行動習慣ナビゲーター」が教える良い習慣の続けかた、プロフェッショナルコーチによるコーチング情報など、ブログであなたの人生の満足度を高める価値提供をいたします!

良習慣の習慣

残業を減らす!終わり時間にリミットを設けて、コミットする。

投稿日:2016/02/01

Pocket

「仕事が終わらず、毎日、長時間残業を繰り返してしまう。」という方へ。

・仕事を終える時間にリミットを設ける
・まずは週に一度、定時退社する

という2つがおすすめです。

the-hourglass-249950_640

 

スポンサーリンク

 

早起きしたいけれど仕事で遅くなるパターン

早起きをするために、多くの人が葛藤し、つまづくのは、仕事が遅くまで終わらないことです。

現在も、私のクライアントさんと、さらに早起きグループコンサルティングで、同時に10名以上の早起き習慣化に関わっており、強く実感しているところです。

実際、私も長時間残業にずっと悩んでいましたし、今でも試行錯誤を繰り返しています。

私が実践する中で、仕事時間を減らすためにもっとも効果的だと考えるのは、やはり「退社時間にコミットすること」です。

つまり、まずは、仕事を終える時間にリミットを設けること。

たとえ話があります。

たくさん増えた荷物でかばんがパンパンになっている。

そのとき、荷物を減らすためにはどうすれば良いか?

それは、カバンの大きさを半分にすれば良いのです。

その理論を、仕事時間にも適用するのです。

 

ユニクロの仕事時間圧縮についての参考例

退社時間にコミットする。

このコミットは、「死守する」くらいのイメージです。

必死にやる。

最初はなかなか難しいかもしれませんが、やり方や考え方次第で改善できるはずです。

一例として、ユニクロの柳井正さんが導入した週4日のノー残業デーに対する取り組みが参考になると思うのでご紹介いたします。

ファーストリテイリング社の業績が好調になってきたとき、夜遅くまで残業している社員が増え、柳井さんは効率の低下を感じたそうです。

そこでとった施策が、「7時になったらすべて消灯」作戦。

それを毎週水曜日に実施。

その後、消灯する日を1日ずつ増やしていって、火曜日から金曜日までは、すべて7時に消灯するようになりました。

社員の方たちは、最初はぶつぶつ言われていたそうですが、結果として生産性は上がり、早く帰れることができるようになって喜んでいた、ということです。

リミットを設けることで、状況が好転したのです。

 

まずは週に1度定時退社する日をつくる

早く帰れれば、趣味に打ち込んだり、スキルアップのための学習や、家族との時間をとることができるようになります。

朝早くから夜遅くまで仕事をしているより、ずっと充実感のある生活が送れるはずです。

本来、自分の人生は何より大切なはずです。

それを、「上司がいるうちは帰りづらい。。。」などといって残業してしまうのは、時間がもったいないです。
(かつての私がそうだったのですが・・・)

退社時間を守るためにに工夫する場合、たとえば、

・どうしても参加したいセミナーがある。

・3万円で買ったプラチナチケットの音楽コンサートがある。

・家族でお祝いの外食をする。

などといった理由があれば、必ず時間を意識して仕事の生産性を高めるはずです。

極端に言えば、毎日、上記のような約束があると仮定して仕事に取り組む。

そうすれば、嫌でも仕事の密度を高めるしかありませんよね。

最初は、心理的な抵抗があると思います。

しかし、あえて試す、やってみる。

実践することによって、いろいろな気づきや発見が必ず出てきます。

そこが、最適化するために重要な改善ポイントです。

いつも残業していて自分の時間をとれないとなげいている方は、まずは週に1度、定時に帰る日をつくることからスタートしてみましょう。

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

■編集後記

今日は、朝から片づけ15分を実行。

初日は、故障したプリンターを粗大ゴミに出し、捨てる本を選別。

15分は短いものの、少しだけすっきりしました。(^_^)

【お知らせ】
2016年2月10日(水)【第17回】朝2時間の自由時間を生み出す!早起き習慣化セミナー

【第17回】朝2時間の自由時間を生み出す! 早起き習慣化セミナー 2016年2月10日 – こくちーずプロ(告知’sプロ)

【モニター募集中!】
皇居ラン&コーチング!

「皇居ラン&コーチング」サービス | 【良習慣の力!】ブログ

【募集中!】「100人コーチング」のお申し込みはこちらから!

【無料】100人コーチングのご案内 | 【良習慣の力!】ブログ

良習慣によって自らがなり得る最高の自分になる!
チャレンジできる贅沢を満喫しましょう!

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

-良習慣の習慣

執筆者:

関連記事

自分で「しびれるコミュニティ」をつくるために質問を投げかけよう!

  こんにちは! 銀座コーチングスクール認定コーチ「早起きコーチング」の伊藤です。 先日のコウスケさんの読書セミナーを受けて長い間積ん読だった本をガシガシ読み始めています。(笑) 【本日のお …

ほんのちょっとした継続の種を見逃さない

■継続筋力を感じたこと   最近、ふと感じたことがあります。   それは、人には継続する力、つまり 「継続筋力」 とでも呼ぶようなものが存在するのではないかと。   &n …

ほかの人を笑顔にする。自分もうれしくなる。「1日・1人・1ほめ」の習慣にトライしてみませんか?

自分ががんばっている行動に対してほめられるのはうれしいものですよね。 「ほめる」のがいいのは、相手をよろこばせることはもちろん、自分も元気になるのです。 ただ、「ほめる」際に注意したいポイントがありま …

決断力がないと思っている人へ。優柔不断を減らすために目的を明確にする。

「優柔不断で、決断力が弱くて困っている」 それはあなたが悪いのではないと思います。 ただ、行動するための理由が「目的レベル」に達していないだけかもしれません。   目次1 「複業」に関するイ …

圧倒的な差別化を実現するために不可欠なものとは?

目次1 早くもお申し込みがありました!2 続けるには勇気がいる3 続けることの好例4 早起きの技術をどうお伝えするのか? 早くもお申し込みがありました! 昨日、早起きセミナー開催の告知をしたところ、早 …

検索

伊藤良の著書

【伊藤良の著書】
全国書店にて絶賛発売中!

『何でも「続く人」と「続かない人」の習慣』

当ブログの管理人

【当ブログの管理人】
似顔絵イラストphoto3

■肩書:良習慣プロフェッショナルコーチ

■キャリア
・ビジネス書作家
・早起きコンサルタント
・国際コーチ連盟(ICF)アソシエイト認定コーチ(ACC)
・トライアスリート
・100kmウルトラマラソンランナー
・会社員

など、複数の活動をしている複業家。
1975年生まれ。茨城県出身、東京都在住。

良習慣を定着させるコーチングによって、クライアントの人生を変えるサポートをしている。

サポートしたクライアントは良習慣の定着によって、独立起業、複業家デビュー、セミナー講師デビュー、電子書籍出版などの目標達成を果たしている。

■公式メディア
「良習慣の力!」ブログ管理人
「複業で自分を磨く良習慣」メルマガ発行者

さらに詳しいプロフィールはこちら

Facebookページ

メールアドレスを記入していただければ、ブログ更新をメールで受信することができます。